記事

「差別表現であるとの認識が欠如」アイヌ差別発言スルーした日テレ担当プロデューサーの判断力に絶句


果たして、通常では起こり得ないような単純なミスだったのだろうか!?

日本テレビ系列の朝の情報番組「スッキリ」の中で起こった「アイヌ民族差別発言」である。

問題は3月12日の放送で勃発した。同局傘下の動画配信サービス「Hulu(フールー)」のオススメ番組を紹介するコーナーで、アイヌ女性をテーマにしたドキュメンタリー「Future is MINE―アイヌ、私の声―」を扱ったものだったが、その中でお笑い芸人の「脳みそ夫」が謎かけで、

「この作品とかけまして、動物を見つけた時ととく、その心は…あ、犬!」

と、面白おかしく言い放ったのだ。

このコーナーは事前収録。しかも、その謎かけでは、ご丁寧に「アイヌ」とテロップまで入れており、結果として目と耳を通じて二重でアイヌの方々を傷つける事態となってしまった。

放送後、同局には視聴者から「非常識な発言」「訂正すべきだ」と言う声が相次ぎ、さらにSNSでも「アイヌの方々に失礼」「許されない発言」などと批判が殺到した。

これを受けて同局は、同日夕方のニュース番組の中で「アイヌ民族を傷つける不適切な表現の発言があった」とのお詫びをしたのだが、これが逆に火に油を注ぐ結果となってしまったのだ。

生放送中に謝罪できず 判断の甘さ

スポーツ紙の放送記者が言う。

「昨年、ナインティナインの岡村隆史が『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、女性を蔑視するような発言をしたことで大きな問題になりましたが、実は似たようなところがありました。

もちろんラジオとテレビでは状況に違いはありますが、放送中にSNSなどで批判の意見が届いていたにもかかわらず、視聴者からの声に対応しなかったことです。判断のつかない部分もあったのかもしれませんが、少なくとも放送中に謝罪するなり、何らかの対応が出来ていた可能性もあったはずです。もし、そこで適切な判断をしていたら、ここまでの騒動にはならなかったように思いますけどね」

確かに、朝の番組での問題だったのに、正式にお詫びの放送をしたのが夕方のニュース番組というのはお粗末過ぎる。

「局内には、視聴者から人気の高い藤井貴彦アナにお詫びをさせれば多少は収まるのではないかと言った甘い考えもあったのだろうと思います。まさかここまでの大騒動になるなんて思ってもいなかった。アイヌ民族に対する日テレ内部の認識がはからずも露呈してしまったことになります」

実際、アイヌ民族に対して認識の甘さがあったことは同局の釈明からも透けて見えてくる。

「当該コーナーの担当者にこの表現が差別に当たるという認識が不足しており、放送前の認識も不十分でした。その結果、正しい判断が出来ないまま、アイヌ民族の方々を傷つける不適切な表現で放送をしてしまいました」

と事情を説明した上で、今後について、

「速やかに事例を社内に周知・検証し、研修を通じて再発防止に努めたい」

などと、そのコメントは一般論的だった。

差別表現であるとの認識が欠如

国立アイヌ民族博物館の展示室(共同通信社)

ところが、その後になって驚くような釈明のコメントを出して謝罪したのが同局の小杉善信社長だった。

「制作に当たった担当者にアイヌ民族の皆様が差別を受けてきたことの理解が足りず、放送した言葉が直接的な差別表現であるとの認識が欠如していた。理解が足りなかったことに尽きる。あの部分は事前にVTRを撮っているので、放送までに気づくことが出来た。理解が全く足りていなかった」

その程度の認識しか持たない社員プロデューサーに朝の看板情報番組を仕切らせていたというのだ。

そもそも通常は「社員プロデューサーが出演者と相談しながらコメントは考える」と言う。今回、問題となった謎かけに関しても、その社員プロデューサーが脳みそ夫との間で考え出したことになる。その上で同局によれば「最終的に決定したのは社員プロデューサー。ただ誰が最後に採用したのかが問題」としながらも、責任は「日本テレビにある」とした。

考査部門のチェックも受けず


さらに信じられないのは、その社員プロデューサーは放送前に考査部門のチェックを受けずに放送していたことだった。

ある放送関係者は、今回の問題について

「社員プロデューサーは当初、考査部門への相談も考えていたようですが、そもそも表現が差別に当たるとは思っておらず、結局はチェックを怠っていたわけです。

騒動後に社員プロデューサーを更迭したと言っていますが、その社員プロデューサーが単なるプロデューサーだったのか、それとチーフの立場だったのか…どのレベルのプロデューサーだったのかもハッキリしません。

いくら責任は日テレにあると説明しても、関わっていたプロデューサーの立場を明らかにしなければ根本的な問題解決にはならないと思います。だいたいディレクターもいたはずなのに、プロデューサーの言いなりになっていたのでしょうか」

と指摘する。

週明けの3月15日。番組冒頭で水卜麻美アナとメインMCを務める極楽とんぼの加藤浩次が謝罪し再発防止を説明したが、

「根本的に放送現場が緩み切っているのだから、いくら再発防止を訴えても意味がないと思いますけどね」

と言う放送ライターもいた。

日本テレビホールディングスの大久保好男会長も、さすがに事態を深刻に捉えたに違いない。3月18日の日本民間放送連盟の定例記者会見で、わざわざこの問題について取り上げ謝罪と再発防止を訴えていた。

「冷静に考えると、民放連会長が定例会見の中で、自局の不祥事を謝罪するというのもおかしい。責任をとって会長を辞任するというのであれば理解できるのですが…」(放送関係者)。

いずれにしても、北海道アイヌ協会では対応を協議した結果、「このまま終わらせない」とし、今後については「きっちりとした対応を日本テレビには求めていく」と言うだけに、あるいは番組の打ち切りどころか、最悪は小杉社長の進退にも及ぶ可能性も出てきた。

あわせて読みたい

「日本テレビ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事は若者からかけがえのない時を奪うのを止めろ

    青山まさゆき

    04月12日 22:14

  2. 2

    学者も生産者も軒並み反対 「海洋放出以外の選択肢ある」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月13日 08:45

  3. 3

    海洋放出も地層処分も強行するな

    畠山和也

    04月13日 08:42

  4. 4

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  5. 5

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

  6. 6

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  7. 7

    なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

    大串博志

    04月13日 08:50

  8. 8

    支持率が下げ止まるも、参院選広島補選は劣勢。評価が難しい菅政権の浮沈具合【ほぼ雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月13日 09:14

  9. 9

    居住実態なく当選無効 スーパークレイジー君市議「徹底抗戦」

    ABEMA TIMES

    04月12日 20:58

  10. 10

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。