記事

「結婚退職しか道がない」佳子さまの歌に込められた"女性皇族"の苦しさ

1/2

自由を詠んだ歌だが、同時に切なくもなった

皇室の恒例行事である「歌会始の儀」が3月26日、2カ月遅れで開かれた。お題は「実」。天皇陛下は「人々の願ひと努力が実を結び平らけき世の至るを祈る」、皇后雅子さまは「感染の収まりゆくをひた願ひ出で立つ園に梅の実あをし」。お二人とも、新型コロナウイルスの収束を願う気持ちを詠んだ。国民の気持ちと重なる歌なのだが、それよりも注目されたのが秋篠宮家の長女眞子さまの歌だった。

「烏瓜(からすうり)その実は冴ゆる朱の色に染まりてゆけり深まる秋に」

「良き便り」または「誠実」だという烏瓜の花言葉に「深まる秋」などを重ね、小室圭さんへの愛や結婚を読み解く。そんな記事が多かった。コロナ禍で国民と直接触れ合えない皇室にあって、小室さんだけが消費される。それが昨今の「国民と皇室」のリアルなのかもしれない。

皇居に入られる秋篠宮家の長女眞子さまと次女佳子さま=2020年2月23日、皇居・半蔵門[代表撮影]
皇居に入られる秋篠宮家の長女眞子さまと次女佳子さま=2020年2月23日、皇居・半蔵門[代表撮影] - 写真=時事通信フォト

他方で、秋篠宮家の次女佳子さまはこう詠んでいる。

「鈴懸(すずかけ)の木から落ちにし実を割りてふはふは綿毛を空へと飛ばす」

歌については全くの素人だが、一読して、自由を詠んだ歌だと思った。そこに佳子さまの強さを見て、同時に切なくもなった。長く皇室をウオッチしてきたからだ。

「幼い頃は手紙にスマイルの絵を描いてくれた」

歌から浮かぶのは、綿毛がフワフワと舞っている光景。が、単に舞っているのではない。「実を割りて」「空へと飛ばす」という行為の結果、舞っている。意思を持って行動する。それが佳子さまで、空とは自由の象徴。だから、この歌は自由を求める意思の表れ。そういう歌で「歌会始」の勝負に出る。佳子さま、なんて凛々しいんだ。私はそう受け止めた。

私の“佳子さま贔屓”の始まりは2014年12月、成年を迎えるにあたっての記者会見で、佳子さまが紀子さまをかばったのだ。質問は、「ご家族はそれぞれ、どのような存在ですか」。無難な答え方もあったはずだが、佳子さまはまず秋篠宮さまについて語り、それから紀子さまについてこう語った。

「母は、週刊誌などではさまざまな取り上げ方をされているようですが、娘の私から見ると、非常に優しく前向きで明るい人だと感じることが多くございます。幼い頃は手紙にスマイルの絵を描いてくれたことが、よく印象に残っています」。

「姉の一個人としての希望がかなう形になってほしい」

秋篠宮家をめぐる報道がバッシング方向に傾いたのは、悠仁さまの誕生がきっかけだった。「天皇家の次男の家に、皇室で41年ぶりの男子誕生」という喜ばしくも複雑な事態にメディアが目をつけた。すっかりヒール役を背負わされていた紀子さまに対し、佳子さまは「報じられている母は違う」と反論した。それだけでなく、「スマイルの絵の描かれた手紙」という根拠も示した。論理的で強い、それが佳子さまだと心に刻んだ。

2019年3月、国際基督教大学を卒業するにあたっても、佳子さまは強さを存分に示した。記者からの質問への文書回答で、眞子さまの結婚について「私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています」と言い切った。さすが、佳子さま。

もう一つ、強さがにじんだ回答がある。質問は「結婚の時期や、理想の男性像についてどのようにお考えでしょうか。お相手はいらっしゃいますか」。回答を全文紹介する。

「結婚の時期については、遅過ぎずできれば良いと考えております。理想の男性像については、以前もお答えしていますが、一緒にいて落ち着ける方が良いと考えております。相手がいるかについてですが、このような事柄に関する質問は、今後も含めお答えするつもりはございません」

ここで言う「以前」とは、2014年の会見のこと。「理想の男性のことは、前に答えました」と念を押した上で、「相手」についての質問は「今後も含め答えない」とした。これは佳子さまによる「プライバシーの権利宣言」。そうとらえたのは、佳子さまの伯母にあたる黒田清子さんの紀宮さま時代を知っているからだ。

天皇家のイメージではない「フィギュアスケート」「ダンス」

紀宮さまは36歳で結婚したが、成人して最初の記者会見以来、ずっと「結婚」について聞かれた。具体的な言及はせず、ユーモアに包んだ回答をし続けた紀宮さまだが、結婚報道が加熱した時には苦情をにじませた。

それでも質問は続き、紀宮さまは律儀に答えた。記者には「内親王の結婚は、国民の知るべき情報」という思いがあり、紀宮さまもそれを否定しきれなかった。昭和生まれの紀宮さまと、平成生まれの佳子さま。時代の差を勘案しても「宣言」はすごいことだし、強い人だと再認識した。

佳子さまが「次男の次女」であることが大きいと思う。伸び伸びと育てられた「次男」を父に、「天皇の初孫」である姉の次に生まれた。その「特権」を十分にいかし、「天皇家らしく」という束縛をあまり感じずに大人になっていったのだろう。そもそも学習院初等科2年生で始めたフィギュアスケートも天皇家のイメージではないスポーツだし、そこから「ダンス」を選ぶのは自然なことだったろう。

氷上のアイススケーター
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/w-ings

あわせて読みたい

「佳子内親王」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  4. 4

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  5. 5

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  6. 6

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  7. 7

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  8. 8

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  9. 9

    【世界ALSデー月間特別寄稿④〜トリアージは既に当たり前に行われている⁉️〜】

    恩田聖敬

    06月20日 09:00

  10. 10

    五輪勝負に出た菅首相 国民の命や暮らしまで道連れにするな

    柚木道義

    06月20日 10:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。