記事

《眞子さまは佳子さまと同じ部屋で…》“和歌流出事件”に宮内庁御用掛が実名告白「新潮報道は極めて無作法」 小室圭さんとの結婚問題でヒートアップするリーク合戦 - 「文春オンライン」特集班

1/2

「『週刊新潮』の早刷りが宮内記者会に出回ってすぐ、記者会の幹事社主催で臨時の“記者クラブ総会”が開かれました。『前例のない由々しき事態が発生したので、しかるべき対処を』と幹事社から伝えられましたが、正直眞子さまの結婚問題がヒートアップしてからは、こうした情報漏洩が続いている。またかと思いましたよ」

【写真】この記事の写真を見る(9枚)

 こう嘆くのは宮内庁担当ベテラン記者だ。いま、宮内庁や記者会は眞子さまの結婚問題をめぐる、相次ぐ“情報漏洩”に頭を悩ませているという。

 ◆


3月26日に行われた歌会始の儀(宮内庁提供)

 新型コロナウイルスの影響により2カ月余り延期になっていた宮中行事「歌会始の儀(うたかいはじめのぎ)」が3月26日に行われた。「歌会始」は毎年1月、天皇の主催で行われる新春恒例の行事で、皇后や秋篠宮ご夫妻をはじめとする皇族方や、入選者、選者らが「松の間」に参集。入選者、選者、皇族、天皇の順に歌が詠まれる。

 今年も全国から寄せられた1万3千首を超える歌の中から選ばれた10人の歌が古式にのっとって披露された。会場となった皇居・宮殿「松の間」では感染症対策のため、出席者は全員マスクを着用し、詠み上げ役はフェイスシールドをつけ、席にアクリル板が設置された状態で臨んだ。

 今年のお題は「実」。天皇皇后は新型コロナウイルス感染拡大が収まることを願う歌を詠み、新年の宮中行事の最後を締めくくる儀式は滞りなく終了した。

 しかし、歌会始の儀の前日に“事件”は起きていたのだ。

「誰が漏洩させたんだ!」宮内記者会騒然

 皇室ジャーナリストが語る。

「3月25日発売の『週刊新潮』に歌会始の儀でお披露目になるはずの眞子さまのお歌『烏瓜(からすうり)その実は冴ゆる朱の色に染まりてゆけり深まる秋に』が儀式に先んじて掲載されてしまったのです。同記事では、この歌が秋篠宮殿下への反逆で、小室圭さんに宛てた『恋文』という風に解釈できると紹介されていました」

 前出・宮内庁担当記者が困惑した顔で打ち明ける。

「『週刊新潮』の早刷りが発売日前日の24日水曜日のお昼ごろに出回り、宮内庁担当の記者たちは騒然。こういうことが起きると、『誰が漏洩させたんだ!』と記者会の中で“犯人探し”が始まります。天皇陛下や秋篠宮さまの会見内容が事前に週刊誌に掲載されたことは今までもありました。ところが、今回は、他ならぬお歌ですからね」

宮内庁担当記者は「ありえないことが起きた」

 宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司氏が解説する。

「記者会見の内容が漏洩するのとお歌そのものが漏洩するのとでは重みが違います。お歌は1つの作品であり、天皇陛下の御前で初めて披講(または発表)されるものです。歌会始には一般の人から選出された預選者10名も出席しますが、事前にお歌の内容を漏らしてはいけないことが要項に明記されています。もし事前に発表してしまうようなことがあれば失格になります。儀式で初めてお歌が披露されることに意味があるのです」

 宮内記者会(宮内庁担当の記者クラブ)は皇居内にある宮内庁庁舎の2階に記者室があり、新聞・通信局、テレビ局の15社20数名が常駐している。月に2回行われる長官会見に加え、毎週行われる次長と東宮大夫、侍従次長の定例会見には記者たちが出席し、天皇、皇后や皇族の予定の発表などが行われる。皇室関連行事がある際には取材に関するレクチャーも行われる。

 今回の歌会始の儀に関しても、天皇や皇族が披露する歌とその歌が詠まれた背景説明を記したペーパーが1週間前に配られていた。前出・宮内庁担当記者が続ける。

「新潮の早刷りが出回ってすぐに、記者クラブの“総会”が開かれました。皇族が披露する歌とその背景が書かれたペーパーをどう扱っていたか、各社が調査して幹事社に報告することになりました。『ありえないことが起きた』という認識です」

 今回、あらぬ形で波紋を広げてしまった眞子さまのお歌。事前にお歌を公表し「眞子さまの歌は小室圭さんへの恋文だ」と紹介した「週刊新潮」に対して、2018年から皇室の和歌を指導する御用掛を務め、歌会始の儀の歌の選者も務める篠弘氏は「新潮報道は不適切なもの」と語る。

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    看護師や女子高生の盗撮を15年間続けた医師 撮りためた動画は驚愕の3.63テラバイト

    阿曽山大噴火

    05月11日 08:08

  2. 2

    菅首相はオリンピックファースト?レッテル貼りで責め立てる野党に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    05月11日 08:24

  3. 3

    「人権派弁護士」が牙をむく時。正義感の暴走、池江璃花子選手への中傷は異常だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月10日 09:51

  4. 4

    「人と違うことは個性だ」差別と戦い続けたプロサッカー選手・鈴木武蔵が見る日本

    清水駿貴

    05月11日 08:06

  5. 5

    国の反論は「性風俗は不健全」 デリヘル給付金訴訟の原告が法廷で語った思い

    小林ゆうこ

    05月10日 19:56

  6. 6

    コロナ感染者増加の主因は街の「人流」ではなく、PCR検査への「人流」

    自由人

    05月10日 08:22

  7. 7

    山積みの課題を前に「活動停止中」の東京都議会。最大会派は署名集めの前に、臨時議会を開催せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月11日 08:23

  8. 8

    ホテルに缶詰めで、食事はカップ麺…欧州選手団が怒った五輪前大会の低レベル

    PRESIDENT Online

    05月11日 12:26

  9. 9

    日本の音楽シーンは宝の山 70~80年代シティポップが世界でブーム

    NEWSポストセブン

    05月10日 18:15

  10. 10

    五輪開催是非について、口を開き始めたアスリートたち

    諌山裕

    05月10日 15:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。