記事

生身の声に向き合って

「弱い立場にいる人たちを見捨てるような政治に怒っています」。40代でお連れ合いを亡くされ、子ども2人を育ててきた男性の言葉がズシンと胸に響きました。札幌市清田区と南区をまわるなかでのことです。

 フラフラしているような政治はダメだ、日本共産党のことを信頼している-ーこうも語ってくださいました。別の方からは「森友・加計のようなことは、もう絶対に起こしたらダメ」、別の方は「共産党ががんばってくれないと日本がダメになっていく」。もうけ優先の政治ではなく、国民の安心こそ最優先の政治にしなければと痛感しながら歩きました。

 「他の党は議員さんが偉そうだけど、あなたたちは同じ感じなんだね」との言葉が嬉しい。日本共産党の党員さんは、みずからの地域・職場・学園でのつながりを大切に、さまざまな要求をとらえ、自分の得手や専門を生かして党活動に参加しています。このようなネットワークがあるからこそフラフラせずに、国会でも地方議会でも地に足ついた質問ができるのです。

 月末に地域をまわることが多くなるのですが、足を運んで話を聞けることは本当に大事。党への率直な意見も寄せられます。広い北海道で、地域ごとの要求も異なります。一方的でない生身の声に向き合う、現場力の大切さも痛感する毎日です。

 今日は党中央委員会発行の「女性のひろば」の座談会企画もあり、若い世代との話もはずみました。詳しくは掲載内容が固まり次第、あらためてお知らせします。

 【今日の句】強権が どれだけ国民 傷つけた

あわせて読みたい

「日本共産党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  5. 5

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  8. 8

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  9. 9

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  10. 10

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。