記事

マリナーズ時代のイチローが毎朝カレーを食べていた脳科学的な理由

1/2

元プロ野球選手のイチローさんは、マリナーズ時代、毎朝必ずカレーを食べていたという。脳科学者の茂木健一郎氏は「これは無意識のセットアップだろう。いつも同じ行動を取ることは、力を発揮するのに一番良い脳の状態をつくることになる」という――。

※本稿は、茂木健一郎『緊張を味方につける脳科学』(河出新書)の一部を再編集したものです。

テーブルの上のカレーライス
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/taa22

ベストパフォーマンスを出しやすい「フロー」状態

ベストパフォーマンスが出しやすい状態の一つに「フロー」があります。フローとは、時間を忘れるくらいに課題に没頭した状態のことです。

フローに入るためには無意識の状態を最初にセットアップすることが必要です。そして一度フローに入ってしまえば、脳に自動運転させると、作業はとてもはかどることになります。

2019年日本で開催されたラグビーワールドカップの準決勝で、世界ランキング1位のニュージーランドのオールブラックスと、世界ランキング2位のイングランドが対戦しました。

オールブラックスは、通常とは表情を一変させ相手を圧倒するダンス「ハカ」を、グラウンドでチーム一体となって踊ってから、戦いに挑むことで知られています。

しかし、実力からして世界一、あと一勝で決勝、相手は最大のライバルであるイングランド、というここ一番の試合で、オールブラックスは敗退してしまいました。

無意識は「ルーティーン」でセットアップする

ラグビーはニュージーランドの国技と言っていいスポーツです。

国民にとって、オールブラックスの負けは世界の終わり。しかしどれだけ人気があって、どれだけ実力があっても、またチームの士気を高めるハカがあっても、このときは、選手たちの動きはどこかぎくしゃくしていて、無意識のところが完全に整っていないように見えました。

対してイングランドは、この日最初から最後まで集中して、相手に絶え間なく圧力をかけ続ける容赦のないプレーと賞賛されました。

オールブラックスは、イングランドに比べて、無意識のセットアップが足りていなかったのではないでしょうか。原因と結果の関係は本当に複雑で、無意識のセットアップが上手くいくかいかないか、これは本当に微妙な要因が作用するようです。

では私たちはどういうふうにセットアップしたらいいのでしょうか。

無意識を整えるのに良い方法をいくつか考えてみましょう。

無意識のセットアップ方法として、一番よく知られている方法は、ルーティーンです。

オールブラックスも、試合前に必ずハカを踊ります。ハカを踊れば勝てるというわけではありませんが、あれは心をいつも同じ高まった状態に持っていくのに、脳科学的な見地からもとても有効です。

段取りどおりに体を動かして心の状態を整える

元プロ野球選手のイチローさんのルーティーンもよく知られています。

マリナーズ時代には、毎朝必ずカレーを食べていたと聞いています。

バッターボックスでのバットもいつも同じように構え、試合後には、どれだけチームのメンバーが盛り上がっていようと、必ず自分でグローブを磨く。イチローさんは試合よりも、試合に至るまでの準備を大事にしていたと言われています。

確かに試合は、相手との相性もあるし、何が起きるかわからないから、自分にできるのは準備だけなのです。イチローさんは、体の動きをいつも同じにすることによって、またいつも同じ行動を取ることによって、力を発揮するのに一番良い無意識のセットアップをしていたのです。

フランス映画『美しき諍(いさか)い女(め)』(1992年日本公開)では、ある画家が、絵を描きはじめる前に延々と絵の具を準備する場面が描かれています。長い準備を整えて、その画家は一つの絵に没頭していくのです。

スポーツでも創作でも、自分なりの段取りを決め、その通りに体を動かしていくことで、いつも同じ、一番良い心の状態に持っていきやすくなるところがあります。

ボルト選手が走る前に十字を切ることも、試合前にリラックスする自分の好きな音楽を聴いている選手が多いのも同じで、ジンクスを大事にすることは、無意識のセットアップの一つの方法論なのです。

夕日を眺めながらヘッドフォンをつけ音楽を聴く女性
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/FTiare

あわせて読みたい

「イチロー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  3. 3

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  4. 4

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  5. 5

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  6. 6

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  7. 7

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

  8. 8

    「社説で五輪中止を求めるのにスポンサーは継続」朝日新聞が信頼を失った根本原因

    PRESIDENT Online

    06月11日 10:55

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    人生を変える一番簡単な方法は「付き合う人を変えること」

    内藤忍

    06月11日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。