記事
  • ロイター

インド、アストラのワクチン使用期限の延長認める=資料


[ニューデリー 30日 ロイター] - インドの医薬品規制当局が、国内で生産されている英製薬・アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンについて、使用期限が6カ月とされているにもかかわらず、最大9カ月間の使用を認めたことが、ロイターが確認した文書などで明らかになった。

期限延長が認められたのは、セラム・インスティチュート・オブ・インディア(SII)がライセンス生産しているワクチンで、数十カ国に輸出されている。使用期間を長くすれば廃棄する量を抑えられ、接種計画が柔軟に策定できるようになる。

SIIが「コビシールド」の名前でライセンス生産するワクチンを輸入している一部のアフリカ諸国は、保管している100万回分強のワクチンが来月半ばに規定の期限を迎える。

インドの医薬品規制責任者、VGソマニ氏は先月下旬にSIIの要請に対し「手元にあるラベルがないバイアル(注射剤の容器)については、9カ月間の使用期限の適用が認められる」と文書で回答した。

アストラゼネカは先週、同社製ワクチンは最低6カ月間は冷蔵温度で保管・輸送できると説明。世界保健機構(WHO)のウェブサイトでは、コビシールドと韓国で生産されるアストラゼネカのワクチンについても、使用期限を6カ月間と規定している。

ソマニ氏による使用期間延長の許可は、一部のアフリカ諸国に伝達された。ロイターは文書を確認したが、未使用のバイアルが対象かどうかは分からなかった。バイアル瓶1本には通常、10回分のワクチンが入っている。

事情に詳しい関係筋は、許可はSIIが提出したデータに基づき出されたと述べたが、どのような種類のデータかについて説明はなかった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  3. 3

    日米首脳会談 バイデン大統領と菅首相は実は中国問題で決裂か

    NEWSポストセブン

    04月18日 08:55

  4. 4

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  5. 5

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  6. 6

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  7. 7

    日米首脳会談 新時代に向けて日米同盟深化による世界的な共同事業とは

    赤池 まさあき

    04月18日 08:10

  8. 8

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  9. 9

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  10. 10

    新疆ウイグル人権問題 関与が疑われる「日本企業14社」の苦慮

    NEWSポストセブン

    04月17日 16:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。