記事

義務教育にオンライン活用を

小学校と中学校の学級を低人数化するという。それは部分的にいいことなのだが、本当に最適な政策なのか。教員の質の低下と、他の選択肢が増えていることを思い浮かべると、過去の流れを踏襲するだけでなく、他の手段も考慮してほしい。

赤旗のネット版によると、衆院文部科学委員会における畑野君枝議員(日本共産党)の質問に対し、萩生田文部科学省大臣が「中学校も含めて、最終的には30人以下が理想だ」と答えたとか。実際には、小学校の35人学級に向けて動き出すらしい。

この質疑と答弁だが、義務教育の実態をどの程度把握したものだろうか。

小学校では5年生頃から学級崩壊が始まっている。教員の質の低下も噂されている。新卒者の減少が続いている中で、教員の採用を増やそうとすれば、これまで以上に質の面で目をつむらないといけないだろう。

僕が子供の頃、小学校の先生は神様だった。便所(当時の用語としてはトイレではなく便所)に行くなんてイメージできなかった。それが今ではどうか。ごく限られた者でしかないのだろうが、あるまじき事件が性懲りもなく報道されている。

この一方で思うのは、地方に在住する生徒への貧弱な教育である。地方の人口減少、子供の減少、在校生の減少、廃校が連鎖的に起きている。これでは、子を思う親ほど、地方在住が選択肢の中に残らない。

日本の義務教育に課せられた課題は、誰もが、どこにいても、均質かつ水準の高い(難しいという意味ではなく、理解できる)教育を受けられることだろう。これは国民の重要な権利である。

この権利を実現させる手段は、かつてなら少人数学級、究極的には一対一(教えた経験上、一対一では教える側も、教えられる側も、ともに窮屈だから、一対四、五が理想)の教育にあった。繰り返すが、少人数は目的ではなく、教育の質を高めるための手段でしかない。

今では、この少人数教育に代わる手段として、オンライン教育が登場している。正確には、日本では新型コロナと同時並行的に一般に知られるようになった。世界を見渡すと、その以前から活用されつつあった。このオンラインとビデオを併用すると、教員の数に多くを依存せず、少人数に近い教育を、どこででも実現できるようになる。一対一も、機械が相手なら窮屈ではない。

イメージすると次のようなものか。

生徒は、自分の理解度に応じた授業をビデオから選択できる。場合によってはオンラインで教員から指導を受けられるし、直接授業や指導をしてもらうことも可能である。

教員側からすれば、生徒に対する有効な学習方法が何かを考え、組み立てることが重要な職務になる。もちろん、自分が得意とする科目を実地で、もしくはオンラインを使って教えることもある。しかもそれをビデオに記録しておく。そして、その記録を、他の教員が使えるように登録する。

もう1つの教員にとって重要な職務は、受け持った生徒の理解度を定期的にチェックすることである。これまでなら理解度のチェックのために試験をした。今では試験なんて気の張ることをしなくてもいい。機材とインターネットさえあれば、そしてパソコンを補助的に使えば、いつでも可能である。

さらに言うのなら、オンラインで学ぶのは教室だけでなく、家でもできる。家で学ぶには自分の部屋が理想となる。とすれば、都会よりも地方の方が有利なはずで、ここに学ぶ場の逆転が生じうる。

以上は大まかなイメージでしかない。文科省をトップとする教育の現場としてやるべきなのは、このイメージを膨らませ、実現に向けて形にしていき、実践に移すことである。伝統的な方法を鵜呑みにし、教員の数を増やそうとすることは旧態依然すぎる。もう少し現実から学び、何がベストに近いのか考えてほしい。要は、時代とともに手段が変わるので、新しい手段に目を光らせておくことが肝要となる。

あわせて読みたい

「義務教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  4. 4

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  5. 5

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  6. 6

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  7. 7

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  8. 8

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  9. 9

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  10. 10

    野村、米顧客取引関連で今期650億円の損失計上 ポジション処理完了

    ロイター

    05月18日 18:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。