記事

「アート」として見た「憲法改正」

作家の高橋源一郎氏が執筆を担当している、朝日新聞オピニオン面の「論壇時評」は、毎回、胸にストンと落ちる好きなコーナです。「民主主義の行方憲法改正の『アート』な世界」という魅惑的タイトルがふられた今回(12月20日付け朝刊)の一文も、その期待を裏切らないものでした。

「現実すれすれのところで、ありえないものを描き、そのことで、いま見ている現実がなんだか嘘臭く見えてくる」。そんな力をはらんでいるような「アート」に、「現実」であるべき政治がなってきており、その「いま最高の『アート』」の1つが、今年4月、自民党が7年ぶりに発表した憲法改正草案ではないか、と。

基本的人権が「目の敵にされている」ように「国民の責務」が銘打たれ、乱発されている「公益及び公の秩序」。「表現の自由」は「保障する」としながらも、「公益及び公の秩序」で縛りがかかる。起草者たちは「主権は国民にない」「天賦人権論をとるのは止めよう」といって物議を醸しており、首尾一貫している――。この「ありえない」世界は「アート」であり、「人びとの覚醒を促すために、わざと反感をかうような表現をとったに決まっている!」と。

もちろん、高橋氏は、あえてこれをアイロニックな「アート」として受けとめるアイロニックな表現をしているようにとれるわけで、現実は新首相候補も含めて、スト―レートにその気になっている人々も沢山います。むしろ「国防軍」への変更での言い分をみても、この「アート」は、憲法と乖離する現実を「嘘臭く」みせることで、改憲への「人々の覚醒を促すため」のものであることは明らかです。「わざと反感をかう」というテクニックが、現行憲法に向けられ、その「時代おくれ」「押し付け」を浮き立たせる目的なのであれば、髙橋氏の表現も、別にアイロニックではなくなるわけですが、もはや「ありえない」世界を描いた「アート」ではなくなります。

これは、要するに、起草者がどういうことを頭に描き、どういうつもりで筆をとっているのかに、思いを致さなければならないことだということです。それは、今回の憲法草案の起草者・その気になっている人々と、65年前に現行憲法を起草した人々の描いた世界、思いを、仕掛けられているいろいろなテクニックをかいくぐって読み取り、虚心坦懐に受けとめる作業が求められます。

これは疲れる作業です。前記改正草案を難しくて、疲れる「現代『アート』」とした髙橋氏が、「自然」自体に「権利」を保障したエクアドル憲法を引用しているのは印象的です。これは「(むかつかない、人と自然に優しい)『アート』」と髙橋氏はくくっていますが、いうまでもなく起草者の「ありえない」設定が一体、何を思い描き、そしてどういう覚醒を人民に促そうとしたのかは明らかで、分かりやすいというべきです。そうとらえてみれば、駄文扱いされ、現実にそぐわない点はかりが強調される日本国憲法だって、ということが言いたくなります。

ところで、アートのなかには、「パブリックアート」というものがあります。為政者側、権力者側が時に政治的に利用するアートで、その場合の典型が、公共の施設前や広場に設置される、勇ましい国家的英雄などの像です。独裁国家の崩壊とともに、それが押し倒される映像が、その終焉の象徴のようにわれわれは見ることになりましたが、それ自体が、そう見せるための、崩壊させた側による演出であったという話もありました。

この改憲の流れが「アート」だとするならば、「公益及び公の秩序」を強調し、「国防軍」という勇ましい国家を見せつけ、あるいはそれに国民の頭を下げさせる、あるいはひれ伏せさせることになる「パブリックアート」のようにも見えてしまいます。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  5. 5

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  8. 8

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  9. 9

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  10. 10

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。