記事

森喜朗がボヤいた「政治家の器が小さくなった」という言葉の筋違い “昭和オヤジスキーム”の存在をひた隠す聖火リレーがはじまった! - プチ鹿島

 それでも、お祭りが始まった。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

「聖火リレーが始まったらもうやめることはできない」。政府のエラい人はそう言い切った。


聖火リレーの第一走者を務めたなでしこジャパンの面々 ©時事通信社

 するとこんな目撃記事が話題に。

『聖火リレー 大音量、マスクなしでDJ…福島の住民が憤ったスポンサーの「復興五輪」』(東京新聞3月26日)

聖火リレーで目立った「スポンサーによるお祭り騒ぎ」

 記者が目にしたのはランナーより目立つスポンサー車両による「お祭り騒ぎ」だった。SNSのアカウントには動画も貼られているのだが、大音量の音楽を響かせ、コカ・コーラの大型トラックがやってくる。荷台にはDJがいてマイクで陽気に叫んでいる。トヨタ自動車、日本生命、NTTグループの「コンボイ」も続く。

 この様子を見た福島の住民は「これはちょっと違うんでねえか」「全然違う。しらけてしまう」とつぶやいたという。

 私はこの動画を見て、ジブリの高畑勲監督『かぐや姫の物語』のラストを思い出してしまった。

 月からお迎えがくるのだが、そこに流れるのは「天人の音楽」。やたら明るくて大音量で楽しげな曲なのだけど、それは地上で別れを惜しむかぐや姫たちの状況には恐ろしいほどのミスマッチ。天人の一団は、明るければ明るいほど無感情の不気味さや、何があっても淡々と連れ帰るという圧倒的な力を大音量で発していた。いくら抵抗しても無駄。

 まったく同じことが東京五輪の聖火リレーでおこなわれていた。何があっても五輪はやる。不安視する世論は関係ない。そのときが訪れたから「迎えに来た」。

 現代の「天人」は政治、大企業、メディアで組まれた一団である。楽しそうな雰囲気を醸し出そうとしていたが、あの聖火リレー動画には有無を言わせぬ巨大な力を見られた。

森喜朗が言っていた「必ず五輪をやる」という言葉

 そういえば森喜朗は2月の時点で言っていた。「コロナの状況がどうであろうと必ずやる」(2月2日・自民党会合)。

 何があっても黙れ。異論を唱えさせない姿勢は「女性は話が長い」発言にもつながっていた。むしろ五輪について真剣に考えている人が屈服させられる事態だったのだろう。

 そんななか先週、見逃せないコラムがあった。日刊スポーツ「政界地獄耳」が書いた『森節満載「会長交代の舞台裏」』(3月24日)である。

 森喜朗氏が故郷の雑誌「月刊北國アクタス」で「会長交代の舞台裏」を話しているのだが、これが「読みどころ、突っ込みどころ満載」だというのだ。さすが地獄耳! 私もさっそく雑誌を入手した。

「政治家の器が小さくなった」のが問題?

 読んでみると森が強調していたのは「政治家の器が小さくなった」ということだ。

 ん?

 あのとき国会議員からなぜ森擁護の声が一切出なかったのか。昔ならハマコー(浜田幸一)が吠えて いただろう、と官邸で言われたと語っている。

 そして自らも、

《あの元気な馳(衆院議員)君も、心配して電話を掛けてきてくれたけど、外では黙ってるもんな。国会議員のスケールが小さくなったとよく言われるが、まさしくそうだなぁという思いを持ったね。》

 馳浩、被弾!

 なぜか最もディスられていたのは岸田文雄。

《岸田君が、森さんがいなくてオリンピックをどうやってやるんだと。国際的な顔としても森さんしかいない、と言えば、『おっ、岸田も変わったな』と受け止められたと思うけどな。そこで勝負できなかった、というか、勝負かどうかも分からなかった。その辺が、宰相の器じゃないと言われるところだろうなぁ》

すべてを政局にする旧態依然の発想

 なんでも政局にしてしまう酷さ。あのとき岸田文雄が「国際的な顔としても森さんしかいない」と言っていたら、あらゆる差別をなくそうという五輪トップに森を推し続けるセンスは世界中から詰められていただろう。

 一方で私もあのときの与党系政治家の「沈黙」が気になった。なぜ森を擁護しない? ではなく、なぜ森に「その価値観や手法は2021年の五輪トップにあいません」と言わないのか? という疑問だ。こっちの沈黙のほうが問題だ。

 森は「沈黙はメディアリンチ、老人叩きを黙認するということだからな」とも語り「私に対する批判は意図的なものもあった。オリンピックを中止させようという意図を持った勢力があおったんだね」とも雑誌で言っている。

本当の問題は「トップの価値観が古くて酷かった」こと

 あれは老人叩きだろうか。私は森喜朗が老人だから酷いとは一度も思ったことがない。森喜朗は20年前の首相当時から一貫して酷かったからだ。「オリンピックを中止させようという意図を持った勢力」が暗躍したというが、オリンピックを開催するなら古くて酷い価値観の人がトップではマズいよ、という悲痛な声のほうが多かったはずだ。今後ずっと恥をかくのは子どもたち世代なのだから。

 それでいうと週刊文春が報じている佐々木宏氏がいつのまにか開閉会式の演出チームトップになっていた過程も同様だ。トップはMIKIKO氏だったのに乗っ取りがおこなわれていたと。

 前回次のように書いた。

《開会式チームの不透明な乗っ取りで感じたであろう従来からの権力おじさんの理不尽な圧、そして露呈する古い価値観。LINEだけでなく普段から乱れ咲いていたのだろう。五輪がこの状態のまま世界に発信されていいのかと告発者たちが考えたなら、あのLINE画像には公益性がある。》

 しかしテレビではLINE画面の流出が怖いとか、生きづらい世の中になってしまったという佐々木氏への同情論が多かった。

 増田明美氏は『的外れな告げ口に対抗を』(産経新聞3月23日)と書いていた。あれを「告発」ではなく「告げ口」と思ってしまうととんちんかんなことになるという代物だった。

“昭和オヤジスキーム”が擁護される恐怖

 MIKIKO氏は先週末にコメントを発表した。

『MIKIKO氏、五輪式典責任者辞任の経緯明かす「疑問を持ちながら参加するわけにはいかない」』(サンスポ3月26日)

《自身が知らない間に、国際オリンピック委員会(IOC)に新たな企画案が提示されており「企画に一から関わっていない以上、責任が取れるものではありませんでした」と当時の心境を明かした。》

 やはり、昭和オヤジスキームによる乗っ取りがおこなわれていた。

 こんなことが平然と行われているのを大音量でかき消すように、聖火リレーは始まった。

 ゾッとする。

(プチ鹿島)

あわせて読みたい

「聖火リレー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  3. 3

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  4. 4

    ソフトバンクG孫正義さん、AI革命に熱意「10兆円でも満足しない」

    Ledge.ai

    05月12日 21:37

  5. 5

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  6. 6

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  7. 7

    「人と違うことは個性だ」差別と戦い続けたプロサッカー選手・鈴木武蔵が見る日本

    清水駿貴

    05月11日 08:06

  8. 8

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  9. 9

    茨城県境町の殺人事件 デマ情報に基づく誹謗中傷が被疑者の同姓男性のもとへ

    岸慶太

    05月12日 14:46

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。