記事

私は、死にたいと思ったことがある。そんな時に頼れる居場所をYouTubeに作った。

1/3

死にたいと思うほど追い詰められた

私は、死にたいと思ったことが何度かある。つい最近もあった。自分が弱い人間なのだろうか。こんなことをまたnoteで書いて、周りの人を心配させるのではないか、仕事が減ってしまうのではないか。いろんな不安が頭によぎる。

だけど、今生きるのが辛い人に、生きていてほしいから、自分の恥ずかしいところをあえて書くことにした。

生きていて良かった。苦しくて苦しくて、でも生きていたからこそ、見えた景色や喜びや幸せがたくさんある。だから、どうか生きていて欲しい。

「2020年、小中高校生の自殺が過去最多」という報道をみた。
悲しすぎる。なんとか寄り添いたい。そのためにできることを考えた。

今、私は時事YouTuberとして活動している。YouTubeに居場所を作ろう。今苦しんでいる子どもたちのために、そして自分のためにも。

居場所の大切さを感じたのは、まさに自分が死にたいと思ったときだ。
去年の7月、つとめていたNHKを辞める際に、大きな精神的負担があり、追い詰められた。そんな時に、助けてもらったのが「自助グループ」である。

辛い思いをしている人たちで集まり、その悩みを共有する。そのことで、自分の居場所を感じ、悩んでいるのは1人ではないと思えた。

だからこそ、辛い子どもたちの居場所を作れないかと考えた。時事YouTuberとして活動する私は、YouTubeという無料にアクセスできる場に、子どもたちの心のよりどころを作りたいと決意した。

新学期は、クラス替えなどで環境が変わり不安や緊張が高まる時期。誰かを頼ったり、SOSを出したり、逃げ出したりしてもいい。そんな、先輩たちの言葉が子どもたちの生きやすさにつながることを願っている。

プロジェクト名は「#元いじめられっ子から今いじめられている君へ」。

SNSでこのハッシュタグでつぶやいてもらい、いじめ経験(いじめた、いじめられた、いじめを見ていた、子どもがいじめを経験した)をたくさんの人が発信することで、子どもの自殺を少しでも減らせればと願っている。

著名人が新学期を前に、過去のいじめを語る。

子どもの自殺を食い止めるため、著名人が集結した。

「過去のいじめられた経験をお話してください。そのことで今苦しんでいる子どもたちの救いになればと思います。子どもの自殺率が上がる中、どうか食い止めたいんです。」

いろんな著名人の方に、ダメ元でお願いした。みんな今までメディアで作ってきたキャラクターやイメージがある。それが崩れる恐れもある。謝礼はお支払いしているけど、微々たるもの。断られて当然だ。しかし、多くの方からポジティブな言葉をいただいた。

結果的に、10名の方がオファーをお引き受けくださった。

苦しかった日々をどのように乗り越えたか、亀田興毅さん、大林素子さん、松村邦洋さん、猫ひろしさん、三四郎・小宮浩信さん、かが屋・賀屋壮也さん、うしろシティ 阿諏訪泰義さん、マキシマム ザ ホルモン・ナヲさん、たんぽぽ ・白鳥久美子さん、葉一さんが包み隠さず語ってくれた。

https://youtu.be/mdNXAxhiBeo

記事と動画、今回のプロジェクトの特設サイト
https://www.shoukasonjuku.com/ijime

今回のみなさんのまとめ記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/1eb929c19d3ce0e6de59191325346bab2360df26?page=1

涙をして本音を語る先輩

 お笑い芸人として大先輩で尊敬している、うしろシティ 阿諏訪泰義さんと対談した時、驚いた。キングオブコントで決勝にまで進出し、成功しているようにみえる阿諏訪さんは、30歳まで不眠症だったという。死にたいと思うほどいじめで追い詰められていた。でも、30歳で友達ができたとき、「俺友達できたー」ってめちゃくちゃ嬉しかったと。

そろそろ「対談を終わりましょうか」という空気がでたところから、阿諏訪さんは涙ながらに話してくださった。当時の自分に、まるで目の前に苦しんでいる子がいるかのように、話してくださった。この言葉じゃまだ伝わらない、もっと伝えなきゃ、といった阿諏訪さんの覚悟みたいなのが伝わってきた瞬間だった。

「芸人になって良かったですか?」と聞いたときに、「こういうことを言えてよかった。自分たちのネタが誰かの気持ちを軽くすることができたら最高」と言っていたことが印象的だった。この企画をやってよかったと心から思えた。「人生って楽しくないことばっかりです。でも命を絶つほどつまらなくもないんです」という言葉は、まさにその通りだと感じたし、辛くなったら、私がこの動画をみようと思った。

 先輩方の言葉から特に、1人じゃないんだと思えた、これやってみようと考えたことなどを凝縮して伝えたい。

 いじめる人がいけない。相談窓口や大人に言うべき。そうなんだけど、ギリギリまで追い詰められた子どもたちが、当事者の言葉によって、“1人じゃない、辛さをわかってもらえるかもしれない”、という希望だけで救われることもあると思うので、それを伝えたい。

変わっていてもいいんだよ

 三四郎の小宮浩信さん。オファーをお引き受けくださったのは意外だった。いじめられた過去を笑いにされているし、お忙しいだろうし、どうして来てくださったのだろうか。照れながら、ボケをたくさんされるのではないか。そんな心配は不要だった。

 小宮さんは、本当に今悩んでいる子に向けて、丁寧に言葉を紡いでくださった。気づけば、私が芸人としてデビューしたのは、19歳の時。勉強ばかりしてきた私にとって、芸人の世界は異様だった。男社会だし、いつも私は浮いていた。そんな時に、楽屋でいつも、小宮さんは話しかけてくださった。

 その御礼をお伝えすると、「別に、優しさとかじゃなくて、面白かったからだよ」と言ってくださった。照れ隠しなのか本音なのかは分からないが、苦労してきた小宮さんだからこそのお人柄なんだと感動した。

 変わっていたことを理由にいじめられていた小宮さん。「変わっていてもいいんだよ」とずっとお話していらっしゃいました。口を開けば生意気だと言われてきたので、個性を認められるお笑いや、自分の意見を言えるジャーナリズムに出会い、私は救われた。こういう個性を受け入れてくれる先輩に若い時に出会えたから救われたんだなぁと改めて思った。

・動画:https://youtu.be/Q0hw_vJVkCw
・記事:https://withnews.jp/article/f0210326001qq000000000000000W0fp10101qq000022744A

あわせて読みたい

「いじめ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  8. 8

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。