記事
  • ロイター

アックマン氏、SPACの合併先なお模索中 2件目の上場も視野


[ボストン 29日 ロイター] - 著名投資家ウィリアム・アックマン氏は29日、特別買収目的会社(SPAC)「パーシング・スクエア・トンチン・ホールディングス(PSTH)」の合併先について、まだ発表することはないと明らかにした。

アックマン氏は昨年終盤、今年の第1・四半期末までに合併先について発表する可能性があるとしていた。

アックマン氏のSPACは昨年40億ドルを調達。史上最大のSPACとなった。

アックマン氏はリポートで「立ち上げから8カ月になるが、PSTHへの投資は現在の株価水準でさえ、かなり魅力的な長期リターンを生み出すと引き続き確信している」と述べた。

その上で「今四半期末までに(買収・合併)案件を発表できると考えていたが、そのような状況にはない」とした。

同氏が運用する旗艦ヘッジファンドの今年のリターンは現時点でプラス5.9%。昨年のリターンはプラス70.2%だった。

上場するSPACと合併することで、未公開企業は従来型の新規株式公開(IPO)を行わずに短期間で上場できる。

ロイターは昨年、PSTHが民泊仲介大手の米エアビーアンドビーと合併協議を行ったと報じたが、エアビーは最終的に従来のIPOを選択した。

アックマン氏のチームは昨年の規制当局へのIPO申請書類で、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)による金融市場や企業業績への影響がIPO市場全般の制約要因になる見込みだと指摘。こうした状況が、自身のSPACに機会をもたらすとしていた。

しかし、IPO市場は早期に回復し2000年以来の活況となっており、SPACの上場も記録的なペースで相次ぎ、競争が激化している。

アックマン氏はPSTHの合併完了後に2つ目のSPACのIPOを目指す可能性に言及した。

PSTHは2022年7月21日までに合併で合意する必要がある。その後、手続き完了に6カ月間の猶予が与えられる。期間内に合併できなければ、資金は投資家に返還される。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  2. 2

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  3. 3

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  4. 4

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  5. 5

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  6. 6

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  7. 7

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  8. 8

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  9. 9

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  10. 10

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。