記事

【ペット】、コロナ禍でペットを買う人が増えた!ワンコを見れば飼い主の問題もわかる?

■新型コロナウイルスの感染拡大の影響で自宅で過ごす時間が増える中、ペットフードやペットケアなどのペット市場が急成長している。

空前のペットブームでペット関連の市場規模は毎年拡大を続けていたところにパンデミックによる巣篭もり需要でさらに押し上げてしまったかたちだ。

アメリカペット用品協会(APPA:America Pet Prduct Association)が先週発表したレポートによると、アメリカ国内のペット市場の規模は昨年、1,036億ドル(約11.4兆円)となり前年から6.7%の増加となった。

そしてAPPAは今年、2021年には5.8%増となる1,096億ドル(約12.0兆円)に上るだろうとの試算だ。

ペット関連支出の内訳を見ると、全体の41%を占めるペットフードは昨年、9.7%増加し420億ドルになった。

オーガニックなど高額なペットフードや高級ペット用おやつへの関心がペットフード支出を押し上げているのだ。

またペット医療(獣医医療)への支出は2019年から7.2%増の314億ドルとなった。これは2020年のペット市場規模全体でみると3分の1近くに当たる。

最も増加幅が大きかったのが犬や猫といったペット購入で15.1%の増加となる221億ドルとなった。外出禁止令で自宅で時間を過ごす時間が増加する一方、生活に癒やしを求めて実際にペットを飼う人が増えていたのだ。

逆にコロナ前まで手堅く拡大していっていたペット関連サービスが81億ドルとなり、前年から21.4%の大幅減となった。

ロックダウンでグルーミングやペットホテル、しつけ教室などのトレーニング、デイケア(一時預かり)が利用できなくなったのが大きな要因だ。

その反動で今年はペットサービス需要が反転する傾向でAPPAでは20%の増加を予想している。

オンラインでペット用品を購入する人も増加しており、47%のペットオーナーが昨年、ネット通販を利用する機会が増えたと回答している。

興味深いことに独立系のペット専門店が堅調に成長している。その背景には犬・猫以外でペットとなる小動物や爬虫類、熱帯魚などを買う人が増加(前年から30%増)していることが要因となっているのだ。

家族の一員となるペットは子供の役割を担っており、特にミレニアルなどの若い世代はペットを人のように扱う人間化が著しい。

そのため家族以上にペットにお金をかけているのだ。調査では30%のペットオーナーがペットにより支出をするようになったと答えている。

家族化にも問題もある。家族の一員となるペットをどこのお店でも同伴するといった問題が以前から指摘されているのだ。日常的に問題になっているのが食品スーパーに犬を同伴する顧客だ。

生鮮品などを扱う食品店では動物と一緒に買い物することは禁止されている。しかし、ダウンタウンにあるスーパーマーケットや富裕層の多い地域の食品スーパーでは若い顧客を中心に犬の散歩のついでに買い物にやってくるのだ。

注意しようにも「大切な家族だ」と逆ギレされSNS等で批判を拡散されることをおそれ、スタッフの多くは見て見ぬふりをする。

スーパーの入り口に注意書きのポスターを貼ったり、犬を見る目線に向けて低い立て看板を設置しても家族を同伴していると思っているペット同伴客には目に入らない。

ましてやペットオーナーはスーパーで売っているペットフードを購入する顧客でもあり同伴ショッピングに対する扱いは難しい。

コロナでペットを飼う人が増えるとマナーを知らないペットオーナーも増加し食品スーパーは一層、頭を抱えることになる。

APPAは今年、平均的な年成長率となる3〜4%を超える5.6%の増加を予想する。ペットフード支出も5%の増加となることで、食品スーパーも新人ペットオーナーを無下に扱うことはできなさそうだ。

トップ画像:ラルフス内にいたペット同伴客。顧客に徒歩客の多い食品スーパーでは週末、必ずといっていいほどペット同伴客を見かける。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。徒歩客の多いスーパーマーケットでは特に週末、必ずといっていいほどペット同伴客を見かけます。救いなのが皆さん、マナーがいい。しつけをキチンとしているのか店内でワンコはとってもおとなしいです。都心部にあるスーパーの近くに住む顧客の多くはホワイトカラーで収入も高い傾向にあります。学歴も高いことからペットの粗相は恥と考えているため、トレーニングにも熱心であるといえます。

ロバート・キヨサキ氏のベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」のシリーズ本であったと思いますが、人を見分けるにはペット(犬)を見ればわかるというのがありました。必要以上によく吠える犬とか、ペットのしつけに問題がある場合、多くがペットオーナー自身も何かしらの問題を抱えているということ。しつけ教室に通ったり、プロの訓練士がいるトレーニング合宿に出せばいいのですが、問題行動の知識がなかったりそもそも経済的な余裕がないために対応できないのです。最悪、ペットを手放すという...

コロナ禍で癒やしを求めてペットを飼い始めた人たちが簡単に放棄しないことを祈ります、ほんとに。

あわせて読みたい

「ペット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。