記事

【米アマゾンでなるか、初の労組結成】

アメリカ南部アラバマ州ベッセマーにあるアマゾンの集荷・配送センターで働く人たちが労働組合の結成を目指して、30日に郵送された投票用紙が開票されます。

トイレ休憩の時間が不十分など劣悪な労働環境の改善を求めていて、労組結成が認められれば、アマゾンとしてはアメリカで初めてとなります。

(筆者撮影)

CBSはBernie Sanders visits Alabama in boost to Amazon workers’ union effort(サンダース上院議員、アマゾン労組結成に向けてアラバマ州を訪問)の中で、民主党の大統領候補としてバイデン氏と戦ったバーニー・サンダース議員が先週、南部アラバマ州のベッセマーにあるアマゾンの集荷・発送センターを訪問し、労働組合の結成に向けて従業員を激励したと伝えています。

ベッセマーのセンターで働く人たちは、正社員と比べてトイレ休憩やランチ休憩、福利厚生などの待遇が異なるとして懸念を示していて、約6000人は、こうりや百貨店で働く1500万人余りが加盟するRWDSUという労組の下部組織を作るかどうかを今週決めます。

サンダース議員は今回の動きを「歴史的」と評し、これがきっかけで全米で労組の結成が相次ぐことに期待感を示したということです。

APは’Treating us like robots’: Amazon workers seek union(「ロボットのように扱われている」としてアマゾン労働者が組合結成に動く)の中で、アマゾンの集荷・配送センターで働く人たちか摘み取りを行う人を意味するpickerと呼ばれ、センターがあまりに巨大なためトイレ休憩の時間内にトイレに行って戻ってくることが不可能だという声を報じています。

さらにアマゾンの創業のベゾス氏が世界一の富豪として知られることを指摘し、「なぜそんな富豪がトイレにすら行かせてくれないのか」という声を紹介しています。

トイレ休憩などの改善を求めて労働組合を結成しようという動きに対して、アマゾンは反対していて、アマゾンが全米で多くの雇用を生み出して、平均で時給15ド30セント(1600円余り)を支払っていて、これがアラバマ州の最低賃金を上回っていると主張しているとのことです。

Washington PostはAmazon is fighting a union drive in Alabama. In Europe, its workers are already unionized.(アマゾン、アラバマ州で労働組合結成に反対するが、ヨーロッパではすでに労組が存在)の中で、アメリカではアマゾンの労働組合がない一方で、フランス、イタリア、スペイン、ドイツなどヨーロッパの国々ではすでに労組があると報じています。

アラバマ州ベッセナーの集荷・配送センターで働く人たちが労働組合を結成するには半数以上の賛成が必要ですが、欧州各国では結成がより容易だと言います。

欧州では、新型コロナウイルスの感染が拡大して職場の安全に対する懸念が増した去年、ストライキを決行。このうちロックダウンに伴ってネット通販の需要が急増したフランスでは、従業員どうしのソーシャル・ディスタンスが保たれていないとして労組がストに踏み切って裁判所に提訴。

アマゾンは労組と和解して1か月後にセンターを再開したということです。

アマゾンの広報担当者は、同社が従業員が労働組合に参加することには反対しないとする一方で、賃金も福利厚生も極めてよい(excellent)だと主張。

しかし、アマゾンの元幹部は、職場ルールの改善を求める労働組合との間でロボット活用ができなくなることなどを心配しているとしています。

果たして労組は結成されるのか。

The EconomistのThe battle of Bessemer(ベッセマーの戦い)の中で、「結果は不確かだが、労組結成の運動は人気だ。アマゾンの拠点の前で春の光のもとでプラカードを掲げる人たちに賛同を意味するクラクションを鳴らしていく」と伝えています。

アメリカで働く人のうち労組に入っているのはわずか10%に過ぎないが、ギャラップ社の世論調査によるとアメリカ国民の65%が労組を好意的に見ているといいます。

「タイミングも熟した」として、バイデン 民主党大統領がみずからを「史上最大の労組よりの大統領だ」と呼んでいるだけでなく、共和党のマルコ・ルビオ上院議院が同党について今や「労働者階級の政党だ」と言うくらいだとのことです。

ただし、ワシントン・ポストを買収し、共和党が忌み嫌うベゾス氏が創業したアマゾンの労組結成を支持しているだけで、ほかの企業の労組結成を後押ししているわけではないとしています。

それでも、ベッセマーで運動を展開する女性は「巨人を起こした。結果がどちらであれ勝利を得た」と述べたと結んでいます。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  3. 3

    日米首脳会談 バイデン大統領と菅首相は実は中国問題で決裂か

    NEWSポストセブン

    04月18日 08:55

  4. 4

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  5. 5

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  6. 6

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  7. 7

    日米首脳会談 新時代に向けて日米同盟深化による世界的な共同事業とは

    赤池 まさあき

    04月18日 08:10

  8. 8

    「#二次加害を見過ごさない」私が毎日納豆を食べる理由 - アルテイシア

    幻冬舎plus

    04月18日 10:20

  9. 9

    新疆ウイグル人権問題 関与が疑われる「日本企業14社」の苦慮

    NEWSポストセブン

    04月17日 16:02

  10. 10

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。