記事
  • SmartFLASH
  • 2021年03月30日 14:57 (配信日時 03月30日 06:00)

白鵬を直撃! 鶴竜引退は「さみしいよ…」五月場所も休場で引退勧告の “イエローカード”


3月25日、本誌直撃時の白鵬

 3月24日、大相撲の横綱・鶴竜(35)が、オンライン会見で現役引退を発表した。腰や左足、右肘などの怪我に悩まされてきた鶴竜は、三月場所を左足負傷のため休場。5場所連続、通算20回めの休場となった。五月場所での再起を誓っていたものの、一転し、現役続行を断念したかたちだ。

 一方、もう一人の横綱・白鵬(36)も、右膝の怪我で三月場所を途中休場している。3月19日、都内の病院で内視鏡を使った手術を受け、翌20日に退院した。

「たいした怪我でなくても、すぐに休場することで力士生命を延ばし “横綱延命” をしようとしたのではないか、といった見方もありました。でも、手術に踏み切らなければいけないほど悪化していたとは、多くの関係者が驚いています」(大相撲担当記者)

 実際、執刀した主治医が、「我慢して(取組を)やったら将来は人工関節になり、後遺症が残るという状態だった」と説明するほどの重症だった。

 手術から6日後の、3月25日午後。同じ “休場横綱” として鶴竜の引退に何を思うのか、本誌は白鵬を直撃した。足を引きずりながら自宅マンションから出てきた白鵬は、出口にある数段の階段すら、一段一段を踏みしめるように下りてきた。とっさに支えられるよう、松葉杖を持った付け人が寄り添うほどだ。

ーー怪我の様子は、どうですか?

「これから、リハビリに行くところです」

ーー鶴竜が引退しましたが?

「さみしいですね……」

 ゆっくりと、そして伏し目がちにそう答えると、白鵬は付け人の運転する車に乗り込んだーー。

 白鵬は、次の五月場所も休場し、七月場所に「進退をかけて臨む」とすでに表明しているが、本誌が目撃したような状態では、到底土俵に戻れそうにはないが……。

「白鵬には、どうしても七月場所で復帰する必要があるのです」と語るのは、別の大相撲担当記者だ。

「2020年の十一月場所後、横綱審議委員会(横審)は、休場が多い白鵬と鶴竜に、『注意』を決議しました。そして白鵬の三月場所の休場は、今回、引退に追い込まれた鶴竜と同じく5場所連続なんです。本来なら、横審から『注意』よりも重い『引退勧告』が出されていてもおかしくない。

 しかし白鵬は、歴代最多となる優勝44回を誇る大横綱です。しかも鶴竜が引退した今となっては、白鵬が引退すると、横綱不在となります。横綱を狙える大関もいない現段階では、横審も強く言えません」

 しかし「七月場所までも休場するとなれば、横審も黙っていません」と続ける。

「間違いなく『引退勧告』が出ます。白鵬は、引退後に親方となるのが既定路線。今後も協会内で生きていくには、『引退勧告』を避けるために、7月に復帰するしかない」(同前)

 引退に向け、外堀を埋められつつある白鵬。ドライな角界に対しても “さみしさ” を覚えているのか。

(週刊FLASH 2021年4月13日号)

あわせて読みたい

「白鵬」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    認知症新薬アデュカヌマブ 治験参加の医師が見た「効果と限界」

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。