記事
  • ロイター

米ウォール街の2020年ボーナスは10%増=NY州金融当局


[26日 ロイター] - 米ニューヨーク州金融規制当局の26日の発表によると、ニューヨーク市の証券業界が2020年に従業員に支払った賞与の平均は18万4000ドルと、前年比10%増加した。

ニューヨーク州のディナポリ会計監査官は「当初は金融市場にとって悲惨な年になると予想されたが、好調な引受業務や歴史的低水準の金利、値動きの大きい相場を背景としたトレーディングの急増を受け、状況は急速に転換した」と指摘した。

当局の報告書によると、20年のボーナスプール(賞与基金)は12─3月のボーナスシーズンに19年の297億ドルから6.8%増えて317億ドルとなった。

9月11日に同時多発攻撃が起きた2001年の賞与は33%、2008年は47%、それぞれ減少しており、報告書では、リセッション(景気後退)を引き起こす出来事の後に賞与が伸びるのは異例だと指摘した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  4. 4

    東京五輪で沈黙…小池都知事に「全然、都民ファーストじゃない」 豊田真由子氏「片棒を担いだと思われたくないので、反対の世論を見て振る舞いを変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  5. 5

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  6. 6

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  7. 7

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

  8. 8

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    「自粛疲れ」や「我慢の限界」ではなく「無意味な感染対策」に気づいた賢い国民たち

    かさこ

    05月04日 08:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。