記事

個人情報漏れのLINE 推定資産は約250億円の“真の実力者”はどう動く? - 「週刊文春」編集部

 国内8600万人以上のユーザーを抱える無料通信アプリ「LINE」。利用者の個人情報が中国の会社で閲覧可能な状態になっていた問題を巡り、政府も運用の見直しを検討し始めた。

【写真】この記事の写真を見る(2枚)

「LINEは3月1日にヤフーと経営統合し、Zホールディングス傘下に入ったばかりでした。ただ、統合直前の1月下旬、外部からZHDに対し、LINEの個人情報の取り扱いに関して情報提供があった。LINEが調査をしたところ、中国の子会社『LINEデジタルテクノロジー上海』の中国人技術者4人が、日本のサーバーに保存された利用者の名前や電話番号などの個人情報にアクセス可能な状態だったことが発覚したのです」(経済部記者)

 なぜこうした問題が起きたのか。鍵を握る人物がいる。メディア露出が目立つCEOの出澤剛氏(47)ではない。創業時からシステム開発を仕切ってきたもう1人の代表取締役、CWOの慎ジュンホ氏(49)だ。

「彼こそがLINEの“真の実力者”です。CWOはチーフ・WOW・オフィサーの略。WOWとは『思わず友だちに教えたくなるような驚き』を指し、会社のコアバリューとして掲げている言葉です」(同社関係者)

 もともと韓国の大手IT企業「ネイバー」の日本法人だったLINE。そこで日本発のサービスを開発した立役者が、慎氏だった。

慎氏の推定資産は約250億円

「慎氏は05年、韓国の検索サイト『1noon(チョッヌン)』を立ち上げたエリート技術者。そのチョッヌンを06年に買収したのが、現在のネイバーでした。08年には創業者から日本市場の開拓を命じられ、ネイバージャパンに出向します。ドラマ『ハケンの品格』などを見て日本語を覚えたそうですが、グーグルやヤフーが優勢な日本ではうまくいかなかった。悩んだ慎氏は検索事業を見切り、スマホが浸透する中、メッセージアプリの開発に専念したのです」(同前)


©iStock.com

 11年6月、サービスの提供を開始すると、使い勝手の良さなどから爆発的にヒット。13年には社名もLINEに変更し、16年夏には上場を果たしたのだった。その際、慎氏は巨額の報酬も手にしている。

「当時の有価証券届出書によれば、出澤氏の報酬が約1.3億円なのに対し、慎氏は約52億円。その約98%がストックオプションです。保有株式数から見た19年末時点の推定資産は約250億円。ソウル江南地区の高級マンションを住所としています」(同前)

 災害対応にも欠かせないLINEは、いまや重要な公共インフラだ。CWOの慎氏には危うい情報管理ではなく、完璧なセキュリティと更なる利便性でユーザーを“驚かせて”欲しい。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年4月1日号)

あわせて読みたい

「LINE」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  2. 2

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  3. 3

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  4. 4

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  5. 5

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  6. 6

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

  7. 7

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  8. 8

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  9. 9

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  10. 10

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。