記事

怒りの源は無知か傲慢/セネカ「怒りについて」

岩波文庫の兼利琢也訳、セネカ「怒りについて」を読んだ。

セネカの著作のなかで「対話篇」と呼ばれる全12巻の作品があり、

  • 第1巻「摂理について」
  • 第2巻「賢者の恒心について」
  • 第3,4,5巻「怒りについて」
  • 第6巻「マルキアに寄せる慰めの書」
  • 第7巻「幸福な生について」
  • 第8巻「閑暇について」
  • 第9巻「心の平静について」
  • 第10巻「生の短さについて」
  • 第11巻「ポリュビウスに寄せる慰めの書」
  • 第12巻「ヘルウィアに寄せる慰めの書」

こうしてリストを眺めると「怒りについて」への思い入れを感じる。

セネカは怒りを「不正に対して復讐することへの欲望」と定義づけ、「われわれが怒りっぽくしているのは、無知か傲慢」なのだから、

「不正に報復するのは、しばしば何のためにもならないどころか、口に出すことすらためにならない。」

と諭し、

「復讐とは、受けた苦痛の告白に過ぎない。不正に撓められる精神は、偉大ではない。傷つけた相手にあなたより強力か、あなたより弱いかだ。弱いなら、彼を許してやって、強力なら、あなた自身を許してやれ。」

人間が怒りにとらわれることの無意味さを淡々と説いていく。そして怒りを捨てるために必要な心がけとして、

「心に平和を与えようではないか。それをもたらしてくれるのは、健全な勧告のたゆまぬ省察、善き行いの実践、ただ高潔さのみを追求する真剣な心である。己の心を満足させることを心がけ、世の評価に対して骨を折るのはよそう。」

「まるで永遠に生きるために生まれたかのように、怒りを宣言し、束の間の人生を霧消させて、何が楽しいのか。気高い喜びに費やすことが許されている日を、他人の苦痛と呵責へ移して、何が楽しいのか。君の財産には損失の余地はなく、むだにできる時間はない」

これらは第9巻「心の平静について」、 第10巻「生の短さについて」で、詳細な解説を加えてゆく、という構成になっているようだ。

効率を追求する社会の中で、ちょっとした待ち時間にも耐えられなくなり、またソーシャルメディアの広がりとともに社会から寛容さが失われ、さらにはウイルスに行動制限を強いられたりで、怒りを抑えられない人は数多い。

しかしローマ帝国初期の悪名高き皇帝、カリグラやネロの時代に、政治家として翻弄されたセネカが、怒りを抑えようとしているのだ。それに比べたら、いまの私たちが怒りに囚われずに生きることなど容易なはずだ。

あわせて読みたい

「哲学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  2. 2

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  3. 3

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  4. 4

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  5. 5

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  6. 6

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  7. 7

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  8. 8

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  9. 9

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  10. 10

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。