記事

少子化がもたらした「絵本」の再評価 大人をターゲットにした作品も

発売するや、たちまち重版が決定した『会いたくて会いたくて』

 いま、大人が心を揺さぶられる絵本が増えている。室井滋さんが文を、長谷川義史さんが絵を描いた絵本『会いたくて会いたくて』は、「大人が泣く絵本」として話題に。現代人が忘れがちなことを思い出させてくれ、思わず泣いた、といった感想も多いという。

 書店の絵本コーナーに行ってみてほしい。乳幼児向けとは別に、大人も楽しめるストーリーや絵柄とわかる絵本がズラリと並ぶ光景がいまや珍しくない。

 こうした大人向けの絵本が増えてきた理由について、絵本コーディネーターの東條知美さんは、こう分析する。

「絵本はもともと、まだ文字を読めず、言葉だけで世界をイメージしづらい乳幼児のために作られたものでした。日本では1970年代の第2次ベビーブームで絵本市場が拡大し、ひとつのメディアとして定着。以降、子供に絵本を読み聞かせることが、子供の情緒の発達につながることがわかってきました。

 少子化が進む近年では、よりよい教育を与えたいと考える親が絵本を手にする機会が増え、そこで大人は、絵本のよさを再確認するように。そうして絵本の価値が広まり、“大人にもよりいっそう響く絵本を”と、大人をメインターゲットにした絵本も生まれるようになったのでは」(東條さん・以下同)

 その中で、どの絵本がどう心に響くのかは、読む人の経験によって千差万別だという。

「小さな子供は絵本を読みながらその世界を経験するのに対し、大人は、現実の世界で経験してきた出来事を、絵本の内容に引き寄せて読みます。

 自分の経験を物語のテーマや場面に重ね合わせながら、いろんなことを考え、感じるんです。『あれはこういうことだったのか』と昔は言語化できなかった思いに気づいたり、過去のつらい出来事に折り合いをつけられたり。その結果、絵本によって人生を再構築できることもあります。私もそうでした」

いま読むと忘れていた感性が蘇ってくる

「大人こそ絵本を読もう」と呼び掛けているノンフィクション作家の柳田邦男さんは、大人が絵本を読む効能についてこう話す。

「絵本は、自分の経験を重ね合わせるだけでなく、仕事や子育てなどに追われて忘れてしまっていた、ナイーブな、とても豊かな感性をふっと蘇らせてくれます。他者への思いやりや人の心を汲み取る大切さなど、人が生きる上で忘れていた大切なことも思い出させてくれます。

 そして読んだ次の日には、いままで生きてきた日々と違う日を送ることができる。絵本にはそんな作用があります」(柳田さん・以下同)

 そうした力のある絵本のひとつとして柳田さんは『会いたくて会いたくて』を挙げた。同書は、老人ホームに住む大好きな祖母に会いたいと望む主人公の少年ケイちゃんと祖母とのやりとりを描いた作品。

 面会はできないけれど、たったひとりで会いに来てくれた孫に、おばあちゃんは部屋の窓から、糸電話を投げおろす。そして糸を通して、おばあちゃんは孫にこんなふうに諭すのだ。

《会えない分、思いは強くなるよ。その人のことを心のそこから考える時間がタップリあるからね》

《大切なのは人を思う心。気持ちが強ければ、行けなくても会えなくても、いろんなものがキラキラと輝いて見えてくる》

「これはいまのスマホ文化に対するアンチメッセージでもあり、最高のメッセージでもあると私は思います。現代は、相手の言葉をじっくりかみしめたり、深く思って考えたりすることなく、連絡を取りたいときはSNSですぐにつながることができる。でも、それで本当に思いはつながっていると言えるのか。人間の根源的な心の通い合いってなんだろうか。そうした人生で大事なものを忘れていませんか?と、この絵本は問いかけている気がします。

 コロナ禍で会いたい人に会えず、つながりが薄くなったような錯覚に陥りますが、会えなくても、手紙などで思いを伝え、共有し、相手のことをじっくりと考えることはできます。むしろ時間や手間を掛けることで気持ちを思いめぐらせたり、深いところで気持ちを共有したりすることもできるようになる。そんなことも考えさせられました」

 柳田さんに、ぜひ書店に行って自ら絵本を探してほしいと、こう続ける。

「絵本を、人生のひとつの道案内役のようにして、週に1回、せめて月に1回でも書店に立ち寄って、あれこれ見てみてほしい。そうして選んだ一冊を、ゆっくりとページを繰りながら読み返してみてください。年に12冊、それを5年続ければ60冊。これは、一生の心の財産になります」

※女性セブン2021年4月8日号

あわせて読みたい

「少子化」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  2. 2

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  3. 3

    警鐘鳴らした当人が…医師会会長パーティ出席で謝罪内容に非難

    女性自身

    05月14日 08:34

  4. 4

    新型コロナワクチン接種。政治家が優先されるのはアリだけど、事前説明を徹底すべし

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月14日 08:17

  5. 5

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  6. 6

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  7. 7

    「希望者全員に毎月20万円の給付金を配れ」京大教授が訴える最強のコロナ対策

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:56

  8. 8

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  9. 9

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  10. 10

    発熱外来病院でみんなでランチの恐怖!県外移動さえしなければいいとの思い込み・・・

    かさこ

    05月14日 08:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。