記事

中国から見た米中露三国志

 香港紙『太陽報』の記事を『中国新聞網』が紹介していた「刘大可:中美俄三国演义,中国处境最不利」が興味深かったので、今日はこれについて少し。

1 記事の紹介

 最初にいつものとおり、記事を翻訳したものを簡単に紹介させていただきます。

 香港『太陽報』12月19日記事。中ロ関係は表面上は戦略的パートナーシップ関係にあるが、実際ロシアは米中の間を割こうといろいろ画策しており、両国の争いに乗じて漁夫の利を狙っている。

 報道によると、前のロシア戦略ロケット部隊参謀長は先日アメリカのペンタゴン、国務院関係者や国会議員と会見して、アメリカは中国の戦術核の開発を過小評価しないよう警告し、現在中国が1600から1800の核弾頭を保有していると公言した。

 記事ではまた、ロシアのプーチン大統領はアメリカのオバマ大統領が東側重点政策はロシア側である西方の圧力を軽減するので、ロシアにとって有利だとしている。参謀長の話も適当に述べたものではなく、アメリカに警告することのよって中国包囲、アジア回帰を促すものだ。

 当面ロシアはここ20年来、戦略的に最も良い時期を迎えている。欧米各国は金融危機に陥り、自分の事で精一杯で、ロシアの拡張を防ぐ力はない。英仏独各国は欧州債務危機で苦労しており、東欧への援助に二の足を踏んでいる。

 アメリカは景気後退と、イラク・アフガニスタンとの戦争の泥沼化で国力は疲弊しており、以前のようにウクライナ、グルジアなどのロシア周辺国家で革命支援を行うことができず、ロシアの地理的な政治圧力は大いに軽減している。

 最も重要なのは、アメリカは現在中国を最も主要な戦略の相手として、封じ込めを強めており、兵力をヨーロッパ・ロシア周辺からアジアまへ移動しているが、これにプーチンは乗じている。

 アメリカのアジア回帰は、中米ロの三角関係は微妙な変化を起こす。本来は米ロが主要な対立だったが、これが米中の対立がメインになり、ロシアはそれに乗じている。

 過去の一定の時間、米ロの関係は悪く、特にブッシュ(子)政権では、民主の名の下に、プーチンを批判した。ロシアを封じ込めるため、アメリカは色の革命を扇動し、ロシアと勢力圏を奪い合い、NATOの東方拡大を画策したり、ロシアへのミサイル防衛システムへの構築を進めた。

 オバマが大統領になってから、米中の対立が中心になったため、ロシアと新たな関係を構築した。ワシントンでは、ロシアは確かに殺傷力はあるが、短期的には、アメリカの覇権に挑戦しにくいと見ている。

 片や、中国は空を飛ぶ竜の様に、アメリカの最大の直接的な挑戦者になった。オバマはロシアとの関係修復に努め、軍をロシアの周辺から撤退させ、中国周辺に配置している。ロシアはこの機に乗じてEUへの浸食を始める。

 新しい中米ロの三国史演義の中で、中国は最も不利な位置にあり、アメリカと直接対峙している。背後には、両国に味方でないロシアが控えており、いつ暗闇から矢を射てくるかわからない。

2 個人的感想

 中国から見た世界情勢の分析という意味ではなかなか面白いものかと思いました。中国では伝統的にアメリカの覇権主義に対抗して多国間主義(多極化)を主張してきたわけですが、自分たちの国力が強くなるといつの間にか米中スーパー大国論なるものも出てきました(中国人のアメリカに対する敵対感情は増加?)。

 これはこれからの世界の主役は米中二国だというかなり奢った意見です。以前、中国の国力が弱かった時には、天安門事件後のアメリカからの人権批判に対する対応が典型ですが、「主権」や「内政干渉」を盾にウチにこもる対応を徹底しました。

 これは、鄧小平は今はアメリカと争う時期ではないので、アメリカに対抗しうる力を蓄えるべきだということを外交指針としていたことが原因ですが、それが徐々に変わってきたという話です(中国外交記事2題)。

 ロシアに対して中国は表向きは良好な関係を維持しているように見えますが、これはあくまで西側に対抗するための手段としてであり、かつての中ソ対立の歴史もあり、内心は両国とも信頼していないというのが本当のところかと思います。

 斯様に国際政治で必要なのは、騙しあいであったり、駆け引きであり、これはかつての三国時代から何も変わっておりません。

 他国との関係は利害関係でしかなく、大事なのはどこの国も自国の利益なので、相手を全面的に信頼するという発想は外交ではありえないと思っております。そういう意味で「信頼関係」や「友好」が大事だという意見にも私は基本的に賛同しかねます。

 必要なのは、如何に他国を味方につけるか、他国の嫌がることをするか、他国が欲しがっているものを取引材料として使うかといったことかと思っております。そうしたことを前提に、尖閣諸島・竹島の領土問題に当たるとともに、中国・韓国とも単なる「友好」ではない、駆け引き(外交)を展開してくれることを新政権には期待しております。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  3. 3

    菅さんは、小池さん並みにマスコミを上手に使えばいいのになあ

    早川忠孝

    05月09日 16:21

  4. 4

    お相撲さん→スーパーの店長→モデル→インドで人気俳優…元力士の波乱万丈すぎる人生

    文春オンライン

    05月09日 15:23

  5. 5

    驚愕のデータ!日本のコロナ感染拡大は空港検疫陽性者数とほぼ相関!なぜコロナを防げないのか?

    かさこ

    05月09日 08:19

  6. 6

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  7. 7

    小池都政DX戦略大失敗!急げ医療者へのワクチン接種

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    05月09日 21:10

  8. 8

    「遊びは富を生み出さない」の定義を変えたYouTuberのゲーム実況

    Dain

    05月09日 11:34

  9. 9

    会議中に「頭ごなしの反論」があったときの天才的な切り返し方

    PRESIDENT Online

    05月09日 14:29

  10. 10

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。