記事
  • S-MAX

秋吉 健のArcaic Singularity:モバイルはカメラとともに。スマホやケータイのカメラ機能が辿った進化と変遷を紐解き、今後に担う役割を考える【コラム】

1/2


携帯電話やスマホのカメラ機能について考えてみた!

みなさんはフィーチャーフォン(携帯電話)やスマートフォン(スマホ)でどのくらい写真を撮るでしょうか。筆者が普段スマホで撮るものと言えば、TwitterなどにUPする日常のスナップショットばかりで、何かの記念としての写真や「映え」を狙った写真はあまり撮る機会がありません。

世の中を見渡しても、現在はコロナ禍によって人との接触が減り、スマホのカメラ機能の利用シーンも随分減っているのではないかと思われます。しかしながら、そのような時代でもTwitterやInstagramを覗いてみれば、日々膨大な量の写真や動画がスマホから投稿され続けています。

これほど人々を惹きつけ続けるスマホのカメラ機能とは一体何なのか。私たちはどのように活用し、今後どのように進化していくのか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は携帯電話やスマホのカメラ機能にまつわる歴史や進化を紐解き、つらつらと書き綴ります。


日々の生活から記念日まで、携帯電話やスマホのカメラ機能は多くの人々の人生を彩っている

■写真で振り返る携帯電話のカメラ機能

はじめに携帯電話やスマホのカメラ機能の歴史を簡単に振り返ってみましょう。

日本初であり、世界初でもあったカメラ付き携帯電話と言えば、2000年に当時のJ-PHONEが発売したシャープ製「J-SH04」を思い浮かべる人も多いかと思います。しかしながら、PHS端末も含めるならば、1999年に当時のDDIポケットが発売した京セラ製「ビジュアルホン VP-210」が最初ということになります。

ビジュアルホン VP-210とJ-SH04のカメラに使われていた撮像素子は、いずれも約11万画素のCMOSセンサーです。画素数からして4800万画素や1億画素といった現在のスマホ向け撮像素子とは比較になりませんが、それでも「携帯電話で写真が撮れる」というだけでも革命的な出来事だったのです。

しかも、ビジュアルホン VP-210では静止画の撮影ができるだけでなく、1999年当時でありながらテレビ電話を可能にしていたのだから驚異的です。まさに「10年早かった技術」と言えます。


ビジュアルホン VP-210。カメラ機能はテレビ電話用として搭載されたためフロントにあり、端末にはスタンド機能も付いていた

J-SH04がすべての携帯電話とスマホのカメラ機能の祖として語られることが多い理由は、カメラの位置と用途にあります。

ビジュアルホン VP-210がテレビ電話用カメラとしてフロント位置に搭載していたのに対し、J-SH04では端末背面(リア)にカメラを設置。一般的なカメラのように、風景や友人などの撮影をメインに据えたカメラ機能でした。

その一方で、セルフィー(自撮り)でも使いやすいように大きめの凸面鏡をレンズ横に配置し、自分以外に友人と並んで撮影する際も画角を掴みやすいように工夫されていた点に、現在のカメラ付きスマホまで脈々と受け継がれてきた着眼点が見えます。

1990年代と言えば、女子高生を中心にプリクラ(プリント倶楽部)やその類似サービスが大流行した時代です。自分たちの写真を撮影してシールにして、携帯電話の裏や手帳に貼って持ち歩く姿こそが、カメラ付き携帯電話が誕生するきっかけであり原風景だったのです。


J-SH04。いわゆる「写メ」(写メール)はこの端末から始まった


J-SH04などと同じ11万画素のCMOSセンサーを持つ、京セラ製PHS「AH-K3001V」による撮影写真。当時はこんな酷い画質でも「写真が撮れる」というだけで小躍りするほど嬉しかった

その後は携帯電話の進化とともにカメラ機能や画質は驚異的な向上を見せ、ついにはコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)市場を脅かすほどの存在となります。

日本の携帯電話メーカーは、「Cyber-shotケータイ」や「EXILIMケータイ」など、次々とコンデジのブランド名を冠した携帯電話を発表します。実際の撮影画像はコンデジの画質には程遠いものでしたが、それでも「撮ってすぐに携帯電話で見られる」、「友人たちとその場で共有できる(写メで送れる)」といった圧倒的な利便性から高い支持を獲得します。


2000年代後半にもなると、日本の携帯電話の恐竜的進化はカメラ機能の強化という形で具現化されはじめていた


2007年発売のパナソニック モバイルコミュニケーションズ製携帯電話「P905i」の撮影写真。CMOSセンサーの画素数は約510万画素。携帯電話のカメラはわずか数年で驚異的な画質向上を見せた


P905iの画質は今のスマホと比べれば残念なレベルだが、11万画素のCMOSセンサーの時代からほんの数年でこのレベルに達したことは驚愕の一言だ

■写真を「撮る」時代から「遊ぶ」時代へ

携帯電話が「ガラパゴスケータイ」(ガラケー)などと呼ばれるほどの進化を遂げていた頃に登場したのがApple製「iPhone 3G」です。当時のiPhoneはガラケーと比較してもカメラ機能が弱く、当初は多くの人に見向きもされませんでしたが、アプリの導入によってさまざまなエフェクトを追加した写真が撮影できるなど、ガラケーにはない楽しさが多くありました。

そのため、写真をただ撮るだけではなく「加工して遊ぶ」という文化が生まれ始め、そのようなアプリも次々に登場します。この「アプリによって本来の機能にない楽しみ方ができる」ことこそが、ガラケーとスマホの最大の違いだったと言っても過言ではないでしょう。


2008年当時にiPhone 3Gで撮影した写真。アプリを導入することでさまざまなエフェクトを楽しめるのがiPhoneの魅力の1つだった

そしてiPhoneの後を追い、GoogleがOSとしてのAndroidとそのスマホを発表します。

このAndroidが、実はカメラ用のOSとして発案されていた、と言ったらみなさんは驚くでしょうか。

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  3. 3

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  4. 4

    スガ首相「要請」を「メドが立った」とすり替える ワクチン確保のお寒い現実

    田中龍作

    04月20日 08:43

  5. 5

    自民党内に“5月下旬に東京都に緊急事態宣言ならオリンピック開催は危うい”との見方も

    ABEMA TIMES

    04月20日 08:32

  6. 6

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  7. 7

    ここで出しゃばる財務省?!雇用調整助成金のコロナ特例見直しは正しいけど、財務省から言い出すのは…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月20日 08:19

  8. 8

    9月末までにワクチンのめどがついたのであれば根拠を示すべし

    大串博志

    04月20日 08:24

  9. 9

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  10. 10

    早稲田政経の入試で数学必須が話題に… “数学不要論”に天才数学者の答えは

    ABEMA TIMES

    04月19日 17:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。