記事

上白石萌歌、不安を受け止めてくれた“東京の母”の存在「すごく救われた」

●戦争かと思った渋谷スクランブル交差点

女優の上白石萌歌が、フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)のナレーション収録に臨んだ。担当したのは、3月28日・4月4日に2週にわたって放送される『新・上京物語』。料理経験のない18歳の青年・一摩(かずま)さんが北海道から初めて上京し、丸の内の有名レストランで働く姿を追った作品だ。

年齢が近く、自身も鹿児島から上京してきた上白石は、一摩さんの奮闘を見て、「すごく似ている部分が多いです」と共感したことを語る――。

『ザ・ノンフィクション』のナレーション収録を行った上白石萌歌

■自分の原点を探るような気持ちに

「私も初めて東京に降り立ったとき『こんな気持ちだったなあ』とか、思い出しながら読んでいました。私の上京は中学のときだったので、まだいろんなことが分からないじゃないですか。無知のほうが物怖じしなくて不安に思うことも少なかったので、今回の一摩さんは考えることも多くてきっと大変だろうなと思いました」という上白石。

「自分の上京したときを見ているような気持ちにもちょっとなりましたし、東京に出てくる前の仕事を始める前の気持ちをちょっと思い出したりとか、自分の原点を探るような気持ちにもなりました」と、初心を思い出して気を引き締める機会にもなったと話す。

一方で、何もかもが初めての新生活に戸惑う一摩さんに対し、「すごく不思議な気持ちで見ていました」という心境にも。

「背中をバシバシ叩いてあげたいと思いましたし、すごく分かるなっていうときもありましたし…。仕事場で言われた言葉って、ずっと引きずっちゃうこともあるじゃないですか。そういうものが積み重なって心がしんどくなってしまうことがあるのも分かるんです。だから、自分と重ね合わせたり、背中を押してあげてたくなったりという不思議な立場でしたね」

東京スカイツリーの見える浅草を歩く一摩さん (C)フジテレビ

■言葉のイントネーションだけで「心にくるものが違う」

今回の一摩さんにとって東京の印象的な景色は、前編サブタイトルの『~煙突とスカイツリーと僕の夢~』にある通り「東京スカイツリー」だが、上白石にとっては「渋谷スクランブル交差点」だった。

「やっぱり強烈でした。向こう側の陣営と、こっち側の陣営で何か起こる“戦争”みたいだなと思って(笑)。どうやっても相手の陣営に勝てない気がして、人の圧をすごく感じた記憶があります」

さらに、「最初上京してくるときは、誰しも希望に燃えていると思うんですけど、実際にやって来て自分の住むところに身を置いたり、出会う人たちといろんな話をしていくうちに、自分の理想と違っていたり、自分がいかに甘く考えていたかということを思い知る瞬間が私にもあったので、(ナレーションを)読んでいてすごく気持ちが分かりましたね」と共感した。

そんな不安を受け止めてくれるのが、一摩さんの場合は勤務先である「レストラン大宮」の大宮勝雄シェフだが、上白石にとっては「親戚が東京の美容院で働いていて、その方が“東京の母”みたいな存在なんです」とのこと。

「同じ鹿児島出身で、地元の言葉で励ましてくれて、自粛期間中もすごく気にかけてくれたんです。言葉のイントネーションだけでやっぱり心にくるものが違くて、すごく救われた部分もありますね。その存在が大きくて、ここまで続けてこられたということもあります」と明かしてくれた。

また、「何か大きなことが決まったときはすぐ両親に電話しますし、大きなことを決めようとするときは必ず故郷の人たちの顔が浮かびます」と距離は遠いながら、家族なども大きな支えになっているようだ。

●印象に残る「もっと恥をかきなさい」

「レストラン大宮」で働く一摩さん (C)フジテレビ

番組の中では、一摩さんや大宮シェフから様々な印象的な言葉が飛び出すが、上白石の心に一番響いたのは、レストラン大宮の先輩・七久保さんが、一摩さんに食材の包丁さばきを指導するときにかけた「オレンジの気持ちになるんだよ」だ。

「食材を扱うっていう作業がどれだけ大変なのかということが分かりましたし、食材と話し合って毎日料理を作ってらっしゃるんだろうなというのが、すごく分かりました。これは七久保先輩の名言ですね」

一方で、自身がもらって印象に残っている言葉には、ある作品で演出家からかけられた「もっと恥をかきなさい」という言葉を挙げた。「この役難しいな、自分が解放できてないなと思っているときに言われて、すごく残っています」と、役者としての糧になっているそうだ。

■ナレーションで意識する「寄り添うこと」

これまでも、数多くの番組でナレーションの仕事をしてきたが、「普段お芝居をやらせていただいている身としてできることは何かと考えたときに、やっぱり寄り添うことだったり、心情を代弁して読むことだったりするのかなと思うんです。モノローグ的なところは残しながらも、感情になるべく寄り添うように、でも映像の邪魔をしないようにというポジションを探ったつもりです」という意識で臨んだそう。

その上で、「ブースのちょっと隔たれている感じも好きだし(笑)、やっぱり映像が面白いので、それに声を当てていくのはすごく楽しいですね」といい、「声って生モノだし、ちょっとのことでニュアンスが変わったりするので、そこは指導してくださるスタッフさんを信じてやっています」と信頼を寄せていた。

●上白石萌歌
2000年生まれ、鹿児島県出身。11年、第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞し、デビュー。以降、テレビ、映画、舞台、「adieu」名義での音楽活動など幅広く活躍。18年『羊と鋼の森』で第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。主な出演作に、ゲスト声優を務めた『劇場版ポケットモンスター ココ』(20年)、ドラマ『義母と娘のブルース』(18年)、『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(19年)、『教場II』(21年)など。21年夏には主演映画『子供はわかってあげない』の公開を控えている。

あわせて読みたい

「上白石萌歌」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  2. 2

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  3. 3

    新型コロナ対策、政府はいったい何を間違えたのか

    田原総一朗

    05月14日 16:34

  4. 4

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  5. 5

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  6. 6

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  7. 7

    中止・延期・無観客のツケを払うのは国民 東京五輪反対論に安易に乗れない理由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    05月14日 12:42

  8. 8

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  9. 9

    インド型の変異株 国内初となる市中感染を確認

    ABEMA TIMES

    05月14日 17:34

  10. 10

    いま富裕層がタワマンには目もくれず、「地方の一軒家」を建て始めたワケ

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。