記事

10万円給付金問題 来年度予算が成立 ここから10万円給付金議論は本番を迎える

[画像をブログで見る]

本日、来年度予算案が可決・成立

本日、来年度予算案が成立した。

総額106兆6000億円規模の過去最大となる予算である。

そのなかには、新型コロナウイルス対策の予備費5兆円も盛り込まれているが、緊急事態宣言が長引いた影響もあり、当初予算案には現金給付策や更なる経済対策費が計上されていない

つまり、今回成立した予算案では現金給付、追加の経済対策を求める人たちにとっては不十分だということだ。これは与野党の国会議員の多くも認めているところである。

そのため、政府与党関係者と議論しているなかでも、来年度予算案が成立したら補正予算を組まないといけない、という声は少なからず上がっている。

10万円給付金問題は初めから、当初予算ではなく、補正予算を編成して議論していくべきだと申し上げてきたが、いよいよその段階へ移行することになる。

これからが議論の本番なので、飽きずに引き続き政治へ注目いただきたい。

10万円給付金問題を追求し続ける筆者のもとには、生活相談とともに「給付金はいつ出るのですか?」「給付金は本当に出るのですか?」という質問が続いている。

緊急事態宣言が予想以上に長引いたため、各世帯の家計に継続的なダメージがある。

そのため、SNS上で一律給付金を求める声が止むことはないし、むしろ、その声は新しい人たちを巻き込んで広がっている。

新年度の準備に大きな出費があったり、新年度に請求がある見込みの税や保険料の支払いに不安も尽きない。

早速、わかりやすい形で始まるのは今年5月ごろの自動車税である。

昨年の特別定額給付金の使途も、税の支払い、と回答した方は多く、今年もその工面に頭を抱える方は多くいることだろう。

地方都市では、公共交通機関が未整備のため、自動車は一人一台、という環境でもある。

まさに、人々の足として不可欠な生活資源である。

来年度補正予算編成の議論を急いで実施し、市民感覚、生活感覚に沿った形で、各種緊急一時的な減税や大規模な現金給付策を検討いただきたい。

何度も繰り返しになるが、Go Toキャンペーンなど観光刺激策を優先している場合ではなく、真に必要な政策は家計への直接的な支援、家計支出を軽減する支援であることは強調しておきたい。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「予算委員会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  5. 5

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  8. 8

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  9. 9

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

  10. 10

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。