記事
  • ロイター

中銀デジタル通貨が作る決済システム、世界の標準になる可能性=日銀理事


[東京 26日 ロイター] - 日銀の内田眞一理事は26日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する連絡協議会の開会あいさつで「将来、CBDCを1つの要素とする決済システムが世界のスタンダードとなる可能性は相応にある」と指摘した。CBDCの設計には決済の主要な担い手である民間事業者との「密接な対話」が必要だと語った。

日銀はCBDCについて、政府や民間事業者との連絡協議会を立ち上げ、同日に初会合を開いた。日銀は現時点でCBDCを発行する計画はないものの、昨年10月に取り組み方針を発表して実証実験に向けた準備を進めてきた。日銀は協議会で、4月に第1段階の実証実験を始める予定だと説明した。

日銀が公表した説明資料によると、第1段階の実証実験は来年3月までの1年間を想定。日銀当座預金と引き換えに行うCBDCの発行、仲介機関からの払い出し、ユーザー間の移転、ユーザーから仲介機関への受け入れ、日銀への還収といったCBDCの基本的な機能を中心に検証する。

取引を記録する台帳について、運営を日銀が行うのか仲介機関が行うのか、金銭データにIDを付与するかしないかによって3パターンの基本設計を構築し、相互に比較検討する。

日銀は第1段階の実証実験の目的が達成され次第、オフラインでの決済など追加的な機能の実現可能性を検証する第2段階の実証実験に移行する。さらに必要と判断すれば、民間事業者や消費者が実地に参加する形でのパイロット実験を行うことの要否を検討する。

さらに、民間事業者や法律の専門家、関係当局などと協力して、CBDCの保有額や利用限度額、付利の考え方など制度面での検討も進める方針。

<現金・他の決済手段との共存模索>

内田理事は、協議会の開会あいさつで、データの利用範囲をプライバシーとの関係でどのように決めていくかは各国がデジタル社会と向き合っていく際の基本的なルールだとも指摘。今後のCBDCの具体的なデザインに「大きく影響してくる」と述べた。

一方で、現在も現金が物理的に「適度に不便」であることが預金やその他の決済サービスとの適切なすみ分けを可能にし、全体として便利さと安全性のバランスが図られているとし、「CBDCのある世界においても、こうした役割分担は必須だ」と語った。

協議会のメンバーは全国銀行協会、電子決済等代行事業者協会、フィンテック協会などの団体のほか、金融庁の政策立案総括審議官、財務省の理財局担当審議官、日銀の決済機構局長で構成。次回は9月以降の開催を予定している。

(和田崇彦 編集:内田慎一)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  4. 4

    東京五輪で沈黙…小池都知事に「全然、都民ファーストじゃない」 豊田真由子氏「片棒を担いだと思われたくないので、反対の世論を見て振る舞いを変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  5. 5

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  6. 6

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  7. 7

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  8. 8

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    「自粛疲れ」や「我慢の限界」ではなく「無意味な感染対策」に気づいた賢い国民たち

    かさこ

    05月04日 08:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。