記事
  • ロイター
  • 2021年03月26日 19:20 (配信日時 03月26日 23:46)

独IFO業況指数、3月は約2年ぶり高水準 工業製品の需要好調


[ベルリン 26日 ロイター] - 独IFO経済研究所が26日発表した3月の業況指数は96.6と2019年6月以来の高水準となった。新型コロナウイルスの感染拡大とロックダウン(都市封鎖)の中でも工業製品の需要が好調だった。

ロイターがまとめたアナリスト予想の93.2を上回った。2月は92.7(改定値)だった。

IFOのクレメンス・フュースト所長は声明で、新型コロナの感染が拡大しているにもかかわらず景況感は高水準と指摘した。

現況指数は93.0と市場予想の91.3を上回った。

期待指数は100.4、予想は95.0だった。

IFOによると、ドイツ製品の需要は高水準で、製造業が上向いていることを示している。製造業の楽観度は2010年11月以降で最高だった。ロックダウンで相対的に大きな影響を受けたサービス業も、回復の初期の兆候が見られるという。

IFOのエコノミスト、クラウス・ボールラーベ氏は製造業・非製造業ともに景気が著しく改善したとし、製造業は中国と米国の力強い需要により「爆発的に」伸びていると指摘した。

新型コロナ禍で最も大きな打撃を受けている小売業も明らかに上向いていると指摘。第1・四半期の独国内総生産(GDP)は0.7%減少する可能性が高いとの見方を示した。

LBBWのチーフエコノミストは「素晴らしいサプライズ」だとし「背景には世界経済の回復と、ワクチン接種が進展するという見通しがある」と述べた。

キャピタルエコノミクスの首席欧州エコノミストは、「ワクチン接種が成人のほぼ半分に達すれば年央には大半のコロナ規制を政府は終了すると依然見込んでいる」と指摘。その上で「そうなれば国内経済は第3・四半期から回復し、おそらく2022年序盤にはコロナ禍前の水準に戻る最初のユーロ圏大規模経済国となる」との見通しを示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  4. 4

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  7. 7

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  8. 8

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  9. 9

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  10. 10

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。