記事
  • 女性自身

日韓戦のラフプレーに批判殺到…流血選手に韓国ファンも謝罪


3月25日に日産スタジアムで行われたサッカー日本代表と韓国代表による親善試合内での、ラフプレーが物議をかもしている。

試合は前半17分に山根視来選手(27)が先制点を奪うと、続く前半27分に鎌田大地選手(24)もゴール。後半38分には遠藤航選手(28)がダメ押しの3点目を決めて、日本代表が3-0で勝利した。

各メディアによると試合後の取材で、日本代表キャプテンの吉田麻也選手(32)は今回の勝利について「1つ結果を出せて良かったなと思います」と語っていた。

“ライバル”である韓国に8年ぶりに完勝した日本だが、その後味は決していいと言えるものではなかった。

それは試合終盤の後半22分ごろ、韓国の攻撃中に、ボールから十メートルほど離れたところで起こった。突如、韓国のミッドフィルダーであるイ・ドンジュン選手(24)が腕を振り上げ、背後にいた日本のディフェンダー・冨安健洋選手(22)顔面に直撃。結果、冨安選手は口から流血し、一時的にピッチを離れる事態となったのだ。

日本中のサッカーファンから、冨安選手を案じる声のほかに、ボールに絡まない場面でのラフプレーに

《かなり悪質》《さすがにこれはない》
といった非難の声が続出した。

この行為は韓国内でも大きな話題となり、『スポーツ朝鮮』は「試合にも負け、マナーでも負けた」と韓国代表を批判。そして、被害者である冨安選手に対しても、謝罪する声が相次いでいるという。

「実は冨安選手のインスタグラムに、韓国の方から送られたと思われるメッセージがたくさん届いています。『私は韓国人ですが、今回の事を深く謝罪します』や『very sorry for your injury.』といった、韓国代表に代わってラフプレーで流血させてしまったことを謝っていました」(スポーツ紙記者)

試合翌日の3月26日、冨安選手はインスタグラムを更新。

《相手選手からの肘打ちの件ですが試合中には起こり得ることで、彼が故意的にやった事ではないと信じています。もうすでに謝罪のメッセージも受け取っていますし、大きな問題にはならない事を願っています!》
と心境を明かしていた。

あわせて読みたい

「サッカー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  4. 4

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  5. 5

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  6. 6

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  7. 7

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  8. 8

    吉村知事よ、北新地の悲鳴を聞け!「もう今が限界ですわ。お店も言うこときかなくなってくる」

    NEWSポストセブン

    05月09日 08:44

  9. 9

    驚愕のデータ!日本のコロナ感染拡大は空港検疫陽性者数とほぼ相関!なぜコロナを防げないのか?

    かさこ

    05月09日 08:19

  10. 10

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。