記事

「どこか似通っている」陰謀論とポジティブ・シンキングはなぜ似てしまうのか

1/2

書店に行くと、「なりたい自分」になるための「ソリューション」や「極意」を謳う、いわゆる自己啓発書がずらりと並んでいる。読書会「闇の自己啓発会」のメンバーである江永泉と木澤佐登志によれば、そこには昨今の「陰謀論」とも通ずる、「世界全体を一つの原理のもとへと単純化する」ニーズが見いだせるという――。

ドナルド・トランプ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/BluIz60

「自己啓発」の変遷

書店に赴くと、「社会人」になろうとするひとや、「社会人」になったひと向けだとされる、さまざまな本が平積みになっています。サプリメントや栄養ドリンク、「清潔感」に必要なあれこれの用品のごとく、ちょっと足を運べば買えるところに、それらはあります。

それらのタイトルや帯には、「超」、「最強」、「ソリューション」、「極意」、「方法」、「法則」、「分析」、「力」、「助言」、「教え」、「気づく」、「ラクになる」、「身につく」、「これさえあれば」等々……といった文字列が頻出します。

それだけでなく、どこかで大事だと言われていた気がする熟語やカタカナ語や英語、もし解けたならば全てが上手くいきそうな問いかけ、じゃっかん命令じみている断言、……といった、読んだひとを「なりたい自分」にさせる効能があると主張する様々な惹句が踊っています。

そして、いかにも苦労を耐えしのいで勝ち抜いてきたのであろうと想像させる、「深み」の滲む人物の写真で、本の帯や表紙が飾られていたりします。

これらの本は、一般に「自己啓発書」と呼ばれています。どうやら「ビジネス」や「生き方」や「スピリチュアル」や「就活」の棚に置いてある本なども含めて、そのように一括りにする場合があるようです。しかし、「自己啓発」とは、一体なにを意味しているのでしょうか。

400万部以上売れた『脳内革命』(1995年)

社会学者の牧野智和によれば、当初この言葉は、高度経済成長期下の労務管理の文脈において現れたといいます。ですが、その後「自己啓発」という言葉は、時代の変遷とともに意味もまた変化していきました。

春山茂雄『脳内革命』(サンマーク出版)
春山茂雄『脳内革命』(サンマーク出版)

たとえば1980年代には、ニューエイジ文化(占星術的観点から、魚座の時代が終わり、水瓶座の時代が来て、人類が真実に目覚めると期待されたらしいです)と結びつき、「精神世界の探求」といった文脈で用いられることが多くなりました。また、1990年代になると、より学問的な装いをまとう形で内面、つまり「心」がかつてないほど注目され、心理学者がマスメディアに登場して発言するようになります。

それと呼応するように、深層意識に隠された「ほんとうの自分」を明らかにしてくれると主張する心理テスト読み物が流行り、さらにそこから進んで、自分自身の「変革」を促す書籍が1990年代半ば頃からベストセラー入りしてくるようになります。その分水嶺として牧野の挙げる本が春山茂雄『脳内革命』(1995年)で、これは400万部以上売れたといいます。

こうして1990年代以降の自己啓発書は、定型化された技法やプログラムによって、自己の内面を変革ないしはコントロールすることが可能である、と謳うようになります(なお、以上を記述するにあたって、牧野智和『自己啓発の時代』(2012年)と牧野智和「自己啓発」(『現代思想』2019年5月臨時増刊号所収)を主に参照させていただきました)。

牧野智和『自己啓発の時代』(勁草書房)
牧野智和『自己啓発の時代』(勁草書房)

実は、このほかにも色々な文脈があります。これから触れる「ポジティブ・シンキング」を擁する欧米の文脈だけではなく、日本の文脈だけでも多様です。

例えば橋本左内『啓発録』といった幕末の人生訓があったり(吉田松陰の遺著『留魂録』でも言及される左内はその政論でも知られています)、あるいは今日のCSR(企業の社会的責任)の文脈で参照されもする石田梅岩をはじめ、いわゆる「通俗道徳」の担い手と言えるであろう、様々な近世思想家の著述があったりもするようです(ちなみにこの「通俗道徳」を論じ、近世民衆思想をピックアップした代表的な思想史家が、安丸良夫です)。が、話が壮大になって収拾がつかなくなるため、日本での変遷はいったん結びます。

ドナルド・トランプのポジティブ・シンキング

さて、現代において「自己啓発」書を愛読しており、なおかつ、そこに記されたメソッドを強烈な仕方で実践してみせた著名人として、私たちはドナルド・トランプを挙げることができるかと思います。

長年マスメディアを騒がせてきた、文字通りの傍若無人な振る舞いは、ある意味で内面の徹底的な(反)コントロール、つまりは内心の徹底的な野放し(のポーズ)に貫かれていたようにも、遠目からは映ります(実際のところが、どうであったのかは、これからいっそう検証されていくことでしょう)。

トランプは若い頃から、ポジティブ・シンキングの唱道者で毀誉褒貶の大きい牧師、ノーマン・ヴィンセント・ピールに学び、著作『積極的考え方の力』(原著は1952年)を熱心に愛読してきたとされます。ポジティブ・シンキングとは、乱暴に一言でまとめれば「強い思考やイマジネーションはものごとの原因となる」という考え方です。

ノーマン・ヴィンセント・ピール『積極的考え方の力』(ダイヤモンド社)
ノーマン・ヴィンセント・ピール『積極的考え方の力』(ダイヤモンド社)

身も蓋もなく言うと、強く願えば、それはいつか必ず実現するということです。それだけならありがちな根性論にも思えますが、ここに具体的な自己暗示の方法などが混ざっていくと、何でもポジティブに捉えて、「願いに近づいてよかった」と考えるように強いる、悪しき風潮の下地にもなります(ひょっとすると、アメリカ版の「通俗道徳」を考える上で、重要な人物のひとりがピールなのかもしれません)。

紛らわしい用語などがあるので、補足します。ポジティブ・シンキングは、今日の心理学とはあまり関係がありません。それどころか、ポジティブ心理学の提唱者のマーティン・セリグマンは、(各々の着想のルーツには類似を多少なりと認めつつも)ピールの著作を批判しています。

むしろ、ピールの著述と関連するのは『思考は現実化する』という邦題の著作(原著は1937年)で知られるナポレオン・ヒルなどの、いわゆる成功哲学です。これらは一般に、19世紀アメリカのニューソート運動(ある種のスピリチュアリズム)の影響下にあるものとされます。例えば一般に「引き寄せの法則(Law of Atruction)」といったアイディアが知られていると思いますが、その淵源はこの思潮にあるようです。

話がオカルトめいてきたと思われるかもしれませんが、実際そうです。『トランプ時代の魔術とオカルトパワー』(2020年)の著者、ゲイリー・ラックマンは、トランプの常に揺るがない「勝利」への自信の背後に、彼が若い頃から心酔していたポジティブ・シンキングの影響を読み取っています。

ゲイリー・ラックマン『トランプ時代の魔術とオカルトパワー』(ヒカルランド)
ゲイリー・ラックマン『トランプ時代の魔術とオカルトパワー』(ヒカルランド)

例えばトランプは1987年に発表した自伝のなかで「わたしは負けず嫌いで、勝つためには法の許す範囲ならほとんど何でもすることを隠しはしない」とすら述べていたみたいです。このような「勝利」への執念には、何か尋常ならざるものが感じられます。

ちなみに自伝にも登場する弁護士、ロイ・コーンが若き日のトランプに与えた影響も、よく指摘されるところです。そのコーンは1981年に発表した著作のうちで、『マタイによる福音書』を引きながら、概ねこのような話を述べていたそうです。

 

柔和な人々は[幸いであり、その人たちは]大地を受け継ぐ、と言われる[……]しかし私の経験上、柔和な人々が受け継げるのは、自分たちを早晩に葬るための地面だけだ。

晩年には法曹資格を剥奪された悪名高き人物、コーンに学んだ姿勢と、ポジティブ・シンキングによる心構えとの組合せは、おそろしい効果を発揮した、とまとめうるのかもしれません。

自己啓発と陰謀論が重なるとき

ともあれ、ポジティブ・シンキングに根ざした自己啓発書は、私たちが思うことは必ず現実になるし、そのことに例外はひとつもない(ただし努力すれば)とするジェームズ・アレン『原因と結果の法則』(原著は1903年)など、今日でも盛んに翻訳され、書店に並んでいます。

ジェームズ・アレン『原因と結果の法則』(サンマーク出版)
ジェームズ・アレン『原因と結果の法則』(サンマーク出版)

ただの精神論なら騙されまいと思うかもしれませんが、例えば実用的なテクニックの開陳と合わせて主義主張を語られていたりすると、実績があり、信頼できる人の話ならばと、つい真に受けたくもなってしまうものです。

それを真に受けて、少なくともある程度は、「うまくいく」ように映る人も出てきてしまうことが、話をややこしくします。だから、実際の効能とは別の観点から捉えてみましょう。例えば、形式。自己啓発書はどういう形式で、なぜ需要があるのでしょう。

自己啓発書には、そのメッセージの受け手(読者)と同時に、送り手(著者)が常に必要です。自己啓発書が氾濫する時代とは、目標とするべき、規範となる自己のあり方や生き方を断定し、そこへ向けて読者を導いていくようなメッセージが大量に発信・消費されるような時代なのではないでしょうか。

「世界全体を一つの原理のもとへと単純化する」

さきほど触れた牧野智和『自己啓発の時代』では、こうした情況から、現実、というよりこの世界全体を一つの原理のもとに単純化してくれるようなメッセージと、それを断定的に与えてくれる権威へのニーズの、現代における、かつてない高まりを看取しています(牧野前掲書73頁)。

この指摘は示唆的です。というのも、「世界全体を一つの原理のもとに単純化してくれるようなメッセージ」へのニーズの高まりは、ある意味で、近年における陰謀論に対するニーズの高まりとも相同関係にあるように思えるからです。というのも、陰謀論こそ「世界全体を一つの原理のもとへと単純化する」ニーズ(ここでは欲求または欲望)に支えられた、最たるものでしょうから。

アレックス・アベラ『ランド:世界を支配した研究所』(文藝春秋)
アレックス・アベラ『ランド:世界を支配した研究所』(文藝春秋)

単純化のニーズ。それはおそらく、アレックス・アベラの著作『合理の兵士:ランド研究所とアメリカ帝国の勃興[Soldiers of Reason:The RAND Corporation and the Rise of the American Empire]』(原著は2008年)を、同年に『ランド:世界を支配した研究所』という邦題で売り出したくなるような状況、そこで無視できないものとしてあるような、とあるニーズのことです。ここにある単純化を、理解の拙速さと解するだけでは見失われるであろう思い。――それは、透明性の希求です。何が何をして、どうなったのかを知ろうとする願望です。

要するに、陰謀論のニーズとは、不確実な謎ではなく確実な説明なのです。隠された秘密ではなく、知らなかった原理が求められているのです。まさしく、自己啓発さながら、「これさえあれば」、身近な困りごとや気になるニュースの原因がわかり、対策ができる。そういう知が欲されているのです。

あわせて読みたい

「陰謀論」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  5. 5

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  6. 6

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  9. 9

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  10. 10

    通常国会 説明不足のまま問答無用で閉会した菅政権に苦言

    大串博志

    06月17日 08:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。