記事
  • ロイター

中国経済、21年の東アジア・太平洋地域の回復主導=世銀


[26日 ロイター] - 世界銀行は26日、2021年の東アジア・太平洋地域の成長率は7.4%になるとの予測を示した。中国経済が8.1%拡大し、同地域の景気回復をけん引するとの見通しを示した。

中国を除くと東アジア・太平洋地域の21年成長率は4.4%にとどまる見通し。20年のマイナス3.7%からは回復するが、長期平均は下回る。

ベトナム経済も好調が見込まれており、21年成長率は6.6%と予想。20年は2.9%だった。中国とベトナムは新型コロナウイルス危機の影響が比較的小さく、20年に景気後退(リセッション)入りしなかった。

世銀は、各国の経済成長は「新型コロナウイルスの封じ込めや国際貿易の回復を生かせるかどうか、そして、政府の財政・金融支援の能力に左右される」と説明した。

「米国の大規模景気刺激策などに支えられた世界経済の回復は、モノの貿易を再び活性化させ、平均で1%ポイント成長を押し上げる可能性がある」と指摘。「ただ、世界の観光業は、2023年までパンデミック(世界的大流行)前の水準を下回り、観光業に依存した経済の回復は遅れる」との見方を示した。

「ワクチン接種の成功、パンデミックの早期終息、大規模な政策改革と新技術の普及」により、想定以上の成長が期待できるとしている。

一方、新型コロナ封じ込めが遅れれば、経済活動が予想以上に悪化し、感染力や致死率が高い新たな変異株が出現するリスクが高まるとした。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  2. 2

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  3. 3

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  4. 4

    ワクチン2回接種で変異株は抑えられる?横浜市立大学の研究結果に医師「安心」

    中村ゆきつぐ

    05月13日 08:47

  5. 5

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  6. 6

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  7. 7

    新車供給追いつかず中古自動車の需要が急伸 アメリカ自動車業界の「ないものねだり」

    ヒロ

    05月13日 10:52

  8. 8

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  9. 9

    後手に回る水際対策。オリパラに配慮?精神論と楽観論と悲観論が入り交じる意思決定

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月13日 09:05

  10. 10

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。