記事
  • ロイター
  • 2021年03月26日 03:10 (配信日時 03月26日 03:07)

米コロナ対策、より効果的なら40万人の命救えた=研究論文


[ワシントン 25日 ロイター] - 米国は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に対し、より効果的な公衆衛生対策を進めていたら40万人近くの命を救い、経済支援が必要な人を支えながらも財政支出を数千億ドル抑えられた。米有力シンクタンク、ブルッキングス研究所が実施した今週の会議で公表された一連の研究論文は、米国が新型コロナ対策で資金と命をともに無駄にしたと指摘した。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校のアトケソン教授(経済学)は論文で、昨年5月までにマスクの着用やソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)、検査を徹底していれば、死者数は30万人以下に抑えられたと述べた。米国の死者数は54万人。最終的な死者数は約67万人と試算した。

カリフォルニア大学バークレー校のローマー教授(経済学)は政府が導入した大規模な財政刺激策について、より効果的に対象を絞ることができたと指摘。これまでの5兆ドル規模の支援策によって財政危機に陥ることはないものの、給与保護プログラム(PPP)などに資金を投じたために優先すべき投資が先送りされるとの懸念を示した。

「失業保険手当や公衆衛生対策に関する支出はまさに必要だった」とする一方、各世帯への現金支給といった他の対策は「効果がなく無駄だった」と指摘。「打撃を最も受けた人たちにとって大した助けにならなかった現金支給に1兆ドルを投じたことで、向こう数年間インフラや気候変動対策に充てる1兆ドルを失ったのであれば、米国は非常に損をした」との見解を示した。

別途、ミネアポリス地区連銀の研究員、クリスタ・ルッフィーニ氏らは財政政策について、個人の所得と支出を支え大方目的通りの効果があったと述べた一方、改善する余地もあるとした。例としてPPPの効果はまちまちだったり食糧援助は食品価格の上昇を勘案していなかったと指摘した。今の目標は、今後同様の危機が起きた際に効果的な対策を打つために今回有効だった対策を見極めることだとした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    日経平均2万8000円割れ:識者はこうみる

    ロイター

    06月21日 11:44

  5. 5

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  6. 6

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  7. 7

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  8. 8

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  9. 9

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  10. 10

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。