記事
  • ロイター

米GDP確報値、第4四半期は4.3%増 改定値からやや上方修正


[ワシントン 25日 ロイター] - 米商務省が25日に発表した2020年第4・四半期の実質国内総生産(GDP)確報値(季節調整済み)は、年率換算で前期比4.3%増と、改定値の4.1%増からやや上方修正された。

第3・四半期は33.4%増加していた。米経済は新型コロナウイルス感染再拡大や財政刺激策策定の遅延などで20年は終盤にかけて失速。ただ21年第1・四半期の成長率は最大7.5%になると予想されているほか、21年通年の成長率は7%を超えるとみられている。実際に達成されれば、1984年以来の高成長となる。

モノ作り産業は6.1%増。建設やコンピューター・電子製品、金属加工品の製造が支えとなった。サービス業は、金融・保険、医療・社会扶助、専門・科学・技術サービスなどがけん引して4.9%増加。一方、宿泊・飲食サービス、公益、教育サービスは減少した。政府関連も1.1%落ち込んだ。

企業利益は314億ドル減少。前四半期は4996億ドル増加していた。通年では1302億ドル減。昨年は76億ドルの伸びだった。

オックスフォード・エコノミクスの米国担当主任エコノミスト、リディア・バウサー氏は「企業の収益が顕著に回復し、マージンが十分に支えられる中、企業利益は伸びる余地が大いにある」と指摘。「公衆衛生環境の改善やワクチン配布の拡大、手厚い財政出動が成長を強力に後押しする」と予想した。

*情報を追加します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  2. 2

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  3. 3

    新型コロナ対策、政府はいったい何を間違えたのか

    田原総一朗

    05月14日 16:34

  4. 4

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  5. 5

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  6. 6

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  7. 7

    中止・延期・無観客のツケを払うのは国民 東京五輪反対論に安易に乗れない理由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    05月14日 12:42

  8. 8

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  9. 9

    インド型の変異株 国内初となる市中感染を確認

    ABEMA TIMES

    05月14日 17:34

  10. 10

    いま富裕層がタワマンには目もくれず、「地方の一軒家」を建て始めたワケ

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。