記事

父親の事故死に“嬉し涙”も…解放されても残る教育虐待のトラウマ「自分の名前を見る度に父を思い出すので本名を変えたい」

1/2

 今年1月、ある殺人事件の判決が大きな注目を浴びた。罪に問われたのは、実の母親を殺害した桐生のぞみ被告(34歳)。医師になってほしいという母の願いを受け、9年ものあいだ医学部を目指していた最中に起きた事件だった。共同通信によると、裁判官は「同情の余地がある」と一審より5年短い懲役10年を言い渡した。

【映像】被害者語る「教育虐待」

 この判決にネットでは「教育虐待」という言葉が駆け巡った。教育虐待とは、強制的な勉強や過干渉など子どもの気持ちや意見を無視した行為を指す。実際に教育による虐待被害を訴える声は少なくない。

「『良い大学に行け』と小学校の受験を受けさせられた」
「3歳からやりたくもないピアノや水泳、それに英会話」
「進路は全て父が決めた」

 エスカレートすれば、「殺しちゃうんじゃないかって怖くなる」と親への憎しみの声も。『ABEMA Prime』は実際にこのツイートを投稿した女性に話を聞いた。今月、高校を卒業したばかりの彼女だが、その裏で母親から教育虐待を受け続けていたという。「塾にすごく行かされたのは覚えていて、私が勉強していないと機嫌悪くなったり。高校は進学校、大学は医学系の一番いいところに行って欲しいというのと、最終的には臨床検査技師になって欲しいというところまで言われた」と話す。

 母親自身も医師になりたいという夢を金銭的な理由で断念し、その夢を娘に押し付けたという。県内でトップクラスの進学校に合格してからも、友達と会うことは制限され、自宅では常に見張られての勉強だった。


 「いつも死んで欲しいと思っていたし、殺す夢とかは何回も見た。お母さんを殺してしまったら逮捕されたりとか、自分の人生が狂ってしまうと考えて思いとどまっていた」

 ストレスから摂食障害に陥るなど、その心は限界寸前だった。彼女は母の望む大学進学を拒否し、この4月から就職。家を出ることを考えているそうだ。自分のやりたいことができるという期待がある一方、「心の中でどこか支配されてしまったり、お母さんの顔がよぎってしまったりするんじゃないかっていう恐怖もある」という。

■「死んでくれないかなってずっと思っていた」

 教育虐待で多いのは親の言いつけに支配されるケースだ。教師をしていた父親に毎日暴力をふるわれ、勉強する生活だったというえにこさん。「『良い大学に入って、俺みたいに立派な小学校教師のような良い仕事に就きなさい』『立派な人間になりなさい』と言われていた。勉強していなかったり、進路のことや親の言うことを聞かないと、説教部屋に連れていかれて殴られていた」と明かす。


 携帯電話には両親と実家しか登録することを許されず、友人と遊ぶことも制限され、常に支配下に置かれた生活が続いた。結果、えにこさんは17歳でうつ病になった。

 「自分から殺しはできないけど、死んでくれないかなって、ずっと思っていた。心の中では殺していた」

 そんな経験をしたからこそ、えにこさんは「今教育虐待で困っている人、悲しい思いをしている人たちに伝えたいのが、本当にその環境から逃げてほしい。逃げる方法を知ってほしいということ。逃げたらこんなに心が軽くなって、人生の選択肢が増えると教えてあげたい」と訴える。

 時に命を奪う事件にまで発展する教育虐待。子どもはどこまで親の言うことを聞くべきなのか、親は子どもにどう向き合うべきなのか。

あわせて読みたい

「教育虐待」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  2. 2

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  3. 3

    新型コロナ対策、政府はいったい何を間違えたのか

    田原総一朗

    05月14日 16:34

  4. 4

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  5. 5

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  6. 6

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  7. 7

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  8. 8

    中止・延期・無観客のツケを払うのは国民 東京五輪反対論に安易に乗れない理由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    05月14日 12:42

  9. 9

    インド型の変異株 国内初となる市中感染を確認

    ABEMA TIMES

    05月14日 17:34

  10. 10

    いま富裕層がタワマンには目もくれず、「地方の一軒家」を建て始めたワケ

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。