記事

総務省接待問題に見る、日本政治の「緊張感のなさ」

田原総一朗です。

菅首相の長男が勤務する東北新社が、総務省官僚に対して39回も接待を行っていたことが大問題になっている。

これは明らかな国家公務員倫理規定違反だ。

さらに、2016年10月、東北新社がBSチャンネル「ザ・シネマ4K」の事業認定を申請した際、株式の外資比率が20.75%だったことがわかった。

衛星放送事業は総務省の認定が必要であり、放送法によって議決権のある株式の外資比率が20%未満であることが条件となっている。

しかし、東北新社は20%未満と申請し、2017年1月に事業認定を受けていた。

東北新社側は、これを「計算違いだった」と釈明。

2017年8月に判明した時点で、総務省の担当者にすぐ報告したと言っているが、この官僚は国会で「記憶にない」と証言した。

いったいどちらが本当なのか。

いずれにしても認可は取り消されず、17年10月、東北新社は違法状態を解消するため、「ザ・シネマ4K」を子会社に承継した。

東北新社による総務省接待問題から外資比率問題が浮かび上がり、問題化した今年3月、ようやく「ザ・シネマ4K」の認可が取り消された。

総務省問題はこれにとどまらなかった。

NTTによる接待問題も浮かびあがったのだ。

官僚だけでなく、歴代総務大臣、野田聖子氏、高市早苗氏、そして現職の武田良太郎総務大臣も接待に応じていた。

野田氏は「接待という認識はない」として、以前からの友人だったなどと釈明している。

高市氏もまた自分の代金は出しているなどと説明。

武田大臣も「1万円支払った」としているが、やましいことがないなら、なぜこれまで隠していたのだろう。

武田大臣はこの事実を3月18日になってやっと公表した。

それにしても、NTTによる接待に応じないと、総務大臣が続けられない理由でもあるのか。

いったいなぜ日本の政治は、こんなにも緊張感を失ったのか。いくつかの要因があると思う。

「政治主導」という御旗のもと、2014年に内閣人事局が設けられた。

人事を内閣に握られた官僚は、おのずと政治家におもねる。

それができない官僚は次々と左遷される、あるいは辞めていった。

また、かつての自民党政権時代には党内に現政権に対抗する反主流があり、事実上の党内「政権交代」があった。

しかし安倍一強から菅政権に続く現在、政権にNOを言う政治家はまずいない。

これは明らかに執行部に逆らえば当選できない、小選挙区制の影響だ。

東大生の国家公務員志望者が激減しているという。

度重なる不祥事を見て、 「官僚として国をよくする」という夢を持てないのだろう。これは深刻な事態である。

政治と官僚とのあり方を徹底的に考えねばならない時が来ている。

あわせて読みたい

「総務省の接待問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    過去のことでも…芸能界を震撼させたマリエの「実名枕営業告白」

    渡邉裕二

    04月22日 08:06

  2. 2

    大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由

    東龍

    04月21日 17:27

  3. 3

    キャンプ場にも出没か 「教え魔」が後を絶たないワケ

    御田寺圭

    04月22日 11:10

  4. 4

    与野党ともにしれっと通したい「国家公務員定年延長法案」、山積する問題点を見逃すな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月22日 09:37

  5. 5

    無症状者のPCR検査を止めれば「緊急事態宣言」は無用

    自由人

    04月22日 08:53

  6. 6

    原告側の敗訴となった慰安婦訴訟 日韓関係に変化をもたらすか

    ヒロ

    04月22日 10:37

  7. 7

    伊是名夏子さん騒動で、政党(社民党)はもう本気で黙っていた方がいい理由

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月21日 09:46

  8. 8

    厚労省がファイザーワクチン接種後の感染率を初めて開示

    青山まさゆき

    04月22日 12:19

  9. 9

    米感染症専門家「コロナは空気感染する」 打つ手なしの日本

    田中龍作

    04月22日 14:52

  10. 10

    パチンコ人口が1年で200万人減って813万人に! 禁煙化、コロナと厳しい状況続く

    キャリコネニュース

    04月22日 10:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。