記事

「公務員はダメだけど政治家には必要だと思う」 “会食”の必要性に橋下徹氏

1/2

 20日のABEMA『NewsBAR橋下』に慶應義塾大学法学部に在籍しながら雑誌『CanCam』の専属モデルとしても活躍するトラウデン直美がゲスト出演し、「政治家や官僚の接待・会食問題」をテーマに橋下徹氏と議論した。

【映像】飲みニケーションはいる?いらない?

 飲み会で会社の同僚などとの仲を深める、いわゆる“飲みニケーション”。これを取引先や関係者などと行う場合について橋下氏は「民間は公平にせず気に入ったところとやればいいけど、行政の場合はそうはいかない。それだったら公平性を考えて、飲みニケーションは基本的にはなし」と指摘。

 一方で政治家の飲みニケーションはありだとし、「こう言うと『なんで公務員はダメで政治家はいいんだ』と批判を受けるんだけど、(自分の考えが)古いのかな。有権者の感覚や情、雰囲気を汲み取るのが政治家だと思っているから、飲食は必要なのかなと思っている」との考えを示す。



 これにトラウデンは「一般の視点が必要というのは確かにそう思うが、政治家の方々が会う“一般の方”は一般の感覚を持っている方ではないと、勝手な印象だが思ってしまう。業界の人だったり富豪の方だったりとか、それで一般の感覚がわかるのかなって正直思ってしまう」と疑問を呈する。

 橋下氏によれば、「『最後にここは頼む』という話をする時には、酒の力を借りるしかないと思うことがある。一般の人からすれば通用しないだろうし、『なんで酒の力が必要なんだ』と言われるが、8年の短い政治経験から言うと、最後のところの酒の雰囲気は必要だなと思ってしまう」のだという。続けて、自身の政治家時代のエピソードを振り返った。

 「公務員はプロフェッショナルで、数字や根拠、論理、理屈とかの理の世界だから、そこは酒の(席の)話ではない。実際に僕が大阪府知事、大阪市長だった時に上がってくる案件は、副知事と副市長までは細かい数字で揉める。大阪で新しい鉄道をひいたり、大規模な開発をJR大阪駅の北側でやっているが、これは数字ですごく揉めていた。でも、最後は僕と松井さんで焼き鳥を食べながら『橋下さん、折半でいこう。折半で』『折半にしましょう』と。それで決まって動いていく。焼酎を飲みながらずっといろんな話をして、『折半しかないわな』と」

 この話にトラウデンが「スピード感のためには必要なのかな」と話すと、橋下氏は「数字を詰めていっても永遠に決まらない。良いか悪いかは別にして、政治家はそういう役割なのかな」と述べた。

あわせて読みたい

「総務省の接待問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  3. 3

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  4. 4

    「先の大戦時の戦術と重なり合う」 宝島社が企業広告で投げかけた日本の政策への疑問

    BLOGOS しらべる部

    05月11日 20:24

  5. 5

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  6. 6

    東京オリンピック2021を開催するため最低限の案

    西村博之/ひろゆき

    05月11日 20:34

  7. 7

    「原稿が違う」質問と噛み合わない菅首相に野党抗議 #国会騒然 がSNSで話題に

    BLOGOS しらべる部

    05月11日 21:23

  8. 8

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  9. 9

    看護師や女子高生の盗撮を15年間続けた医師 撮りためた動画は驚愕の3.63テラバイト

    阿曽山大噴火

    05月11日 08:08

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。