記事

「公務員はダメだけど政治家には必要だと思う」 “会食”の必要性に橋下徹氏

1/2

 20日のABEMA『NewsBAR橋下』に慶應義塾大学法学部に在籍しながら雑誌『CanCam』の専属モデルとしても活躍するトラウデン直美がゲスト出演し、「政治家や官僚の接待・会食問題」をテーマに橋下徹氏と議論した。

【映像】飲みニケーションはいる?いらない?

 飲み会で会社の同僚などとの仲を深める、いわゆる“飲みニケーション”。これを取引先や関係者などと行う場合について橋下氏は「民間は公平にせず気に入ったところとやればいいけど、行政の場合はそうはいかない。それだったら公平性を考えて、飲みニケーションは基本的にはなし」と指摘。

 一方で政治家の飲みニケーションはありだとし、「こう言うと『なんで公務員はダメで政治家はいいんだ』と批判を受けるんだけど、(自分の考えが)古いのかな。有権者の感覚や情、雰囲気を汲み取るのが政治家だと思っているから、飲食は必要なのかなと思っている」との考えを示す。



 これにトラウデンは「一般の視点が必要というのは確かにそう思うが、政治家の方々が会う“一般の方”は一般の感覚を持っている方ではないと、勝手な印象だが思ってしまう。業界の人だったり富豪の方だったりとか、それで一般の感覚がわかるのかなって正直思ってしまう」と疑問を呈する。

 橋下氏によれば、「『最後にここは頼む』という話をする時には、酒の力を借りるしかないと思うことがある。一般の人からすれば通用しないだろうし、『なんで酒の力が必要なんだ』と言われるが、8年の短い政治経験から言うと、最後のところの酒の雰囲気は必要だなと思ってしまう」のだという。続けて、自身の政治家時代のエピソードを振り返った。

 「公務員はプロフェッショナルで、数字や根拠、論理、理屈とかの理の世界だから、そこは酒の(席の)話ではない。実際に僕が大阪府知事、大阪市長だった時に上がってくる案件は、副知事と副市長までは細かい数字で揉める。大阪で新しい鉄道をひいたり、大規模な開発をJR大阪駅の北側でやっているが、これは数字ですごく揉めていた。でも、最後は僕と松井さんで焼き鳥を食べながら『橋下さん、折半でいこう。折半で』『折半にしましょう』と。それで決まって動いていく。焼酎を飲みながらずっといろんな話をして、『折半しかないわな』と」

 この話にトラウデンが「スピード感のためには必要なのかな」と話すと、橋下氏は「数字を詰めていっても永遠に決まらない。良いか悪いかは別にして、政治家はそういう役割なのかな」と述べた。

あわせて読みたい

「総務省の接待問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  2. 2

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  3. 3

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  4. 4

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  5. 5

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  6. 6

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  7. 7

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

  8. 8

    24枚ににじむ小室圭さんの“悔しさ”  ネガティブなイメージは払拭されるのか

    文春オンライン

    04月10日 13:56

  9. 9

    「日本で働くから英語は要らない…」これからノーチャンスになる人の根本的勘違い

    PRESIDENT Online

    04月10日 11:43

  10. 10

    【ウォルマート】、戦友マクドナルドと決別!コロナ禍でそれぞれの成長ベクトルが乖離?

    後藤文俊

    04月10日 09:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。