記事
  • ロイター
  • 2021年03月25日 13:05 (配信日時 03月25日 14:20)

米SECがSPAC上場の調査に着手、金融機関に情報要求=関係筋


[ニューヨーク/ワシントン 24日 ロイター] - 米証券取引委員会(SEC)が「ブランクチェック(白紙小切手)」企業と呼ばれる特別買収目的会社(SPAC)を活用した上場の急増に関して調査に着手し、リスク管理がどのように行われているのかの情報を金融機関に求めている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

SECは最近、米金融機関に書簡を送り、SPACとの取引について情報を求めた。未公開企業は上場するSPACと合併することで、従来型の新規株式公開(IPO)は行わずに短期間で上場できる。

関係筋によると、SECの書簡は金融機関に任意の情報提供を求めており、正式な調査に関する要請ではないという。

ただ、関係筋の1人は、書簡を送ったのはSECの法執行部門であるため、正式な調査の前触れである可能性を示していると述べた。

同筋は、SECが金融機関に、SPAC案件の引受手数料や取扱件数、内部管理体制について情報を求めたと語った。別の関係筋は、コンプライアンス(法令順守)や報告義務についても質問があったとした。

SECからコメントは得られていない。

リフィニティブのデータによると、未公開企業とSPACの年初からの合併の総額は1700億ドルと、昨年全体の1570億ドルを上回った。

SPAC経由の上場が盛り上がる一因は新型コロナウイルス禍の世界的な緩和マネーの膨張だ。さらに、新興企業はSPACとの合併を通じて上場すれば、通常のIPO審査を受けずに済むという利点がある。

ただ、投資家と規制当局は警戒感を強めつつあり、SECは今月、著名人の関与に基づいてSPACへの投資を決めないよう注意喚起し、SPACの開示情報や「構造的」問題に細心の注意を払っていると強調した。

スタンフォード大学によると、2021年第1四半期にSPACと合併した8社に対して投資家が訴訟を提起した。SPACとそのスポンサーが合併前に問題点を隠していたと指摘する訴訟も含まれている。

関係者の1人は、SECはSPACが買収前に十分なデューデリジェンス(資産査定)を行っているかや、スポンサーが合併で得る巨額の利益を投資家に完全に開示しているかについて懸念している可能性があると述べた。

SPACの上場から買収先を発表するまでの期間にインサイダー取引のリスクが高まることについても不安視している可能性があると別の関係者は語った。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  4. 4

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  5. 5

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  6. 6

    調布の地上被害は「陥没・空洞」だけではない リニア大深度工事への波及は必至

    郷原信郎

    06月17日 09:49

  7. 7

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  8. 8

    通常国会 説明不足のまま問答無用で閉会した菅政権に苦言

    大串博志

    06月17日 08:23

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。