記事

「仕事は"こなす"ものではない」実業家渋沢栄一が習慣にした8つの事

1/2

歴史好きとして知られるお笑い芸人のビビる大木さんは、悩みがあるとき、渋沢栄一の言葉に励まされるという。大木さんと対談した論語塾講師の安岡定子さんは「渋沢栄一の考え方の基本には、『人間の本性は善である』という孔子の教えがある」と指摘する――。(後編/全2回)

芸人のビビる大木さん - 撮影=大沢尚芳

「お笑い界の中間管理職」に響いた言葉

【ビビる大木】渋沢栄一の考え方の根本には、世のため人のためという信念がありました。その信念と生き方は、渋沢さんが「もっとも欠点の少ない教訓」と呼んだ『論語』に由来していると安岡先生に教えていただきました。渋沢さんは生涯、孔子の言葉に励まされ、勇気づけられて91歳という長い人生を走り抜いたわけです。

一方、僕は今46歳。お笑い界の中間管理職的存在です。大物先輩芸人と大勢の後輩芸人に挟まれて、これまで何を成し遂げたのか、これからどう生きるのかと悩みはつきません。渋沢さんは僕の年齢の頃は、すでに多くの会社を設立して大活躍されていた。渋沢さんの著作を読んでみて、今度は僕が渋沢さんの言葉に励まされ、勇気づけられました。

【安岡定子】『論語』に裏付けられた渋沢さんの言葉ですね。どんな言葉が印象に残りましたか。

【大木】「人間は不平等である。しかし、天から見れば、人間は皆同じである」という言葉があります。渋沢さんの生家はお金持ちで、学べる環境もあり、ご本人も生来優秀だったと思いますが、人間は生まれる場所を選べません。だから生まれによって差があるのは当然ですが、同時に人間は皆同じであるとは、どういうことかな、と。

【安岡】大木さんは、どんな風にお考えですか。

【大木】例えば、誰でも1日24時間、同じ時間を与えられている。それをどう使うかは自分次第で、それぞれが自分で考えて、世のため人のため、そして自分のために有効に使おうということかなと思います。

よき習慣とよき教えで差はついてしまう

【安岡】いいところに着目されました。『論語』に「教え有りて類無し」、「性、相近し。習い、相遠し」という言葉があります。前者は、人間は生まれたときはすべて平等で、どんな教育を受けたか、どんな人物に出会って影響を受けたかによって変わってくる、後者は、生まれた後の習慣で差が出てくるという意味です。よき習慣とよき教えで差がつくというのが孔子の考え方ですね。

【大木】結構いいセンいってましたね(笑)。要は毎日の地道な努力の積み重ねが大事ということですか。

【安岡】そう思います。「人間の能力なんて、そんなに差なんかありゃせんわ。だから努力や習慣が大事なんだ」というのが、私の祖父の安岡正篤の口癖でした(笑)。

「性善説」という言葉は孟子の言葉として有名ですが、「人間の本性は善である」というのが孔子の根本的な考え方です。『論語』で最も多く語られている徳の概念に「仁」があります。「仁」とは人間愛にまつわるさまざまな要素を包括した最も大切な徳義のこと。人には生まれながらに「仁」が備わっているが、普段はそのことを忘れ、「仁」は隠れている。毎日努力を積み重ね、8つの徳を身につけていくことで、大いなる徳義「仁」が表に現われ「仁者」、つまり君子になるというイメージです。

正義、知恵、親孝行…君子になるための道

【大木】徳にも序列があるんですね。君子になるために身につけるべき8つの徳とは何でしょうか。

【安岡】仁(思いやり)、義(正義)、礼(礼儀、礼節)、智(知恵)、恕(まごころ)、信(信頼)、孝(親孝行)、悌(長幼の序)です。ちょっとまぎらわしいのですが、ここでいう「仁」は、いわば「スモール仁」で、狭い意味の仁。それに対して先ほど述べた「仁」は「ラージ仁」で、8つの徳目をすべて含んだ一段ランクの高い徳というイメージです。この考え方は私の恩師に教えていただきました。

論語塾講師の安岡定子さん - 撮影=大沢尚芳

【大木】いやあ、面白い。孔子は2500年前に自分1人でその考えにたどりついたのでしょうか。

【安岡】孔子は、いろいろな先生のところに行って話を聞いたり、書物を読んだりして猛勉強したようですが、いまのところ、私はこの先生の弟子だったと語っている記録は見つかっていませんね。

「知るより好く、好くより楽しむ」の本当の意味

【大木】僕は幕末史と同じくらいプロレスも好きなのですが、ジャイアント馬場さんが全日本プロレスのモットーとしていた「明るく、楽しく、激しく」を座右の銘にしています。

それとよく似ている渋沢さんの言葉が「知るより好く、好くより楽しむ。楽しむになると、困難にあっても挫折しない」。これも『論語』の言葉ですか。

【安岡】『論語』に「之を知る者はこれを好む者に如かず。之を好む者は之を楽しむ者に如かず」とあります。知っている人より好きになった人の方が優れていて、楽しんでいる人はもっと優れている。「知って好きになって楽しむ」ホップ・ステップ・ジャンプの三段跳びみたいなものと思っていましたが、最近、少し考えを変えました。

【大木】字は一緒ですけれど、「楽しむ」と「楽をする」は違います。楽しむところまで到達するのは、実は難しいことかもしれませんね。

【安岡】好きにとどまらず、その先を目指すには、つらい練習に耐えるなど、がんばりが必要です。その苦労を乗り越えたときの達成感や喜びが楽しさにつながるところもありますね。

2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞された大村智先生にお会いしたとき、「何度やっても実験がうまくいかないときや、自分の学説がうまく証明できないとき、次はどうやろうかと考えるのが実は一番楽しかった。その繰り返しだった」とおっしゃっていました。この境地ですね。

【大木】楽しいと感じるところまで到達する過程で、努力する、がんばるという姿勢も身につけられるということですか。深いですね。

気づけば仕事を「こなしている」だけ…そんなときは

【大木】「『慣れること』に慣れてはいけない」という言葉も、日々の仕事の中で僕が心がけていることです。ある程度キャリアを重ねると、気づかないうちに仕事を「こなしている」自分を発見することがあるからです。

【安岡】停滞してはいけない。当たり前のように同じことを繰り返してはいけないということですね。どうしたらそれを避けられるのでしょうか。

【大木】そういうとき、僕は「こなすのではなく、乗り越えるという感覚で仕事をしよう」と思うようにしています。


安岡 定子『渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語』(プレジデント社)

【安岡】『論語』に「君子は上達し、小人は下達す」という言葉があります。言葉のとおり、君子は一日一日と高い所を目指して向上し、小人は一日一日と低い所へと下落していく。向かう所が逆なので、初めはわずかな違いだったものが、いつの間にか大きく差がついてしまう。だから、少しずつでも日々新たな気持ちで高みを目指さなくてはいけないという意味です。

以前、恩師に「もう十分。このまま維持したいという選択肢はないのでしょうか」とうかがうと、「生き方には上か下かしかありません。人によって歩む速度が速い遅いの違いはあるけれど、ひとたび努力することをやめてしまえば、結果として後退してしまうのです」と厳しいお言葉をいただきました。

今、大木さんがおっしゃった「乗り越えるという感覚」は正しい考え方だと思います。そもそも大木さんのようなお仕事は、変化のスピードがとても速いのではないですか。

あわせて読みたい

「渋沢栄一」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  4. 4

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  5. 5

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  6. 6

    調布の地上被害は「陥没・空洞」だけではない リニア大深度工事への波及は必至

    郷原信郎

    06月17日 09:49

  7. 7

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  8. 8

    通常国会 説明不足のまま問答無用で閉会した菅政権に苦言

    大串博志

    06月17日 08:23

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。