記事
  • ロイター
  • 2021年03月25日 09:05 (配信日時 03月25日 09:03)

スエズ運河、座礁した大型船の離礁作業続く 往来なお遮断


[カイロ 24日 ロイター] - 世界の海上輸送の要衝であるエジプトのスエズ運河で大型コンテナ船が座礁し、運河を塞いでいる問題で、24日時点でタグボート10隻が離礁作業にあたっているが、依然として他の船舶が往来できない状態は続いている。

スエズ運河当局によると、23日午前に座礁したのは全長400メートルの「エバーギブン」。強風と砂嵐によって操舵不能に陥ったことが原因とみられる。

エバーギブンの技術管理を行うべルンハルト・シュルテ・シップマネージメント(BSM)は、乗組員に負傷者は出ておらず、座礁による海洋汚染の報告もないと説明した。

BSMによると、同船は日本の正栄汽船が所有し、台湾の長栄海運(エバーグリーン・マリン)がリースしている。

ドバイが拠点の海運事業者GACは先に、エバーギブンの一部が浮き始めたと明らかにしたが、この情報は不正確だったと説明。24日午後の時点でも離礁作業は続いていると明らかにした。

スエズ運河は欧州とアジアを結ぶ最短航路で、世界のコンテナ輸送貨物の約30%が毎日ここを通過して運ばれる。

スエズ運河当局が掲載した画像によると、エバーギブンは運河を斜めにふさいでおり、周りではタグボートや掘削機が作業にあたっている。

当局者によると、天候が許せば、船を動かす作業は夜まで続く可能性がある。

スエズ運河当局の責任者は地元メディアに対し、船の遅延に対する補償を検討していると語った。

関係筋によると、現時点でエバーギブンの北方には少なくとも30隻、南方には3隻の船舶が通航を待っているほか、運河の南・北側入り口近辺でも数十隻の船舶が進入待ちとなっているもよう。

また、石油分析会社の情報では、約1300万バレルの石油を積載したタンカー10隻の運航に影響が及ぶ恐れがある。

情報分析会社Kplerによると、24日時点でLNGタンカー5隻がスエズ運河を通航できない状態にある。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  3. 3

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  4. 4

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  7. 7

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  8. 8

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  9. 9

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。