記事

世代交代は一瞬。

どんな世界でも「主役が変わる」タイミングはある。そしてそれは一瞬の出来事だったりもする。

首都圏緊急事態宣言下、最後の週末となった中央競馬の開催で起きた出来事。

土曜日、阪神競馬場で10回騎乗して5勝、日曜日、中京競馬場で11回騎乗して6勝。

合計11勝の固め打ちで、混戦模様だった日本人リーディングから頭一つ抜け出した松山弘平騎手がまさにその主役だった。

松山騎手と言えば、昨年もこの時期、ドバイに振り回されたルメール騎手や他の日本人上位騎手を横目に勝ち星を積み重ね、歴史的牝馬無敗三冠の第一歩を踏み出したのはまだ記憶に新しいところ。

k-houmu-sensi2005.hatenablog.com

その後は、他の先輩ジョッキーたちの巻き返しもあって、デアリングタクトでのGⅠ2勝こそあるものの、どちらかと言えば尻すぼみ感もあったりしたのだが、それでも堂々127勝。

今年も、出だしこそ何となくもたつき加減のように見えたが、それでもヒシイグアスで中山金杯、中山記念と重賞タイトルを奪い、勝ち星も今週末の量産で39勝まで伸びた。

この週末だけ見てもほぼ全レースに騎乗、11勝のうち10頭が3番人気以内と、騎乗機会にも乗り馬にも恵まれているのは確かだが、それ以上に本人が「乗れている」のは間違いないところで、長年、武豊騎手を筆頭に、福永騎手、川田騎手と同世代競争を勝ち抜いたプレイヤーたちが長年存在感を発揮して上位を独占していたこの世界で、遂に世代の壁をぶち破ってくれそうな予感がする*1

もちろん、大一番になれば、先に挙げた”看板”日本人騎手たちに加え、ルメール騎手も当然主役に入ってくるし、騎乗機会は少なくとも大舞台では輝く池添、浜中、ミルコ・デムーロといった往年の名騎手たちとも戦わないといけないから、まだまだ「名実ともにトップ騎手」の域に辿り着くまでには一山ふた山あるとは思うのだけど、潮目が変わるとしたらこのシーズンではないかな、という予感はする。

そして「馬」に目を移せば、ここに来て俄然存在感を発揮しだしているのが種牡馬・モーリスである。

思えば2歳戦の出だしでは、人気を集めながらも「期待外れ」となるケースが多かったし、結果的に獲得賞金では同じ新種牡馬のドゥラメンテに、重賞タイトルでも同じく新種牡馬のミッキーアイルに一歩先を行かれる形になっていたのだが、年が変わってからは、年明け早々にシンザン記念で初重賞勝利。さらにこのクラシックトライアルシーズンになって、シゲルピンクルビー、ルークズネストという重賞勝ち馬を次々と送り出してサイヤーランキング10位以内を確保。

自分たちの世代にとっては、競馬場を自分の血一色で染め、「その前のトップサイヤーはどの馬だったっけ?」と思い出すことすら難しくさせたサンデーサイレンス(とその第1世代の子供たち)のインパクトが強すぎるから、その後、どれだけ”後釜”の種牡馬が出てきても、何となく”薄い”印象になってしまうし(ディープインパクトが種牡馬として出てきた時もその印象は変わらなかった)、モーリスだって、そういった過去の「新主役」たちが歩んだ道からそんなに踏み出しているわけではない。

ただ、父系を遡った時に出てくるのが、スクリーンヒーロー、グラスワンダー、Silver Hawkという異能の系統だったり、母父にカーネギーが入っていたり、と、これまで20年以上日本の競馬場を席捲してきた主流派血脈からは、ちょっと距離を置いた血筋だったりもするだけに、何かをひっくり返せるとしたらこの馬しかないだろう、という予感もする。

騎手と同様、「次の主役」と期待を集め始めてからが本当の「壁」にぶち当たることも多いのがこの世界の常で、ブレイクするなら一気にいかないと・・・というところではあるのだけれど、これまた今年のうちに、どこかのタイミングで血の爆発があるのかないのか。

シーズンが終わった時に「変化」を感じるのか、それとも「今年もやっぱり上位が強かった」になるのか、今の時点では何とも分からないところはあるが、今のところは何となく前者を期待しつつ、来週からの「解禁」幕開けシーズンを楽しみに待ちたいと思っている。

*1:残念ながら、その裏で武豊騎手がゲートで負傷し、春のGⅠシーズンが危うくなるような危機に瀕していたりもするのだが・・・。

あわせて読みたい

「競馬」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  3. 3

    日米首脳会談 バイデン大統領と菅首相は実は中国問題で決裂か

    NEWSポストセブン

    04月18日 08:55

  4. 4

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  5. 5

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  6. 6

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  7. 7

    日米首脳会談 新時代に向けて日米同盟深化による世界的な共同事業とは

    赤池 まさあき

    04月18日 08:10

  8. 8

    「#二次加害を見過ごさない」私が毎日納豆を食べる理由 - アルテイシア

    幻冬舎plus

    04月18日 10:20

  9. 9

    新疆ウイグル人権問題 関与が疑われる「日本企業14社」の苦慮

    NEWSポストセブン

    04月17日 16:02

  10. 10

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。