記事

語源から読む日・米・仏の職業観

そうか昨年、こんな記事を書いたのか。

なるほどあえて理由を語るなら、今もこんなとこかな。
でもその後、私の信念はもう少しぶっ飛んで、

  • そもそも人生に意義や目的はない
  • それでも求めてしまうのは現代人の贅沢病にすぎない

こんな私が自分の言葉で語ると、迷い人を突き放しちゃう(苦笑)
だから職業観について、働くことの語源から話を進めると、

画像を見る

言葉の持つ意味は、日本と欧米ではっきり明暗が分かれる。。
アダムとイブが禁断の果実を食べた「罰」として与えられたのが労働。
こうしたキリスト教の世界観から「拷問」とひもづけされてるのかな。
若者向けのアンケートにこんなのがある。

画像を見る

欧米では苦痛と引き替えの仕事だから「収入」重視がダントツ?
こうして見ていくと日本の職業観はちょっと違う雰囲気。
たぶん日本人はお金のためだけの仕事じゃ物足りないんだ。

江戸時代には、どんなに「カセギ(稼ぎ)」がいい人でも、 村の一大事に駆けつけて「ツトメ(共同体への貢献)」を果たさなきゃ、 一人前の大人として周囲から認められなかった。
時代は下り、1977年出版の山本七平「日本資本主義の精神」では、

仕事は純経済的な行為ではなく、一種の精神的充足を求める行為

日本人にとって仕事の報酬は働きがいそのもの、と指摘がされている。
もちろん哲学者気取りでお金をバカにするのは単なるひねくれ者だよ。

経済的な自立が強固になるにつれて、勤務のほうにもますます励みがつき、学問と教育の職業を道楽化して、いよいよ面白く、人一倍に働いたものである。
---本多静六「私の財産告白」P38

今の日本にはグローバルなイメージが氾濫する一方で、ローカルなイメージが絶望的に不足していると思うんだ。
私たちは日本を語る勇気を失い、歴史・文化の面影を見失っている。
人生に悩んだら日本を振り返る瞬間があってもいいのでは?

というわけで、こんな本が読みやすくておすすめだよ。

リンク先を見る 人生に悩んだら「日本史」に聞こう
~幸せの種は歴史の中にある

(2011/06/15)
ひすいこたろう/白駒妃登美
商品詳細を見る

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  2. 2

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  3. 3

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  4. 4

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  5. 5

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  6. 6

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  7. 7

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  8. 8

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  9. 9

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

  10. 10

    都議選2021の争点は「表現の自由」が熱い!東京都の不健全図書指定について、具体的な改善策を提起する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月17日 10:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。