記事
  • SmartFLASH

両親が遺した “ボロ実家” レンタルで「月収30万円」の実例も…コスプレ撮影会に需要あり


写真右が、青山さんが貸しているレンタルスペース。奥は母屋で、青山さんが生活している

 両親が遺した実家を相続する。いつかやってくる未来だが、都心の一等地でもない限り、その使い道は二束三文で売るか、潰して駐車場にするぐらい……。だが、面倒だから “放置” という手は、厳禁だ。

「全国的に空き家が増加していることが問題視され、2015年に『空き家対策特別措置法』が施行されました。この法律は、空き家を適正に管理する義務を果たさない所有者に対し、市区町村が助言、勧告、指導や命令を出すことができるというもの。

 しかし、家の解体にもお金がかかります。親が遺した資産価値の低い “負動産” を、どうすればいいのかという相談が増えています」(不動産関係者)

 似た悩みを抱えた末に、“時間貸しレンタル” という方法を選んだ女性がいる。

「借金をしてまでアパートを建てようとは思えませんでしたし、民泊は、『民泊新法』による厳しい規制があるようだったのであきらめました」

 そう語るのは、東京・西東京市の田無駅から徒歩13分、築50年の平屋「あおさや」を時間貸ししている、オーナーの青山りえこさん(53)だ。

「ここは、祖父母が暮らしていた実家の離れなんです。私は、すぐ隣の母屋に家族と住んでいます。父の介護をしながら仕事ができればと考えていたこともあり、2019年から挑戦しました」

 青山さんは、オーナーと借り手をつなぐ「スペースマーケット」というサービスを利用している。利用者はスペースマーケットのサイトから、借りたいスペースを予約し、決済をおこなう。

「オーナーの方からは利用があった場合のみ、弊社が手数料として30%をいただいています。たとえば、利用者が1万円を払うと、弊社が3000円を受け取り、オーナーの方は7000円の収入となります」(スペースマーケット広報担当者)

「あおさや」には、畳の二間に、小さな台所がついている。ひときわ目につくのが、現在ではほとんど見ることができなくなった長火鉢。置物にも歴史を感じさせるものが多く、まさに “昭和” である。

「私にとっては当たり前の空間も、若い人たちにとっては違う。この前も利用者の女のコが『私、畳にこたつがある風景に憧れていたんです!』と言っていました。そういう時代になったんですね(笑)」(青山さん・以下同)

 利用料金は平日1時間3000円からで、最低利用時間は4時間。ほかにも、長火鉢を利用したせんべい焼き体験や、かき氷作り、着物のレンタルと着付けなど、青山さんが独自に提供しているオプションも豊富だ。

「利用目的で、もっとも多いのが撮影会。なかでもコスプレですね。最初のお客様がそうで『あっ、こういう利用者さんがいるのか』と驚いたのを覚えています。利用者は女性が9割で、いわゆる女子会も多いですよ。有名ユーチューバーの方が、撮影で利用されたこともあります」

 気になるのは売り上げだが……。

「コロナ禍以前は、週に3~4日ほどの予約があり、月の売り上げは30万円くらい。家賃は当然かからないし、出費といえば、固定資産税と修繕費のための積み立てくらい。DIYが好きなので、ちょっとしたことなら自分で直します。なので、売り上げのほとんどは手元に残ります」

 だがコロナ禍になり、予約がゼロの月も出たという。

「今は、最大利用者数を6名に制限しています。一人でボーッと過ごすために利用する経営者の方など、新たな利用方法も生まれています」


町田さんが運営する「春皐園」。母屋は築120年の歴史があり、町田家自体も、平安時代より脈々と続く家だという

 続いては、東武東上線の坂戸駅(埼玉県)から車で8分ほどの「春皐園」。まず驚かされるのが、その広さである。代表の町田康寛さん(28)が語る。

「宅地だけで1000坪。裏の田んぼ、離れの畑を入れたら3000坪になります。都内から離れた場所ですが、車で来ていただいています」

 当初は、民泊として貸し出していたという。

「海外の方がおもな利用者だったのですが、1階が宿泊所、2階が家族の居住スペースなので、多少抵抗があったんです。そこで、2年半ほど前からスペース貸しに切り替えました」(町田さん・以下同)

 なにしろ1階だけで50畳近くの広さ。部屋を区切っての利用も可能で、利用方法はさまざまだ(最低利用時間は3時間、1時間2000円から)。

「今なら、『鬼滅の刃』などのコスプレ撮影会が多いですね。来てくださった方がリピーターとなって、今では全国から来ていただいています。撮影会に続くのが、同窓会やママ友の集まりです。

 利用者は女性が7割で、年齢層は20~30代が中心ですね。また、地域のイベントにも利用してもらっています。その場合は敷地全部を使ってキッチンカーを入れたり、バーベキューをやったり。裏庭の竹林を利用して、“流しそうめん” をしたこともあります」

 町田さんは会社勤めをしているため、営業は土日限定だ。それでも、月の売り上げが30万円を超えたこともある。

「もともと、『固定資産税ぶんにでもなれば』くらいに思っていたのですが、やり始めてから、いろんな需要があることがわかり驚きました。歴史ある家屋なので、いろんな方が交流する場になって嬉しいです」

 生活経済ジャーナリストでファイナンシャルプランナーの和泉昭子氏は、今後も人気が続くと考えている。

「スマホアプリの普及で、提供側とユーザーのマッチングから課金までが、一括で簡単にできるようになりました。雇用の継続性や、将来的な賃金の伸びが期待できなくなっているので、時間や場所、技術など、個人の余剰部分を刻んで貸し出すビジネスは今後、どんどん増えると思います。

 挑戦する場合、利用者とのトラブルや赤字など、リスクもしっかり把握しましょう」

 あなたの実家も、古びた家と侮るなかれ。“金のなる木” になるかも! 以下の関連リンクでは、「あおさや」と「春皐園」の屋内を公開する。

(週刊FLASH 2021年3月16日号)

あわせて読みたい

「空き家」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  2. 2

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  3. 3

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  4. 4

    新型コロナ対策、政府はいったい何を間違えたのか

    田原総一朗

    05月14日 16:34

  5. 5

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  6. 6

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  7. 7

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  8. 8

    中止・延期・無観客のツケを払うのは国民 東京五輪反対論に安易に乗れない理由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    05月14日 12:42

  9. 9

    「本来国がやらないといけない」堀江貴文氏が糖尿病の恐怖を伝える映画を作ったワケ

    ABEMA TIMES

    05月14日 16:55

  10. 10

    いま富裕層がタワマンには目もくれず、「地方の一軒家」を建て始めたワケ

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。