記事

新たな時代の到来を前に去りゆくの弁《11月16日》

もう少しでぶつかるところだった。新米公明新聞の記者として国会で廊下トンビをしていた私が接触しかけたのは佐藤栄作首相だった。文字通り権力に最も私が近づいた瞬間だった。それから30年余り、今度は権力の方から近づいてきた。小泉純一郎首相が私に、廊下で声をかけてきたのだ。公明新聞記者から社会人生活を出発して、衆議院議員を6期務め引退をするにあたり、こうしたギャグっぽいエピソードから始めることをお許しいただきたい。

 佐藤栄作と小泉純一郎。戦後の総理で最も長く在任していたのが前者で約7年8ヶ月。後者は、約5年5ヶ月で第三位(ちなみに間に位置するのは、吉田茂で約7年2ヶ月)。この二人は戦後政治を牛耳ってきた自民党の中興の祖とそれを瓦解させた張本人。昭和44年に私が国会担当となった当時の佐藤氏はもう終幕に近い頃であった。そして小泉純一郎首相の最後の内閣の一角を私は厚生労働副大臣として僅か一年だが過ごす。

 実は戦後から昭和の終わりまでの43年余りのうち、その4分の3を占める32年間は官僚出身の総理大臣の時代だった。その象徴の一人が佐藤栄作氏であったろう。その後平成になって官僚出身に代わり世襲政治家がトップに立つケースが多い。言うまでもなく小泉純一郎氏は三代目だ。宮沢総理のあと東大―官僚出身の宰相は絶えてひさしい。先ほどの自民党の総裁選挙の候補者5人が全て世襲政治家だったことは記憶に生々しい。

 私が現役を終えるに当たってすぎにし方を総括すると、一言でいえば、55体制が壊れゆく時代に生きたと言える。その体制におけるプレイヤーは自民党と社会党。社会党は公明党の先輩世代の力でほぼ消滅し、古い自民党は小泉純一郎氏の力で一度は壊れた。今再生過程にある自民党がいかように生まれ変わったかどうかは、これからのお楽しみではある。

 民主党は、古い自民党に変わりうる勢力として官僚政治打破を掲げ、疑似的大衆政党として華々しく登場したが、結果はみるも無残なものであった。官僚出身と世襲政治家が混在し、政党分布でもありとあらゆる勢力が自民党潰しの一点だけを共有し、雑居してきたのでは、ある意味今のようになるのは必然だったろう。

 これからの日本をどうするのか。新たな方向性が未だ見えない中、真の大衆政党たる公明党の存在感が一段と注目される。断じて、大衆迎合、ポピュリズムに陥ることなく、新たな日本政治の展望を拓いていってほしい。一時代の終わりと共に去りゆくことは寂しくないといえば、嘘になるが、目眩く新時代を新たな視点でウオッチし続けることは決して面白くないわけではない。

あわせて読みたい

「議員引退」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  3. 3

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  4. 4

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  5. 5

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  6. 6

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。