記事
  • ロイター
  • 2021年03月23日 12:10 (配信日時 03月23日 12:09)

前場の日経平均は小反発、米長期金利の上昇一服で打診買い


[東京 23日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比69円29銭高の2万9243円44銭となり、反発した。朝方は米長期金利の上昇一服を好感してグロース株中心に切り返したものの、上値を買う材料に乏しく、中ごろから徐々に伸び悩んだ。

22日の米国株式市場はハイテク株に買いが入り、上昇して終了。テスラの上昇がナスダック総合とS&P総合500種の押し上げ要因となった。一方、一時は1.754%まで上昇していた米10年債利回り が1.6%台後半まで低下、これが市場に安心感を与えている。

これを受けて日本株も、グロース株を中心に上昇して始まったものの、その一方で前日まで底堅い動きをしていたバリュー株は利食い売りに押され、全体としては方向感を欠く動きとなった。時間外取引で米株先物が軟化していることも、日本株の上値を抑える要因となっている。

市場では「米長期金利が落ち着けば、ボラティリティが低下するだろう。当面は、テクニカル面で日経平均が25日移動平均線を回復できるかどうかがポイントになる」(野村証券・エクイティ・マーケットストラテジストの澤田麻希氏)との声が聞かれた。

TOPIXは0.18%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆3093億0500万円と細り気味となっている。東証33業種では、電気・ガス業、その他製品などが上昇し、海運業、空運業などの下落が目立った。

個別では、東京エレクトロン、任天堂が買い直されたほか、トヨタ自動車など主力銘柄に堅調なものが多いが、三菱UFJフィナンシャル・グループなど銀行株のほか、日本郵船もさえない。朝高で始まったファーストリテイリングも前日比マイナスに転じた。

東証1部の騰落数は、値上がりが939銘柄、値下がりが1171銘柄、変わらずが83銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  2. 2

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  3. 3

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  4. 4

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  5. 5

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  6. 6

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    ベラルーシ女子陸上選手、帰国拒否 羽田空港へ連れられ

    BBCニュース

    08月02日 08:36

  9. 9

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  10. 10

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。