記事

「入社1カ月で辞表提出」喫茶店で仕事をサボる"問題児"がリクルートの女性役員になったワケ

1/2

優秀な営業ウーマンとしてキャリアを築き、その後も異動した先々で結果を出し続けてきた長嶋由紀子さん。だが、辞表を書いたり、予想外の異動に落ち込んだりしたことも1度や2度ではないという。意気消沈してもまた前を向ける、そんな自分であり続けるための極意とは──。

リクルートホールディングス常勤監査役、長嶋 由紀子さん リクルートホールディングス常勤監査役、長嶋 由紀子さん - リクルートホールディングス提供

会社も仕事も嫌いだった

長嶋由紀子さんのキャリアをたどると、そこには輝かしい功績がいくつも並ぶ。最初に配属された営業部門では、早々に優秀な成績をおさめて課長まで昇進し、その後に異動した人事部門では企業内ビジネススクールを創設。社内の人材育成の枠組みをつくり、ブライダル部門に異動後は、あの『ゼクシィ』を日本最大級のブライダル情報サービスに育て上げた。

40代後半からは、執行役員、人材派遣のリクルートスタッフィング社長、そして現職である常勤監査役へと着実にステップアップ。誰もが憧れるような堂々たるキャリアだが、本人は「『落ち込んでは立ち上がる』を繰り返してきただけ」と笑う。実は、辞表を書いたことも1度や2度ではないのだとか。

「入社したばかりの頃は会社も仕事も嫌いで、辞めることばかり考えていました。その後も異動のたびに意欲をなくしてしまい、ひたすらサボっていた時期もあります。でもどの時も、『この仕事の面白みはどこにあるのか』の『どこ』を解明しようとしているうちに、いつの間にか面白い部分に気づいちゃって(笑)。そこを知らないまま逃げ出すと後悔する、そんな思いがあったんだと思います」

最初に辞表を書いたのは、入社してわずか1カ月後だった。出版社志望だった長嶋さん、雑誌や書籍をつくれると聞いて入社したものの、配属されたのは就職情報誌の営業部門。自分の夢とはかけ離れた仕事にがっかりし、加えて当時まだベンチャーの空気を色濃く残していたリクルートの「やんちゃな社風も好きになれなかった」と振り返る。

「村上春樹論」語る飲み会で翻意

辞表を出したところ、上司と先輩に飲みに誘われた。説教されるのかと渋々向かった先で思いがけないことが起きた。飲み会は長嶋さんが大好きな村上春樹の話題で大いに盛り上がり、それまで上司や先輩に抱いていた「ど根性営業の権化」というイメージが、尊敬の念に変わったのだ。

営業部時代の長嶋さん(写真=本人提供)
営業部時代の長嶋さん(写真=本人提供)

「日付が変わるまで延々と文学について語ることができるほど人間のエスプリをわかっている人たちが、なぜこの仕事に心血を注いでいるのか、がぜん知りたくなったんです。彼らが面白さを感じている部分はどこなのか、それを解明してからじゃないと次に行けないな、と」

そこから上司と先輩の仕事ぶりを観察するようになり、「利益を出せる営業」のコツを身につけていく。また、顧客からの叱咤激励をきっかけに会計も学び始め、入社5年目には社内でもトップクラスの営業ウーマンに。仕事の面白さにも目覚め、やりがいも上がっていくばかりだったという。

「自分のコピー造成」で大失敗

しかし、課長代理に昇進した後、最初の大失敗を経験する。

長嶋さんは、自身が好成績を収めていたことから、「チームの業績を上げるには自分のコピーをたくさん育てればいい」と考え、営業手法から資料のつくり方まですべて、皆が“長嶋流”にできるよう指導した。チームのためによかれと思ってしたことだったが、これが思わぬ結果を招いた。

業績は期待通りには上がらず、さらには部下の一人が欠勤するようになったのだ。心配して家を訪ねた長嶋さんに、その部下は「長嶋さんが言っていることは全部正しい、でもその正しさがつらい」と心情を吐露。一人ひとりの個性を見ず、ただ自分が思う「善」を押しつけていたと気づいた瞬間だった。

「自分のコピー造成を目指すのはそこでやめました。得意分野や特性は人それぞれなのだから、それに合った育成方法をとらなければと思うようになったんです。それに、一人ひとりの矯正に時間をかけるよりそのまま生かすほうが合理的。以来、鋳型にはめるようなコミュニケーションは一切しなくなりました」

やがて部下たちは伸び伸びと働くようになり、それに伴ってチームの業績もアップ。さまざまな個性が花開いたせいか、社内でも「動物園のようにいろいろな珍獣がいる部署」として人気の部署になった。

長嶋 由紀子さんのLIFE CHART

「F1でチャンピオンにならずにF3に行くのか」

ただこの時期、長嶋さんは2度目の辞表を書いている。マネジメントでの成功談が外部にも広がったのか、引き抜きがあったのだ。「かっこいい」外資系企業だし、待遇もいい。心が動いて辞表を出したところ、上司から帰ってきた言葉は「F1でチャンピオンにならずにF3に行くのか」

上司の説明はこうだ。「グローバル企業から見れば日本はアジアの一支社にすぎず、カーレースの世界でいえばF3の扱いだ。F1で勝負しないままでそっちの世界に行くのか」

負けん気の強かった長嶋さんは、この言葉に悔しさが込み上げ、転職は「ここでチャンピオンになってから」と先送りを決めた。

あわせて読みたい

「リクルート」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    東京都の銭湯料金が8月1日から値上げ ブームから一転、コロナ禍で利用客減少

    BLOGOS しらべる部

    07月30日 17:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。