記事

緊急事態宣言解除でも在宅勤務の徹底を〜首都直下地震など自然災害の人災を減らすために

緊急期待宣言が解除されようが、コロナが終わろうが、在宅勤務できる企業は徹底して在宅勤務すべき。
にもかかわらず未だ出社至上主義の生産性の低い日本。

国土交通省の調査によると、2回目の緊急事態宣言時の通勤客は1回目の緊急事態宣言時の1.7倍も多いという。

1回目の緊急事態宣言で在宅勤務にできたところは2回目もできるはずだが、1.7倍も出社させていたことになる。
できるのにやらない。
危機管理意識がなさすぎる。

東日本大震災では帰宅難民が大問題となった。
震源が東北にもかかわらず、多くの帰宅難民が出た。
しかしもし近い未来に首都直下地震が起きたらどうなるか?
東北沖震源の地震とは違い、首都圏で電車や道路などに大きな被害が出て復旧に1週間2週間もかかるようであれば、帰宅難民問題は深刻な人災を引き起こす。

しかし在宅勤務ができる企業ができる限り在宅勤務を進めれば、自宅以外で被災する人を減らすことができ、地震や台風などの自然災害時の人災を大幅に減らすことができる。

日本は今回の新型コロナはたまたま欧米に比べてはるかに被害が少なかったからいいようなものの、もし日本も欧米並みの被害が出る次なる感染症が襲ったら、この程度の危機管理では被害を防ぐことはできなくなる。

自然災害や感染症対策だけでなく、経費削減にも絶大な効果になる。
上場企業の2021年3月期の出張費や交際費の経費がなんと7兆円も削減できたという。
さらに在宅勤務を徹底すればオフィスという莫大な経費を削減することができ、その余ったお金で未来への投資をするなり給料をあげるなり前向きな使い道にあてられる。

それだけではない。
出社することが仕事だと思い込んでいるせいで、生産性の低い日本で在宅勤務を進めれば生産性の向上が期待できる。
在宅勤務になれば仕事の成果が明確になるからだ。

もちろん全部が全部在宅勤務にする必要はない。
1週間に1度ぐらい顔合わせしてもいいだろう。
しかし今のように毎日出社させる必要はない。

働く人にとっても在宅勤務になれば、無駄な通勤時間を減らすことができる。
片道1時間通勤にかかるなら1日2時間、1ヶ月20日勤務なら1ヶ月で40時間、年間で480時間=20日分も時間が生まれるのだ。
その分、違うことに使える。
通勤という無駄な時間を削減できる。

かつてなら在宅勤務が無理でも、今なら在宅勤務が可能になる
職種や業界も増えているはず。
自然災害、特に首都直下地震に備えて、徹底して在宅勤務を進めた方がいい。

*ただ在宅勤務になると正社員を雇う必要がなくなり、正社員も完全歩合の実力主義の個人事業主化になっていく。
会社員の方は通勤が減るからラッキーだけでなく、正社員を辞めさせられても仕事が得られる真の実力をつけることを心がけた方がよい。

あわせて読みたい

「在宅勤務制度」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    過去のことでも…芸能界を震撼させたマリエの「実名枕営業告白」

    渡邉裕二

    04月22日 08:06

  2. 2

    大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由

    東龍

    04月21日 17:27

  3. 3

    キャンプ場にも出没か 「教え魔」が後を絶たないワケ

    御田寺圭

    04月22日 11:10

  4. 4

    与野党ともにしれっと通したい「国家公務員定年延長法案」、山積する問題点を見逃すな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月22日 09:37

  5. 5

    無症状者のPCR検査を止めれば「緊急事態宣言」は無用

    自由人

    04月22日 08:53

  6. 6

    原告側の敗訴となった慰安婦訴訟 日韓関係に変化をもたらすか

    ヒロ

    04月22日 10:37

  7. 7

    伊是名夏子さん騒動で、政党(社民党)はもう本気で黙っていた方がいい理由

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月21日 09:46

  8. 8

    厚労省がファイザーワクチン接種後の感染率を初めて開示

    青山まさゆき

    04月22日 12:19

  9. 9

    米感染症専門家「コロナは空気感染する」 打つ手なしの日本

    田中龍作

    04月22日 14:52

  10. 10

    パチンコ人口が1年で200万人減って813万人に! 禁煙化、コロナと厳しい状況続く

    キャリコネニュース

    04月22日 10:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。