記事

花見「自粛or容認」で対応割れる自治体 対策講じて「推奨」の山梨には共感の声も

毎年多くの花見客で賑わう井の頭公園(武蔵野市・三鷹市/筆者撮影)

 桜の開花宣言が各地で相次いでいる。政府は1都3県への緊急事態宣言を解除したが、2月26日の事務連絡で歓送迎会や飲酒につながる花見などの自粛を求めている。一方で、山梨県知事は十分な対策を前提に花見を推奨している。どちらの言い分に理があるのか──。ジャーナリストの山田稔氏がリポートする。

【写真】花見客の立ち入り制限をする井の頭公園

 * * *

 1都3県に出されていた緊急事態宣言は3月21日に解除されたが、その決定が明らかになった直後の週末、3月20日に桜の名所で知られる東京の井の頭恩賜公園を訪れた。

 吉祥寺駅南口から井の頭公園に向かう路地は多くの人々が行き交う。人気の飲食店には行列ができ、テラス席でビールやワインを楽しむ人々も。公園に入ると案内図の横に立て看板が設置されていた。

「新型コロナウィルス感染症拡大防止のため宴会行為及びシートを広げての飲食を禁止します」

井の頭公園の花見客は「マナー良好」

 公園内を歩くと「花見客の多い区域は立ち入りを制限します」の表示があり、ネットで一帯が閉鎖されている。桜の木が立ち並ぶ池の畔一帯が閉鎖されているため、池の前のベンチに座ることもできない。仕方なく欄干に腰かけて飲み物を飲んでいる人が多い。

 人波は途切れることなく続いている。人出はそれなりにあるが、それでもコロナ禍前の一昨年あたりの花見シーズンに比べると、7、8割ぐらいだろうか。スムーズに歩くことができる。

 桜は三分咲きといったところだが、開花した木の周りには人々が群がり、スマホやデジカメで撮影に夢中だ。

 全般に人々のマナーは良好だ。マスクを着用し、歩きながら桜を眺めている。立ち入り禁止エリアに入り込んでいる人は皆無だし、酒盛りをしているグループも見当たらない。閉鎖されていない場所にあるベンチでランチを楽しむ人々を見ても、アルコールを飲んでいる人はひと握りだ。感染防止意識が高いのだろう。

 井の頭公園は広く、競技場や野球場、動物園などさまざまな施設が併設されている。普段はマイカー利用者も多いが、今の時期は駐車場も閉鎖されている。

 競技場近くの桜の木の下ではいくつかのグループがシートを広げてランチを楽しんでいたが、宴会という雰囲気には程遠い。総じて、静かな花見が行われている感じだった。池の周囲を歩いていたカップルの女性が、「シートを広げて騒ぐだけが花見じゃないものね。歩きながら花を愛でるのもいいかも」と話していたのが印象的だった。

「山梨県知事の花見発言にクギ」の加藤官房長官

 東京の花見は3月27、28日あたりがピークになるのだろうが、花見といえば今月に入ってちょっとした論争があった。きっかけは、山梨県の長崎幸太郎知事が3月10日の会見で行った発言だ。

「送迎会、歓迎会あるいはお花見につきましては、現在山梨県は感染状況が収まっていますので、ぜひ大いにやっていただきたいと思いますが、一方で、感染拡大リスクも引き続きあるわけです」

 こう言った後に、「ルールをしっかりと守っていただきたい」として具体的な対応についても触れていた。

 この知事発言の翌日、記者団から山梨県知事発言について問われた加藤勝信官房長官は、「詳細を承知していないので、個々のコメントについては差し控えたい」としながらも、

「政府としては内閣官房から全都道府県に対し、年度末に向けて行われる行事などについて事務連絡をすでに発出している。こうした中身を踏まえた対応を引き続きお願いしたい」

 と述べた。大新聞は官房長官発言を「山梨県知事発言にクギ」と報じた。これに対して長崎知事はこう反論した。

「政府がやるべきことは、田舎の歓送迎会にいちいち口出しすることではなくて、もっと大きなことに気を配っていただきたい。そもそも感染防止対策の最前線の責任は各県の知事にあるわけですから、我々山梨県の状況を見て、歓送迎会、お花見は全く差し支えないと、注意をしながらであれば差し支えないと、そういう話をすることのどこが悪いんだと」

 各県の実態を踏まえない政府の一律的、一方的な自粛要請に我慢ならない様子だ。さらに、3月16日にはこんな発言も。

「県や県民が求める感染防止のルールを守ったうえで、静かに桜や桃の花を愛でていただき、豊かな時間を過ごす場を提供したい」として、緊急事態宣言解除後の1都3県からの来訪を歓迎する考えを示したというのだ。

 なかなかの対応である。山梨県は歓送迎会やお花見について「必ず守ってほしいこと」として、(1)感染対策のできたグリーン・ゾーン認証施設を選ぶ(2)なるべく少ない人数で、普段一緒にいる人と(3)体調が悪い人は参加しない(4)短時間で、飲み過ぎない(5)斜め向かいの席かパーテーション越しに(6)席の異動やお酌はしない──などのルールを3月10日付で公表している。

 一連の独自の感染症対策が功を奏し、山梨県内の1週間の新規感染者数(3月12~18日)は9人、重症者はゼロとほぼ抑え込んでいる。そんな実績があるからこそ、花見・歓送迎会を勧める発言になったのだろう。

対策講じたうえでの花見推奨に共感の声

 このやり取りを国民はどう受け止めているのだろうか。加藤官房長官の発言を伝えた記事に対するネットのコメントを拾ってみた。

〈今の山梨の状況で自粛要請なら、東京の緊急事態宣言解除なんてできない〉

〈山梨県知事のコメントはまさにその通り。なぜ何も施策を打ち出せない政府がクギをさす必要があるのか〉

〈感染対策すれば旅行や飲食して構わないって聞いたけどなあ〉

〈山梨県や島根県の知事は責任覚悟で発言している。国は口だけ出さないで、宣言対象外地域にもきっちりお金を出すべき〉

〈国がクギをさすなら、それなりに論破できる対策を講じるべき〉

 圧倒的に知事を支持するコメントが多い。もっとも、1都3県からの来訪歓迎発言には、〈他県から来てほしいとは思わない〉といったコメントが見られるのも事実だ。

少人数の宴会を“容認”した和歌山市

 花見の宴会について、禁止ではなく自粛としたのは和歌山市だ。桜の名所・和歌山城公園の花見の宴会について、昨年は禁止としたが、今回は市内の新規感染者数が増加傾向にないことから「自粛」の呼びかけにとどめた。

 尾花正啓市長は3月18日の会見で「感染対策を万全にしていただいて、花を楽しんでほしい。宴会も少人数で短時間であれば距離をあけていただいて、禁止しないでいく方向でいきたい」などと語っていた。

 一方、政府と歩調を合わせているのが東京都の小池百合子知事だ。3月5日の会見で「今年の花見、飲食、立ち飲み、こちらの方も申し訳ありませんが、ナシでお願い申し上げます」と都民に訴えた。

 都知事は昨年「(桜は)来年も咲くのでそれを楽しみにしていただきたい」(2020年3月27日)と呼びかけたが、結局、感染拡大を抑えることはできなかった。ちなみに当時の東京都の新規感染者数は40人だった。

花見自粛も聖火リレーは予定通り

 政府、東京都、山梨県、和歌山市の花見への対応の違いを見てきたが、そもそも都道府県で感染状況が異なる中で、国民の行動や私権を一律に制限することは、よほどの緊急時以外は国民に理解を得られないのではないか。

 直近の新規感染者数が再び増加傾向にある状況下にもかかわらず緊急事態宣言を解除しておきながら、科学的根拠の明示もなく花見の自粛や宴会禁止を国民に求めたところで、本当に理解を得られるだろうか。

 屋外の公園での宴会を禁止しても、緊急事態宣言解除で営業時間が延びる屋内の飲食店での宴会が増えれば、感染リスクはむしろ高まってしまうのではないか。

 その一方で、感染リスクが指摘される聖火リレーは予定通りだし、国内外で中止論が高まっている五輪もあくまで実施の構えだ。そうした中で起きた今回の花見論争は、国の感染症対策の進め方、内容、整合性、地方自治体との関係など、課題と問題点を改めて浮き彫りにした。

あわせて読みたい

「花見」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  8. 8

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。