記事

代理母出産(=サロガシー)を描くドラマ「見方に正解はない」 デビュー監督が意識した“寄り添う”演出

1/2

●初脚本×初主演作品で初演出

女優の堀田真由がドラマ初主演を飾る『サロガシー』が、フジテレビで24日(24:55~25:55 ※関東ローカル)に放送される。坂元裕二、野島伸司、安達奈緒子、野木亜紀子など、数多くのドラマ界を支える脚本家を輩出したシナリオコンクール「フジテレビヤングシナリオ大賞」で、的場友見さんが大賞を受賞した作品だ。

監督を務めるのは、脚本家と主演と同じく今作が初めての演出となるフジテレビの清矢明子氏。これまで『独身貴族』(13年)や、『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(18年)、『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(19年)などの作品に、演出補として参加してきた。

そんな初メガホンをとった清矢監督に、今作への意気込み、『サロガシー』に込めた思い、そしてドラマ監督を目指したきっかけなどを聞いた――。

『サロガシー』で初演出を担当したに清矢明子監督

■登場人物の感情の機微を繊細に描いている

今作は、代理母出産(=サロガシー)を決断する女性・環(堀田真由)が主人公で、そのきっかけも“子供が欲しいと願うゲイの兄のため”という、一見ショッキングで難しいテーマを内包した作品のように思える。だが、自分らしく生きていこうとする登場人物たちを、丁寧に、時におかしく軽やかに描くことに成功した。

初めてこの脚本を読んだときの印象を尋ねてみると、「書き出しが“兄の子供を妊娠した”という良くも悪くもキャッチーな設定だと思いました。だけど、読み進めていくうちに、そのテーマ性だけで作られた本ではなく、登場人物の感情の機微を繊細に描いている作品だなと感じました」という清矢氏。「シリアスとコミカルが混在しているのもこの本の個性だと思ったので、その面白さを削がないように、緩急をつけて作ると決めました」と撮影前のプランを明かす。

だが、テレビドラマとして、放送時間内に収めなければならず、シナリオを削っていく作業もあったという。

「『シナリオ大賞』という大前提があるので、あまり手を加えたくはなかったのですが、この本は捉えようによっては群像劇のようにもなりえたものを、代理母出産をする主人公の環を軸とした家族の話に凝縮した作りにしました」

その作業の中で、“シナリオを削ることに抵抗はなかった”という脚本の的場さんと対照的に、「作中に、“過去”と“未来”のシーンがあるんですが、そこはすごく感じるものがあったので、どうしても残したいと思いました」。その“過去と未来のシーン”は、一見同じようだが、印象が全く異なるものになっているので、ぜひ注目して見てもらいたい。

撮影現場での清矢監督 (C)フジテレビ

■多様な価値観が世の中に存在していい

では、演出する上で苦労した部分はどんなところだったのか。

「当たり前のことではあるのですが、環の気持ちに寄り添うことをすごく大事にしました。環は言葉数が少ないというのもあるんですが、サロガシーという思い切ったことをするのに、本音を素直に言えない、装っている部分もあるので、もしかしたら観る人に理解されない人物のまま終わってしまう危険性もあります。だから、環の心情にちゃんと寄り添い、1つのセリフ、1つのしぐさの意味をきちんと表現することを意識しながら演出しました」

今作は、代理母やゲイカップル、その決断をした娘と息子を持つ親の葛藤など、複雑な人間模様も見どころの1つ。監督は、この様々な思いを持った登場人物たちをどう捉えていたのだろうか。

「私自身、多様な価値観が世の中には存在していていいと思っていて、このドラマの見方も正解があるわけではないし、1つじゃなくていいと思っています。だから“こういう思いで見てほしい”というものはありません」

主演の堀田真由(左)と清矢監督 (C)フジテレビ

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  2. 2

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  3. 3

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  4. 4

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  5. 5

    小池百合子知事、静養へ。1,400万都民の命を預かる重責に心からの敬意を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月23日 08:23

  6. 6

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  7. 7

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  8. 8

    パソコン作業は腰への負担が1.85倍。腰痛対策には“後ろ7割”の姿勢を - 酒井慎太郎

    幻冬舎plus

    06月23日 08:40

  9. 9

    「まだ気を緩めるな」マスコミや専門家はいつまで"コロナ禍"を煽り続けるのか

    PRESIDENT Online

    06月23日 15:11

  10. 10

    赤木ファイルの開示・・財務省は徹底的な再調査を行うべき

    大串博志

    06月23日 09:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。