記事

バイデン政権の手法

 世界中がコロナ禍で喘いでいる中、少し明るいニュースが聞けた。アメリカのバイデン大統領が就任してから、まもなく2ヶ月になろうとしているが、バイデン政権の運営手法がとても丁寧で手堅いという評価があり、同盟国のみならず多くの国が、ホッと胸を撫で下ろしているのである。

 先日はバイデン政権の中核であるブリンケン国務長官とオースチン国防大臣が、日米「2プラス2」の会合に出席するため、ともに東京を訪れた。彼らの初めての外国訪問に日本が選ばれたことは、同盟国として頼もしい限りである。バイデン政権の特別の配慮があったのだろうか。

 日本側はカウターパートである茂木外務大臣と岸防衛大臣が迎えたが、会合のテーマは、安全保障や経済分野における中国の脅威にどう立ち向かうか、新疆ウイグル自治区や香港における人権抑圧問題への対処、台湾問題、そして北朝鮮の核ミサイルや拉致問題、さらにはオーストラリア韓国インドとの連携を視野に入れたインド太平洋地域の平和構築など、重要かつ広範囲にわたった。日米はそれぞれのテーマにおいて基本的に合意した。

 この後韓国を訪れ、間髪を入れず中国との直接対話をアンカレッジで開いた。米中会談は終始非難の応酬という厳しいものだったが、同盟国とのコンセンサスを構築した上で難問に立ち向かう段取りは、トランプ政権ではほとんど見受けられなかった。突然のトップ会談やツイートにより、常に世界を驚かせ不安に陥れていた。バイデン政権の外交のスタイルは、我々に十分な安心感を与えるものだ。

 ブリンケン国務長官は東京での会談で、盛んに民主主義の大切さや素晴らしさを語っていた。そこで思い出すのがウィンストン・チャーチル元英国首相のことばである。「民主主義は最悪の政治形態らしい。ただし、これまでに試された全ての形態を別にすればの話であるが。」

 色々と問題のある制度だが、民主主義が最も優れた統治手段であるということだ。バイデン政権がこの認識のもとで、崩れかけた世界のアメリカへの信頼を、着実に回復していって欲しい。

あわせて読みたい

「ジョー・バイデン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  3. 3

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  4. 4

    ソフトバンクG孫正義さん、AI革命に熱意「10兆円でも満足しない」

    Ledge.ai

    05月12日 21:37

  5. 5

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  6. 6

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  7. 7

    「人と違うことは個性だ」差別と戦い続けたプロサッカー選手・鈴木武蔵が見る日本

    清水駿貴

    05月11日 08:06

  8. 8

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  9. 9

    茨城県境町の殺人事件 デマ情報に基づく誹謗中傷が被疑者の同姓男性のもとへ

    岸慶太

    05月12日 14:46

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。