記事
  • ロイター
  • 2021年03月22日 11:35 (配信日時 03月22日 11:54)

米景気、後退から回復完了間近の可能性=リッチモンド連銀総裁


[ワシントン 21日 ロイター] - 米リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は21日、米経済の現状について、一部の労働者にはリスクが残るものの、新型コロナウイルス感染拡大を受けたリセッション(景気後退)からの「回復完了間近」の可能性があるとの認識を示した。

講演の準備原稿で「ワクチン接種が行われ、感染率や入院が低下している。余剰貯蓄や財政面の刺激策が、ワクチン接種や気温上昇を受けて出てくる消費者の繰延需要を賄う一助になるだろう」との見方を示した。

また、最近成立した1兆9000億ドル規模の新型コロナ経済対策が家計の所得や貯蓄の増加を促し、依然深刻な失業の影響緩和に寄与すると指摘。「この支援により、経済はほぼ回復した」とし、「回復完了が間近だと期待を寄せている」と述べた。

その上で、公衆衛生上の危機が和らぐにつれて米当局者は、パンデミック(世界的大流行)で影響を受けた働く親などの就労復帰をいかに円滑にし、対面授業の減少によって生徒が困難に直面しないよう教育を強化するなど、「傷痕」が残らないよう措置を講じる必要があると指摘。

「育児や介護を主に担う人の就労復帰を可能にするプログラムに特に関心を向ける必要がある。これには育児・介護の支援や安全な学校再開が含まれる」と述べた。

一方、危機下で失われた職の多くは客室係やウェイターなど「離職率の高い職業」だったとし、パンデミックの前もこれらの労働者は定期的に転職する傾向があったことから、長期の失業による全体的な打撃を和らげる要因になるかもしれないとの見方を示した。

在宅勤務を活用すれば労働者の移転が必ずしも必要でなくなることから、希望する職を見つけるまでの期間短縮につながる可能性もあるとした。

総裁はさらに、パンデミック終息後は政府の政策が「今日の企業を保護しようとすることで明日の企業の創設を阻害」しないよう、当局者は「市場原理を機能させる」ことに注力すべきだと述べた。

*内容を追加します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  2. 2

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  3. 3

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  4. 4

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  5. 5

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  6. 6

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  7. 7

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  8. 8

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  9. 9

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  10. 10

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。