記事
  • ロイター

FTSEラッセル、中国企業の指数組み入れ拡大に向け当局と協議


[上海 19日 ロイター] - 株価指数を開発・算出する英FTSEラッセルは、同社のグローバル指数に占める中国本土企業の割合を高めるため、中国当局と規制改革などについて積極的に協議している。

同社幹部がロイターの取材に対して述べた。

FTSEラッセルは2019年6月以降、中国A株市場の1000以上の企業を指数に組み入れてきた。22日には、上海のハイテク新興企業向け市場「科創板」の10企業がFTSEグローバル・エクイティ・インデックス・シリーズに加わる。

ただ、FTSEのグローバル指数に組み込まれている中国企業の時価総額は、投資可能な中国企業の時価総額全体の25%にとどまっている。

同社のアジア太平洋部門の幹部、Du Wanming氏は、その割合を段階的に100%にまで増やすことを目指していると述べ、それには複雑な改革が必要になると指摘。改革実現に向け政策変更について市場から意見を求め、規制当局とも協議していると説明した。

同氏は、外国人が中国株に投資する際によく利用する中国・香港の相互取引制度について、対象をすべてのA株に拡大することや、市場の休日を揃えることなどが短期・中期的な目標になると述べた。

FTSEラッセルは、中国A株の外国人保有比率の上限30%を当局が緩和することも望んでいる。それが実現すれば、FTSEインデックスに占める中国株の割合は自然と高くなるという。

一方、市場のボラティリティーが高まる中、中国当局が資本市場の規制緩和を後退させるとの見方は否定した。「当局は市場開放に非常に前向きに取り組んでいる。もちろん慎重に進める考えだ」と語った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  3. 3

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  6. 6

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  7. 7

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  8. 8

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  9. 9

    私が菅首相の政治手法をスト2の「待ちガイル」だと思う理由

    宇佐美典也

    04月14日 12:00

  10. 10

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。