記事

アメリカのトップMBA校で日本人が減り、中国人が増えているカネ以外の理由

1/2

近年、アメリカのビジネススクールで、日本人が減り、中国人が増えている。自身もスタンフォード大学でMBAを取得した経営共創基盤(IGPI)会長の冨山和彦さんは「日本人の優等生は人生に挫折がなく、面白みがない。だから落とされてしまう。若いうちに挫折を経験しておいたほうがいい」という——。

※本稿は、冨山和彦『リーダーの「挫折力」』(PHP研究所)の一部を再編集したものです。

スタンフォード大学
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/serg3d

シリコンバレーでは失敗は「ポジティヴ」

挫折体験がもたらしてくれる効能について、ちょっと意外なものを一つご紹介しよう。それは、「挫折があなたの経歴を彩ってくれる」ということだ。

挫折は、日本では恥ずべき体験、隠してしまいたい体験と思われがちだ。履歴書を書くときにも、できるだけ挫折を隠そうとする人がいる。大学受験の浪人経験くらいなら履歴書に当たり前に書けるが、留年になると書きにくい。その後、破産経験やリストラで無職時代があったとかは、ますます書きにくい。

だが、挫折体験は実は、抹消すべきものとは限らない。やがて日本でも、挫折体験は尊ばれ、履歴書の核にさえなる日が来るだろう。少なくともアメリカのシリコンバレーでは、立ち上げたベンチャーが潰れたとか、そのせいで自己破産したとかは、明らかに職歴としてはポジティヴな項目である。それが若い時期のものならなおさらである。

アメリカのビジネススクールで日本人留学生が減っている

アメリカのビジネススクールにおいて、日本人留学生の存在感がすっかり薄れてしまって久しい。かわりに台頭してきているのが中国人である。元々受験者が多いということもあるが、中国人受験者との受験競争に敗れ、入学できる日本人留学生が少なくなってしまっているということも大きな要因だ。

では、どこで差がつくのか。思考能力や知識レベルには大差はない。一番の違いは「日本人受験者の経歴がつまらない」ことにあるのだ。

日本の優等生は、人生に面白みがない

ビジネススクールへの留学資格は、基本的にAO(アドミッションズ・オフィス)入試で決まる。課題に合わせてエッセイや論文を書き、推薦書を添えて提出する。これに筆記試験の点数が加わるが、筆記試験は勉強すれば、何とかなる。問題はエッセイや論文で、これに受かるには「個性」が求められるのだ。

試験官は、何千通ものエッセイを読まされるのだ。受験生の大半は学歴も職歴も一定以上のエリートだ。誰でも書けそうな凡庸な内容しか書いていなければ、すぐに見切られ、落とされる。

大学申請フォーム
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/teekid

試験官にアピールできる内容にしなくてはならないのだが、日本的な教育制度の中で育った優等生は、無難なことしか書けない。皆が似たりよったりの優等生人生しか送っていないから、そこに差が生まれないし、面白くもない。人生に面白みがないから、人を面白がらせたり、ハッとさせたりする文章が書けないのだ。それが多くの不合格者を作っているように、私には思えてならない。

波乱万丈の経歴でスタンフォード大学に留学

ここで活きてくるのが、失敗や挫折の経験である。挫折を経験し、それを乗り越えていくときに一つのドラマが生まれる。ものの見方に幅が生まれるし、人と違う個性をアピールできることにもなる。

私が受験にあたってスタンフォード大学へ提出した20代半ばまでの経歴は、日本人受験生としてはなかなかユニークであった。有名大学を経て司法試験にも合格したのに、それを棒に振って、ボストンコンサルティンググループ(BCG)に入社。その会社にもいつかず、1年で新会社CDIに移っている。これくらいのネタがあれば、十分に波乱万丈の物語を作れる。

もちろん、そのためにBCGに入ったわけでも、CDIの設立に参加したわけでもないし、それが決め手となって留学できたわけでもないだろうが、このような経歴が留学時代にいろいろ役立ったことも事実だ。

ちなみに当初はその成功が非常に不安視されていた産業再生機構(※)に、前職をなげうって飛び込んできた若者の多くが、後にハーバードやスタンフォードといった超一流ビジネススクールに合格している。そりゃあそうだ。再生機構の軌跡自体が一大ドラマである上に、そこで彼らが任された仕事も、企業再建の壮絶なリアルドラマである。彼らのエッセイが目立ったのは当たり前だ。

※バブル経済の崩壊後、大手銀行の不良債権問題を解決するため、2002年、小泉政権下に機構の設立。5年間の時限的な組織として、国の出資で03年に発足した。多額の借金を抱えて経営が悪化しているものの、本業について競争力のある企業について、債権を機構が買い取り、公的な管理下に置いて、再建を行った。

挫折を評価しない会社には転職するべきではない

今後、ますます増えるであろう転職マーケットでも同じことがいえる。当たり前の経歴、当たり前の高学歴は、引っかかりがないのでおそらく書類審査ではねられる。やはり目立ってナンボの時代である。

挫折は、決して恥ずかしく、抹消すべき体験ではない。それを乗り越えた自分を描けるなら、履歴書の核になる。私は再生機構において、親から継承した旅館が倒産して、自らも自己破産した若者を採用している。彼は再生機構で自らの挫折経験を活かし、ホテル、旅館再生のエースとなった。今は自分で起業して日本中のホテル、旅館の再生に奔走している。

挫折経験を重んじるのはあくまで欧米のビジネススクールの話で、日本企業へ転職する際には通用しない、と考えるかもしれない。だが、挫折経験を書いた履歴書を拒むような人事担当者がいるような企業には、そもそも行かないほうがいい。

そうした会社はおそらく全社的に優等生組織であり、こうした組織は早晩、危ういことになる。受からなくてよかったと喜んだほうがいいのだ。

あわせて読みたい

「留学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    過去のことでも…芸能界を震撼させたマリエの「実名枕営業告白」

    渡邉裕二

    04月22日 08:06

  2. 2

    大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由

    東龍

    04月21日 17:27

  3. 3

    キャンプ場にも出没か 「教え魔」が後を絶たないワケ

    御田寺圭

    04月22日 11:10

  4. 4

    与野党ともにしれっと通したい「国家公務員定年延長法案」、山積する問題点を見逃すな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月22日 09:37

  5. 5

    無症状者のPCR検査を止めれば「緊急事態宣言」は無用

    自由人

    04月22日 08:53

  6. 6

    原告側の敗訴となった慰安婦訴訟 日韓関係に変化をもたらすか

    ヒロ

    04月22日 10:37

  7. 7

    伊是名夏子さん騒動で、政党(社民党)はもう本気で黙っていた方がいい理由

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月21日 09:46

  8. 8

    厚労省がファイザーワクチン接種後の感染率を初めて開示

    青山まさゆき

    04月22日 12:19

  9. 9

    パチンコ人口が1年で200万人減って813万人に! 禁煙化、コロナと厳しい状況続く

    キャリコネニュース

    04月22日 10:11

  10. 10

    米感染症専門家「コロナは空気感染する」 打つ手なしの日本

    田中龍作

    04月22日 14:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。