記事

日本人はドイツ人より300時間多く働いているのに、なぜドイツ人より稼げないのか

1/2

日本人はドイツ人よりも年間300時間長く働いている。だが、一人あたりのGDPはドイツよりも低い。それはなぜか。法政大学の水野和夫教授と衆議院議員の古川元久氏の対談をお届けしよう――。

※本稿は、水野和夫・古川元久『正義の政治経済学』(朝日新書)の一部を再編集したものです。

ドイツの国会議事堂※写真はイメージです - 写真=iStock.com/photosvit

本当に「右肩上がりの成長」を続けなければならないのか

【水野】日本人の〈右肩上がり〉成長に対するほとんど狂信的なまでの執着は、かなり強固なものです。特に今、企業のトップに就いている方々の多くは、経済がまさに〈右肩上がり〉に成長した時代を駆け抜けていますからね。こうした成長教信者の昭和世代の人にとってみれば、若い層が「〈サステナブル〉な社会を」とか言ってもいまいちピンと来ないのも理解できます。

でも、ここで立ち止まって考えてみましょうよ。そもそもなぜ、私たち日本人は〈右肩上がり〉に経済を成長させ続けなくてはならないと、信じこんでしまったのかを。

端的にいえば、「化石燃料を遠い他国から大量に買い付けなくてはならないから」なんです。それは、「毎年、貿易黒字を出し続ける」ことでようやく可能になることだからです。

例えば、日本はここ30年ほど、多い年は1300万台、2019年には約970万台もの自動車を生産しています。しかし、このうち日本国内で消費されるのは5割程度。残りの半分はすべて海外に輸出されています。

2020年の貿易統計では、日本の輸出額はおよそ68兆円ですが、そのうちの14兆円分が輸送用機器輸出です。しかも輸出先のトップは北米で、約31%を占めている。

【古川】国内市場が縮小しているので、外国に自動車を買ってもらわなくてはならない日本の事情が表れていますね。そんな「一本足打法」のリスクも、今回コロナで大きな課題になりました。世界的な不況に陥ると、日本製の自動車に対する需要も激減して、日本経済は大きな打撃を受けます。

自由時間がないと、精神力が鍛えられない

【水野】リーマン・ショック以前は、電気機械産業と自動車産業がドルを稼いでいたんですが、リーマン・ショックで電気機械産業はドルを稼げなくなりました。したがって、今まで以上に日本は自動車産業に頼らざるを得なくなってしまった。とはいえ一番の問題は、貿易黒字にこだわり続けなくてはならない日本のエネルギー事情です。

日本はここ数十年間、海外から化石燃料を大量に買い付け、国内では原子力発電でエネルギーをまかなってきました。でも、そのどちらもかなりの犠牲やリスクを伴います。貿易黒字を出すために、日本中が必死に働き続けなくてはならない犠牲、そしてこの地震大国日本で、全国に原発施設を維持し続けなくてはいけないリスクです。

貿易・経常黒字は投資の概念に入ります。生産物は消費されるか投資されるかの二つしかありませんので、戦後からずっと消費を我慢して投資をしてきました。その結果、年間労働時間が減らないのです。自由時間が増えないので、文化・芸術を楽しんで五感を鍛えることなどできません。五感を鍛えないと、危機に直面した緊急時に肝心な精神力が生まれてこないのです。

自然エネルギーによる発電能力を高められるはずだ

【古川】その通りです。

【水野】ここをもう一度、しっかり見直しましょうよ。そもそも、化石燃料はいずれなくなります。要するに、遠い中東にまでわざわざ仕入れにいく必要もなくなるわけです。

しかも日本には、ふんだんに降り注ぐ太陽光や、温泉大国ならではの地熱もある。風力発電や水力発電もあります。化石燃料と原発に依存しきっている仕組みを全部切り替えていく覚悟を持てば、他国への依存度は一気に減りますし、「毎年、貿易黒字を出し続ける」必要もなくなります。

【古川】東日本大震災に伴って起きた福島原発事故の後、私が国家戦略担当大臣の時に取りまとめた「革新的エネルギー・環境戦略」によって、日本はいったん脱原発へと舵を切りましたが、安倍政権となり、再び原発を維持し続ける方向へと逆戻りしてしまいました。しかし世界では、ドイツのシーメンスやアメリカのGEが原発事業から距離を置くなど、むしろ国だけでなく企業も含めて、脱原発の動きが強まっています。

日本はもっと自然エネルギーによる発電能力を高めることができるはずです。特に地熱発電。同じ温泉大国であるアイスランドでは地熱発電だけで20%以上もの発電をしています。日本でもそれくらいの潜在力はあるのではないでしょうか。原発や火力に替わる代替エネルギーの開発にもっと積極的に取り組むべきです。

再生可能エネルギーの発電風景※写真はイメージです - 写真=iStock.com/imacoconut

日本人はドイツ人より「年間300時間」多く働いている

【水野】すると変わってくるのが、日本人の働き方です。「毎年、黒字を出す」「右肩上がりに成長する」目標のために、いったいどれだけの日本人が「過労死」や「うつ」「自殺」などのリスクにさらされていることでしょう。

日本人の「正社員」は、統計上平均して年間2000時間働いています。本当は、もっと長時間働いていると思いますが、一方のドイツ人の労働時間は、パートの人も含めて平均1390時間ですよ。同じ基準でみると、日本は1670時間です。その差は、なんと年間300時間近くにも及ぶ。45年間働くとすると、1万2600時間余計に働いていることになります。

【古川】一年間に300時間も余裕があれば、いろんなことができますね。家族や友人と、もっとゆっくり過ごす時間を持てるでしょうし、のんびり長期の旅に出て心身を癒やすことも可能でしょう。趣味や勉強に打ち込むこともできるだろうし、美術館や映画館、コンサートなどに足を向ける意欲も出るでしょう。可処分所得ならぬ、可処分時間がそれだけ増えれば、「仕事」と「生活」以外に、「余暇」の時間を確保 できるようになって、真の“豊かさ”を実感できるようになるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  4. 4

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  5. 5

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  6. 6

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  7. 7

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  8. 8

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  9. 9

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  10. 10

    「週6で働いて手取り15万円」「23時まで残業して月16万円」 低すぎる手取りに疲弊する人々

    キャリコネニュース

    05月18日 16:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。