記事

還暦にて。呆然2つ。

1/2

呆然とします。還暦を迎えました。

ずっと未熟で、ジュニアの立ち位置だったはずが、ミドルの認識がないままに、気がつけばシニア、老人です。

そして同時に、人生でこんなことが起きるのか、という事件に直面しました。

2つの呆然。どうしたものか。

超個人的な内省。自分用にメモします。

ちかごろ人生100年、三毛作などといいます。

これまで二毛だとすれば、前半と後半とを分かつ30歳頃の転換は、結婚と子供を得たことです。

前半の一毛期は自分の成長期で、後半の二毛期は家族との生涯。

子供がともに成人し就職し、この1年でともに結婚。

では三毛作期、人生の主役を誰と定めるべきか。

定規を、誰whoではなく、何whatに持ち変えると、20年ごとの四毛作のほうがあてはまります。

6-70年代の一毛、2)8-90年代の二毛、3)00-10年代の三毛、4)20年代からの四毛。

ガキの遊び、2)役人の行政、3)エセ学者のプロジェクト の時期でした。

4)四毛作期は何と定める。

の終わりに少年ナイフができました。

2)の終わりに総務省ができました。

3)の終わりにiUとCiPができました。

自分が関わったアウトプットです。

4)四毛作期は何と定める。

テレビっ子だったぼくは情報社会のルール元締めを職場と定め、

2)ニューメディアの高度情報社会に向け官として携わり、

3)ITのデジタル社会に向け学として関わり、

4)AIの入口で「超ヒマ社会」をめざしてiUとCiPを起業しました。

戦争を知らない子供でした。

知る世代に対し引け目を感じていました。

ところがコロナという戦争に遭遇しました。

まだ戦時中ですが、早く戦後を生きてみたい。

その戦争は、二毛・三毛期にデジタル敗戦で日本が没落していたことも見せつけました。

実はデジタルで30年戦争をしていたのに、戦時意識が乏しかった。

先の大戦の責任を問うてきたわれわれ世代は、デジタル30年戦争を生きた世代となり、敗戦の責任をどう取るのか問われます。

ぼくら以上の世代に対しては「黙れジジイ」運動を一人でやるものの、ぼく自身の責任の取り方として、どう動くべきか。

iUやCiPという「場」は完熟させます。

その次の照準をどう定めようかな。

還暦までに考えよう。

と思っていたら、コロナがきて、環境も展望もガラポンです。

急速DXで、超ヒマ社会も想定以上に早く来そうです。

呆然とするわけです。

この呆然は、ゆっくりと片付けようと思います。

あわせて読みたい

「総務省の接待問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    過去のことでも…芸能界を震撼させたマリエの「実名枕営業告白」

    渡邉裕二

    04月22日 08:06

  2. 2

    大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由

    東龍

    04月21日 17:27

  3. 3

    伊是名夏子さん騒動で、政党(社民党)はもう本気で黙っていた方がいい理由

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月21日 09:46

  4. 4

    井上清華アナは90万円分…フジ女子アナが申告した“美容室ステマ”驚きの回数 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    04月21日 17:57

  5. 5

    橋下徹「吉村知事に猛批判を浴びせるコメンテーターに言いたいこと」

    PRESIDENT Online

    04月21日 15:11

  6. 6

    なぜ日本は海外ワクチンの調達が遅いのか

    舛添要一

    04月21日 11:50

  7. 7

    無症状者のPCR検査を止めれば「緊急事態宣言」は無用

    自由人

    04月22日 08:53

  8. 8

    「キャディーも頭を下げるなんて」松山選手の優勝にアメリカ人が感動したワケ

    PRESIDENT Online

    04月21日 15:08

  9. 9

    「参院広島再選挙」後、被買収議員の起訴は確実!「政治×司法」の権力対立が発端の「激震」が続く

    郷原信郎

    04月21日 11:57

  10. 10

    世界各国で「祝日変更」の動き コロナ感染拡大を封じ込めることはできるのか

    NEWSポストセブン

    04月21日 09:01

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。